広澤克実の成績と現在は?ヤクルトと巨人と阪神のOBのどこ?

こんにちは、ヨシラバーです。今回はOB・野球解説者・タレントの広澤克実(広沢克己)さんです。阪神・巨人それぞれで4番打者を経験した名選手で、阪神と巨人どちらのOBかと双方のファンの間で議論されることも多い方ですね。

広澤克実(広沢克己)のプロフィール

関西人のイメージですが茨城県民なんですね!故星野さんと一緒の明治大学出身。

本名

広沢 克己(ひろさわかつみ)

出身茨城県結城市
生年月日1962年4月10日
投球・打席右投右打
身長185 cm
体重99kg
高校栃木県立小山高等学校
大学明治大学
守備位置外野手
入団ドラフト1位

経歴

明治大学時代

東京六大学リーグで首位打者を2回獲得。日本代表にも選出されます。

ヤクルト時代(1985-1994)

日本ハム、西武、ヤクルトが競合し、抽選の結果ヤクルトスワローズに入団。ヤクルトの選手だったんですね。入団1年目からレギュラーを務め、ブンブン丸でおなじみの池山隆寛と共に「イケトラコンビ」、または「HI砲」(H=広沢、I=池山)が定着。1990年から野村克也さんが監督に就任した年からは「不動の4番打者」を務めるようになったりました。

打点王:2回、最多勝利打点:2回 、ベストナイン:4回を取得。

ジャイアンツ時代(1995-1999)

野村監督から止められましたがFAで巨人へ移籍。本職の一塁手には落合博満がいたため他のポジションにコンバート。その後清原和博などが移籍してきたため徐々に出場機会を失います。不慣れな外野を守ることになり、自由契約に。

阪神時代(2000-2003)

再び野村監督の指揮の下でプレーすることになった広澤。出場機会も増え4年間プレーします。2003年の日本シリーズ第7戦ではホームランを打ち、これが最終打席となりました。

解説者・タレントとして

引退後はNHKとスポーツニッポンの野球解説者に就任。その後は阪神のコーチ、解説者として活躍します。関西ローカルの番組ではレギュラーを何本か持っていますね。2018年からは日大の大学院に通っています。

性格・エピソード

お立ち台で六甲おろし

ヒーローインタビューで六甲おろしを熱唱。巨人嫌いが多い阪神ファンの心をここで掴み一躍人気者に。

清原との疑惑

清原和博が覚せい剤で逮捕された際、仲が良かった広澤にも疑惑の目が向けられました。

あだ名「トラ」

渥美清さん演じる車寅次郎に似ている為、このあだ名がつけられました。

野村克也さんとの絆

野村監督とはヤクルトと阪神時代の監督でした。自宅を訪ねた時、広澤が打点王タイトル獲得記念でプレゼントした空気清浄機が古くなっても活用されているのを見てとても嬉しかったエピソードを引退記念コラムで語っている。

まとめ

広沢さんは巨人でもなく阪神でもなくヤクルトでの活躍が長いんです!関西人の知り合いが「広沢さんは阪神やろ?」と話していたのはレギュラーの多さからきているのかも。