MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

巨人・マットアンドリースの年俸!通算の成績!動画!最速・球種!メジャーでの評価・評判!

巨人はマット・アンドリースを獲得しました。実績豊富な先発兼ロングリリーフ投手です。

2018年の日米野球に米大リーグ選抜として来日。昨季はエンゼルスで大谷翔平投手(27)とリレーするなど経験豊富だ。チームは先発陣の一角に期待しており、近日中に発表される予定。2年ぶりのV奪回へ、大きな戦力補強となる。

アンドリースは190センチの長身から、インステップ気味に踏み込むフォームが特徴ある実戦派右腕。巨人は新外国人として前マリナーズのマット・アンドリース投手と契約合意したと正式発表 背番号「29」

1989年8月28日生まれ

32歳

米カリフォルニア州出

190センチ

97キロ

カリフォルニア大リバーサイド校から2011年にMLBドラフト3巡目でパドレスへ入団します。

性格が良さそうですね。

「東京には日米野球で訪れたことがあります。ファンの皆様やチームメイトに会えることを非常に楽しみにしています。いいシーズンを送れるよう、そしてチームの優勝のために全力を尽くします」

目次

マットアンドリースのメジャーでの通算成績!

実績豊富な先発兼ロングリリーフ投手です。

メジャー通算217試合(509回)に登板し、防御率4.63です。

2021年の成績は?

今季もレッドソックスとマリナーズで計34試合に登板したバリバリの現役メジャー。

今季はレッドソックスで開幕を迎え、26試合に登板。8月にフリーエージェント(FA)となり、マリナーズで8試合に救援登板し、防御率2・45と好成績を残しています。

マットアンドリースの球種・球速・フォームは?

先発、中継ぎ、どんな起用にも応えられるタイプです。

巨人は球団はまずは先発として期待をかける方針です。

19年以降は中継ぎに専念しているが、レイズ時代の16年には8勝(8敗)を挙げるなど先発経験も豊富で、巨人では先発ローテーションの一角として期待されています。

今季は平均92マイル(約148キロ)の直球を軸に、カーブ、チェンジアップ、カットボール、ツーシームと多彩な球種を投げます。

自らを「ゴロ投手」と分析し、カッターを低めに集める投球です。

チームは今季、菅野が故障で4度離脱し、規定投球回に達したのは戸郷のみです。先発に食い込んでほしいですね。

マットアンドリースの評価や査定評判は?

評価や査定や評判はどうなのでしょうか。

制球力がよい

計算できる投手だ。メジャーでは投手の制球力を表す指標として「K/BB」(奪三振数÷与四球数)というものがあります。

球場や守備の影響を受けない奪三振数と与四球数の割合で、近年では投手の実力を測るために重要視される指標とされ、3・50を超えると優秀とされる。

その中で21年は3・85を記録するなどストライクゾーン内で勝負できる投手です。

マットアンドリースの年俸は?

今季年俸は185万ドル(約2億1000万円)でした。

マットアンドリースの経歴は?

レッドランズ・イーストバレー高等学校(英語版)時代にはタイラー・チャットウッドとチームメイトだった。2008年のMLBドラフト37巡目(全体1113位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが、入団せずにカリフォルニア大学リバーサイド校へ進学した。

15年にレイズでメジャーデビュー。メジャー5球団目のマリナーズから今年9月にFAしています。

18年の日米野球では、第1戦(東京ドーム)と第4戦(マツダ)で、ともに2番手として登板しています。

マットアンドリースの動画は?メジャー

https://www.youtube.com/watch?v=wYZnfTsZI-8

まとめ

マットアンドリースか。
今年もそこそこ稼働してるし防御率は4点台から5点台だし、いいんじゃない?
けど先発を本格的にやってから数年経ってるのは気になるけど

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次