阪神・森木大智の評価!中学・高校時代は伸び悩み!ドラフト!ライバルは?彼女!2021

阪神タイガース
この記事は約3分で読めます。

阪神・森木大智のドラフト評価!中学・高校時代は伸び悩み!ライバルは?彼女!2021

阪神が森本投手をドラフト1位で指名しました。

スライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシーム、スプリットの変化球。やはり武器は気迫のあるストレートですが、キレのあるスライダーでも三振を取る事が多くありスライダーにも注目したいですね。

阪神・森木大智のドラフト評価!中学・高校時代は伸び悩み!ライバルは?彼女!2021

名前:森木大智(もりき・だいち)

ポジション:投手

生年月日:2003年4月17日

身長・体重:184cm82kg

投打:右投右打

所属:高知高

経歴:高岡第二イーグルス(高岡第二イーグルス) – 高知中 – 高知高

小学・中学時代

蓮池小1年時にソフトボールの蓮池ホワイトシャークでプレー後、3年時から高岡第二イーグルスで軟式野球を始め、6年時に全国大会出場。当時の最速は127キロ。高知中では3年時に全日本少年春季軟式野球大会と夏の全国中学校軟式野球大会で優勝。3年夏の四国大会決勝で150キロを計測。

球種・球速

武器は軽々と150キロを超える速球だけではありません。

ブレーキの効いたカーブやスライダーも制球がいいです。

藤川球児が憧れであり、火の玉ストレートを将来的には狙っています。

「自分が野球を始めるキッカケになったのが藤川球児さん。火の玉ストレートに一番魅力を感じます。トップレベルでやっている方でも必死に野球をやっている」

高校時代は伸び悩み

【最速154キロ】森木大智(高知)の進化ぶりが凄い!ドラ1候補のブルペンもお見逃しなく

同年秋は右肘を痛めて主に一塁手としてプレーしました。

県大会準々決勝で復帰登板したが、チームはコールド負けを喫しました。

2年夏は新型コロナウイルスの影響で同年行われる予定だった第102回全国高等学校野球選手権大会が中止となりました。

その後県で独自大会が行われたが、「3年生のみで戦う」というチームの方針からベンチを外れました

同年秋は県大会で準優勝し四国大会に出場したが、1回戦で高松商業に敗れました

。3年春の県大会決勝にて自己最速の154km/hを計測します。

同年夏も県大会決勝に進出し、再び明徳義塾と対戦。先発したが同点で迎えた9回表に死球と暴投でピンチを招き降板し、その後救援投手が勝ち越しを許し敗れました。入学時は「5回甲子園に出場したい」と語っていたが、1度も出場できなかった

挫折も味わっています。

7月28日の高知大会決勝では明徳義塾に敗れ、涙を流しました。

「やりきりました。プロ1年目から活躍できるように成長していきたい。日本を代表する投手になりたい」。

ライバル?

高知高の森木大智投手、市和歌山の小園健太投手、明桜の風間球打投手といわれています。

彼女

森木大智選手の彼女についての情報は出てきませんでした。まだ高校生になったばかり。毎日野球で忙しくしている森木大智選手は恋愛をしている時間もないのかもしれません。

しかし、爽やかスポーツマンの森木大智選手を女子は放っておかないかもしれませんね!

まとめ

小さい頃に水泳をしていたという事もあり、とても肩甲骨が柔らかいです。センスの塊かもしれませんね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました