MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【横田慎太郎の結婚】結婚相手の画像?金本治療費援助?彼女?父は横田真之?妹?家族の写真?妻?阪神

【横田慎太郎の結婚相手】画像?父は横田真之?彼女?家族の写真?母親と姉?妻?金本治療費阪神

横田慎太郎の現在・今?嫁は?結婚!病気は?金本との関係!父は横田真之!母!妹!引退試合!家族の構成?

鹿児島県内の整形外科で検査を受けたところ、脊髄に腫瘍が生じていることが判明したため、関西地方の病院へ6か月間にわたって入院しました。

ただ、2023年の7月18日の午前5時42分に、脳腫瘍のため神戸市内の病院で死去となりました。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は【横田慎太郎の結婚】結婚相手の画像?金本治療費援助?彼女?父は横田真之?妹?家族の写真?妻?阪神についてお伝えします。

項目内容
本名横田慎太郎
生年月日1995年6月9日
没年月日2023年7月18日
年齢28歳
出身地日本、鹿児島県、日置市
身長187 cm
体重94 kg
投球・打席左投左打
ポジション外野手
プロ入り2013年、ドラフト2位
初出場2016年3月25日
最終出場2016年6月12日
経歴鹿児島実業高等学校、阪神タイガース (2014 – 2019)1
目次

横田慎太郎の結婚相手は?嫁や奥さんは?結婚!子供

横田慎太郎は結婚せず独身?画像?彼女

横田慎太郎は結婚せず独身のようです。付き合っている女性の情報もでてきませんでした。

よって画像もありません。


彼女を見つけて良い伴侶を見つけてほしいと思っていました。

子供

子供についてですが、阪神時代は結婚していなかったので恐らくまだ未婚です。

恐らく、子供もいなかったでしょう。家族構成については限られた情報で発信されています。

金本との治療費

金本との関係

金本から「別格の守備範囲」と評されるほどの守備力の持ち主で、高校時代に投手としての出場機会も多かったことから、遠投105メートルの地肩の強さも持ちます。

また、50メートル走で6秒1を記録するほどの脚力で、高校時代にも対外試合で重盗や本盗を成功させていました。

金本の治療費

金本のお気に入りだったようで、治療費もあったとディリーに記載がありまししhた。

 このように潜在能力が高いことから、金本は2015年10月19日の一軍監督就任会見で、横田を「期待できる若手選手」の1人に挙げていました。脳腫瘍の入院加療中には、近親者に対して、相当な金額の治療費を援助していたといいます。

引用元:金本知憲から横田慎太郎へ治療費(デイリー新聞)

引退試合のバックホーム

ここでは、横田慎太郎氏の著書『 奇跡のバックホーム 』(幻冬舎)の一部を抜粋。引退試合で走者を刺殺した“奇跡のバックホーム”の舞台裏がのっています。

「横田慎太郎」という存在を知らなくても「奇跡のバックホーム」というワードを耳にした人はいるかもしれません。

引退試合として行われた9月26日のウエスタンリーグ・ソフトバンク戦。

守備から途中出場し、8回2死二塁からセンター前へ飛んだ打球を処理すると、そのままバックホームして本塁刺殺というビッグプレーをやってのけた。

1人の外野手として見れば、それ以下でも以上でもない「好守」でも、その瞬間を目の当たりにした人たちの誰もが、「野球の神様」の存在を信じたはずだ。

17年春に患った脳腫瘍の後遺症に苦しみ続けていた。半年の闘病を経て同年9月に退院しプレーヤーとしてのリハビリを開始したものの、大きな壁になったのが、視力の低下がありました。

ノックの飛球は二重に見え、角度によってはボールも消失してしまう。安全面を考慮して打席に立つことは最後まで叶わなかった。

「見えない」ことが、引退決断の最大の理由。実際、最後のプレーも、ボールは見えていなかった。

【横田慎太郎の結婚相手】家族?父は横田真之と母と姉

横田真之のプロフィール

横田 真之(よこた まさし、1962年11月26日 – )は、高知県南国市出身の元プロ野球選手(外野手)です。横田慎太郎のお父さんは横田真之という方でロッテなどで活躍したプロ野球選手です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次