【巨人】松井義弥のドラフト!九州のゴジラは活躍できるか?

こんにちは、ヨシラバーです。

巨人にドラフト5位で指名された松井義弥です。

190センチ、89キロの体格に、俊足と強肩を兼備している松井義弥が巨人のドラフト5位に指名されました。

「新人王を獲るつもりでやる」と話しており、1メートル91、90キロのがっちりした体格から高校通算40本塁打を放った左打ちのスラッガーで、ついたニックネームは「九州のゴジラ」ともいわれます。

松井義弥のプロフィールは

名前:松井義弥(まつい よしや)
生年月日:2000年6月18日
出身:福岡県田川市
身長:190cm
体重:89kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:サード、ライト、ショート
経歴:田川市立金川小学校→田川市立金川中学校→折尾愛真高校

小1から野球を始め、金川中では同校軟式野球部で投手。高校では1年春からベンチ入りし、同年夏は「4番・遊撃」。2年夏は「4番・右翼」で福岡大会16強。今春から三塁手。投手としても140キロ級の直球を投げ込む強肩の持ち主で、50メートル走は6秒2。5
現在はサードを守っていますが、1年生の頃はショート、2年時は外野を守っています。

松井義弥は巨人に指名されてのコメントは

「松井さんとは縁があると思う。原新監督にしっかり鍛えてもらって、これからやってやるぞという気持ち」

松井義弥の憧れは大谷翔平

松井の憧れは、メジャーリーグ1年目で22本塁打をマークしたエンゼルスの大谷翔平だそうです。

「大谷選手のように力を入れずに遠くに飛ばせる打者になりたい」と動画を見て、大谷の打撃を研究してきたそうです。

プロのスカウトの評価は糸井や柳田クラス

190センチの大型スラッガーは2安打を放ち、視察に訪れた9球団19人のスカウトからは「糸井や柳田クラスの選手になれる」とスケールの大きさを評価する声が相次いだ。

九州のゴジラとも言われる

 日米通算507本塁打をマークした元巨人・松井秀喜氏(44)とは、共通点が多い。名字はもちろん、右投げ左打ちのスラッガーです。

 本家も高校時代の守備位置は三塁だった。「松井さんがヤンキース時代、テレビで見てました。最近、九州のゴジラとか言われるようになって、いじられるんです」と照れ笑いを浮かべています。

まとめ

素材がよいのはわかりますね。身長も高いし、松井秀喜のような選手になってくれればとても頼もしいですね。