阪神・小林慶祐が怪我!復帰次期はいつ!現在・今は?

この記事は約3分で読めます。

阪神・小林慶祐が怪我!復帰次期はいつ!現在・今は?そういえばバファローズ時代、右目の上に打球ぶつかって相当流血して、救急車をグランドに入れて運ばれたことあった。 あれもソフトバンク戦だったな…

阪神・小林慶祐が怪我!復帰次期はいつ!現在・今は?

小林 慶祐(こばやし けいすけ、1992年11月2日 – )は、千葉県佐倉市出身(出生地はベルギー王国のブリュッセル)[2]のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。

生年月日: 1992年11月2日 (年齢 28歳)

身長: 187 cm

体重: 86 kg

プロ入り: 2016年 ドラフト5位

出身地: 千葉県佐倉市

年俸: 1,300万円(2021年)

2020年8月28日に、飯田優也との交換トレードで阪神タイガースへ移籍することが発表されました。背番号は飯田が移籍前まで着用していた56で、オリックスにとっては、中嶋の一軍監督代行就任後初めてのトレードであった

身長187cmの長身からオーバースローで投げ込む最速151km/hのストレートが最大の武器[で、ツーシーム[25]やフォークやスライダーとのコンビネーションで空振りを奪います。

奪三振率の高さにも定評のあるパワー型の投手で、オリックスへの入団1年目までは、ボールを放した瞬間に上体が一塁側へ傾く傾向が見られた。

 また、本人曰く「投球中に力(りきむ)む癖がある」とのことで、オリックス時代の先発調整では力を抜きながら投げることを臨時コーチの山田久志から勧められていた。

 結局、公式戦では二軍のウエスタン・リーグで数試合に先発しただけで、救援での起用を前提に阪神へ移籍した

小林慶祐が怪我!

2-3と1点を追いかける展開で七回からマウンドに上がった小林慶祐投手が、1死二、三塁からの投ゴロを処理した際に左足首を痛め、担架に乗せられてベンチに戻った。

小林慶祐さんは髙谷のライナーを顔面に受けたこともありました。

復帰時期は

担架ではこばれましたから、結構ながびきそうですね。

まとめ

引き続き情報をお伝えします。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました