阪神タイガースの収入源は?金満球団?親会社は買収!スポンサー企業!買収!村上ファンド!株主優待!

阪神タイガース
この記事は約4分で読めます。

阪神阪神タイガースの収入源は?金満球団?親会社は買収!スポンサー企業!買収!村上ファンド!株主優待!村上ファンド!

今の地方自治体行政や繁華街がたいがい阪神電車の駅を選んでいる事実があります。 尼崎市の繁華街の中心は阪神尼崎駅です。 西宮市役所は阪神西宮駅横です。 芦屋市役所は阪神芦屋駅横です。 阪神タイガースが阪神グループの事業の核の一つであることには違いないでしょうが、阪神グループは鉄道と野球だけで成り立っているわけではないのでタイガースを手放したからといって倒産は有り得ないかと。もっと言えば今では阪急阪神HDの一員ですから、事業一つを失ったところで倒産に追い込まれるのは尚のことないかと。

阪神タイガースの収入源は?金満球団?親会社は買収!スポンサー企業!買収!村上ファンド!株主優待!

プロスポーツの収入の要素は

阪神の活動資金って親会社の出資というよりチケット代とか放映権とかで、ひとえにフ ァ ンありきでやってんだなー、って印象があります。

加えて球場自前であることも追い風なの? まぁ、とにかくファンが盛り上げることで選手への出資が可能なのはすごいなって感じます!

阪神タイガースも親会社の出資はない

阪神の活動資金って親会社の出資というよりチケット代とか放映権とかで、ひとえにファ ンありきでやってんだなー、って印象です。

 加えて球場自前であることも追い風なの? まぁ、とにかくファンが盛り上げることで選手への出資が可能なのはすごいなって感じですね。

阪神タイガースがメーンのスポーツ事業とコミュニケーション事業などからなるエンターテインメント・コミュニケーション事業(EC事業)の営業収益は、プロ野球の入場者の減少などで入場者が減れば当然グッズや飲食品の売り上げも減る。

親会社の阪神電鉄の収入源が阪神タイガース

阪神電鉄グループの収益構造は、今や阪神電鉄と阪神タイガースのEC事業が経営の柱なのである。

阪神電車で甲子園球場にファンを運んで試合を見てもらい、飲食してグッズを買ってもらう。これがもっとも簡単で効率的に利益を上げる方法だ。

今後は沿線住民の減少や少子高齢化で、乗客の大幅な増加は見込めない。

観客動員数の減少は、経営の根幹にかかわる問題だ。いかに新鮮味を出して飽きさせないか、新規の客を呼べるか。経営の柱を安定させるためにも、常に活性化させておく必要がある。話題づくりも求められる。

阪神タイガースの株価! 阪神電気鉄道

バブル期の1989年に上場来高値1,490円をつけたこともありました。

  阪神電気鉄道 2003年の阪神タイガースフィーバー時でも450円程度が高値であり、また2005年の阪神タイガース優勝時でも400円程度にしか上昇しなかったように、阪神電気鉄道株は阪神タイガース絡み以外では大きなトピックもない状態でした。

またその当時でも阪神電気鉄道以上の経営規模を持つ阪急電鉄の株価の半値程度であったことから、株式市場・投資家からは『阪神電気鉄道の株価は適正水準』と見做されていた

買収!阪神はファンのもの?村上ファンドのもの?

村上ファンドが大量の阪神電気鉄道株を所有することが報道されるが、阪神タイガースに焦点を当てた報道が多くされたことや、村上世彰が阪神タイガース上場案を口にしたことで、阪神ファンをはじめとする野球ファンや関係者などの反発を買いました。

阪神電気鉄道の企業価値向上策のひとつとして阪神タイガース上場を村上ファンドが提案した事に対して、阪神電気鉄道、球団経営陣は言うに及ばず、野球関係者や一般のファンらも含めて、村上の考え方は球団経営やファン心理とは相容れない物として大きな反発を招いた。これについて村上は、ファンの感情を読み誤ったと述べている。

一方、多くのファイナンシャルプランナーは各々のブログや評論において、球団経営方法に新しい考え方を導入するものとして、提案を歓迎する意見を述べた。球団がファンのものであるか、経営コンテンツとして存在すべきものであるか、将来的なプロ野球経営の方向性を問う課題ともなった。

阪神タイガースのオフィシャルスポンサーは?ジョーシンやミズノ

2013年から球団初のオフィシャルスポンサーとなったのが、上新電機株式会社とミズノ株式会社の2社。ここに、2014年度から株式会社ローソンが加わり、阪神タイガースのオフィシャルスポンサーは合計3社となった。

阪神タイガースの株主優待

阪急阪神ホールディングスは100株以上株主にグループ優待冊子を贈呈している。グループが経営する施設の入場券割引券やサービスの割引券など様々。そのなかに、甲子園野球博物館入場券2枚が含まれている。必要資金は約35万円。3月末日・9月末日権利。

ドラフトで阪神が甲子園スターを作りたい

生え抜きスターで客を呼べれば問題ないが、現状を考えると、大型補強は設備投資の一環ということです。必要な資金は、阪急阪神ホールディングスからも、状況に応じて阪神電鉄グループに分配されるようになっています」(電鉄関係者)

岡田、掛布、新庄、鳥谷のような生え抜きスターがほしいんですね。

まとめ

阪神グループにとって、タイガースはいかなるときも「カネのなる木」ということか。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました