阪神・島田海吏の評価!足の速さ?評判!ポジション!桐生祥秀に勝つスピード!

こんにちはヨシラバーです。

阪神タイガースには物凄い選手がいました。何がすごいかというと、桐生祥秀に

足の速さで勝っている選手がいることです。

足の速い選手はとても脅威で、赤星の背番号を背負うこととなりました。

阪神・島田海吏の評価!足の速さ?評判!桐生祥秀に勝つスピード!

出身地 熊本県宇土市
生年月日 1996年2月6日
身長 175 cm
体重 72 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト4位
初出場 2018年4月1日

九州高校時代

2年時の春には第84回選抜高等学校野球大会へ出場した。しかし、大阪桐蔭高校との2回戦で藤浪晋太郎から2打数無安打に抑えられた末に、チームは敗退しました。

阪神甲子園球場での全国大会に出場できたのはこの時だけでした。

上武大学時代は?

2年時の春から中堅手としてレギュラーの座を確保。3年時の春季に首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した。在学中には、リーグ戦で通算51試合に出場、打率.329、1本塁打、33打点という成績を残しました。

島田 海吏の特徴?足の速さ

50m走で最速5秒75と、遠投110mを誇る強肩の持っています。

赤星憲広は、「大学の2年生頃までは俊足を盗塁に活かせていなかったが、3、4年生になってから盗塁を成功できる選手になった」そうです。

島田 海吏の足の速さは?桐生祥秀より速い

 なんでも陸上100mの経験者で桐生選手で、どうやら中学校の頃に本当に桐生選手に勝っているようです。

島田選手自身は野球部に所属していたようなんですが、足の速さを買われ陸上大会に参加すると、100mを11秒1で熊本県大会を優勝し、全国大会に出場することになり、その予選で桐生選手に勝ったみたいです。

後に日本人初の100m9秒台を記録することになる桐生選手に勝ってしまうなんて、考えられません。プロ野球でもその足は活かされてくるでしょう。

赤星の後継者?

背番号53は、赤星が現役時代に着用していたものでもあり、引退以来8年振りであります。後継者を期待しているのがわかりますよね。

2度のリーグ優勝に貢献した赤星憲も、00年に島田と同じドラフト4位で入団。非力だった打力を磨き、開幕1軍を果たすと、中堅のレギュラーを奪取。新人王を受賞した1年目から5年連続で盗塁王に輝いたのです。

まとめ

脚力に関しては努力をしても磨かれるものではありません。課題である打力を向上して、赤星を超える選手になることが望ましいですね。

よろしければフォローをお願いします