阪神・小野寺暖の評価!母子家庭!母!入団会見!彼女や嫁!父親や家族!結婚など

小野寺暖阪神
小野寺暖
この記事は約3分で読めます。

小野寺 暖(おのでら だん、1998年3月17日 – )は、奈良県奈良市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。阪神タイガース所属です。

母子家庭!母!入団会見!彼女や嫁!結婚などについてお伝えします。

出身地 奈良県奈良市
生年月日 1998年3月17日(24歳)
身長
体重 183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手、一塁手、三塁手
プロ入り 2019年 育成選手ドラフト1位
初出場 2021年4月24日
年俸 650万円(2022年)

小野寺暖は母子家庭!母と父!家族

小野寺暖母子家庭!

家庭の事情で、中学生・高校生時代には、実母に女手一つで育てられていた。父親に関する情報はほとんど見られませんでした。

 大阪商業大学への進学後は奨学金で学費を賄っていました。

 硬式野球部で1年時に対外試合の登録メンバーから外れた時には、「このまま中途半端に野球を続けても、母に迷惑をかける」として退部も考えたといいます。

大学4年時に臨んだNPBドラフト会議では、支配下登録選手扱いでの指名を希望していた。

 実際には、同級生の橋本が中日ドラゴンズ、大西が東京ヤクルトスワローズから支配下登録選手扱いで2巡目に指名されたのに対して、自身は育成選手扱いで指名を受けたため、指名の直後には「育成と支配下では全然違う」と涙ながらに語っていました。

小野寺暖の入団会見!

入団会見
小野寺暖母子家庭!

 母子家庭で育ったことを背景に、このような反応を「悔し涙」として入団に消極的であるかのように報じたメディアも散見されました。

 本人は後の取材で「(指名に安堵したことによる)嬉し涙」だったことを明言しています。

 「支配下登録を必ず果たして、一軍のレギュラー選手として母親を楽にさせたい」との抱負も述べています。

 結局、入団2年目の母の日(5月9日)を前に、育成選手契約から支配下選手契約へ移行。移行を機に球団から支給された契約金(1000万円)の一部を、母の日のプレゼント(時計)に充てた

小野寺暖の評価はユーティリティープレイヤー

長打力が持ち味の右打者です。

 リストの強さを生かして強い打球を放つことが特徴でした。

 阪神への入団2年目に春季一軍キャンプで主砲の大山悠輔からもらったバットとの相性が良いことから、似た形のバットを注文したうえで使い始めたところ、甘いコースに入った速球を逃さずに打ち返せるようになったといいます。

手動計測ながら50m走で6秒2を記録したほどの俊足と、遠投で110mを記録したほどの強肩の持ち主です。

 守備の本職は外野だが、阪神への入団後は、出場機会を増やす目的で一塁や三塁の守備にも取り組んでいることから、ユーティリティープレイヤーとして頭角を現している

小野寺暖の彼女や結婚は?

2021年4月時点で彼女の情報はなく、結婚もしていないようです。

まだ育成ということで、支配下登録されるために必死に練習ていると思いますので、恋愛とかをしてる暇とかはなさそうですね。ちなみに好きな女性芸能人は「山本舞香さん」とのことです。

小野寺暖選手は明るい性格ということで、女性についてもちょっと派手めで明るい感じの女性が好きなのかもしれませんね

まとめ

入団会見とは違い活躍しそうですね。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました