【巨人】鹿取 義隆GMの現役時代の成績は?サイドスローで球速・球種はどうだった?

こんにちは、管理人のよしです。

王貞治元監督が、勝っていても負けていも抑えでも「ピッチャー、鹿取!」と話し、流行語大賞にも選ばれるかというくらい、投げていました。

1980年代後半の巨人は陰ながら、支えたひとりですよね。

そのあとは西武にもいくのですが、現在は巨人としてGMで帰ってきています。

鹿取 義隆のプロフィールは?

国籍
日本の旗
日本の旗
 日本
出身地高知県香美市
生年月日1957年3月10日
身長
体重
174 cm
78 kg
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り1978年 ドラフト外
初出場1979年4月7日
最終出場1997年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
  • 高知市立高知商業高等学校
  • 明治大学
  • 読売ジャイアンツ (1979 – 1989)
  • 西武ライオンズ (1990 – 1997)
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1998 – 2000, 2002 – 2003)
  • 茨城ゴールデンゴールズ

鹿取 義隆の成績は?







W
H
I
P
1979巨人380322.60024424223.361.19
1980510433.57133618171.781.03
19812201001.00014812102.370.96
1982215320.60024330294.501.20
1983385521.71439641383.641.34
1984481436.57134527242.451.07
1985600454.44435033333.521.23
1986590434.57139829262.320.99
19876307418.63636623201.900.87
19884508417.66727125233.201.16
1989210213.66714212123.151.14
1990西武3703124.75017915153.001.16
1991340718.87528715141.781.16
199238110116.90930221212.470.99
19934215416.55627421172.251.09
1994400735.70030529293.401.10
1995433632.66734424232.421.09
1996470732.70031722202.401.29
199780110.50035889.822.18
通算:19年755169146131.66452824294012.761.12

読売ジャイアンツ時代の経歴は?

1979年

開幕戦となる4月7日の対中日戦でいきなり登板しその後も、6月9日の対中日戦で初勝利を挙げるなど、38試合に登板して3勝を挙げた。秋には若手中心の伊東キャンプでギリギリのところまで自分を追い詰めるほどの猛練習を積んだ。

1980年

51試合に登板して防御率も1点台と翌年への手応えを感じた。

1981年

ベンチ入りはしていない。

1982年~1983年

主に中継ぎや抑えを務め、一方でローテーションの谷間の先発も任された。

1983年8月21日の横浜での対大洋戦では、164球を投げて2点に抑えプロ唯一の完投勝利を挙げている[7]。同年の日本シリーズでは4試合に登板して4回1/3を投げ、自責点0の成績を残した。

1984年

王貞治はリリーフとして自分の立場を確立し、48試合に登板して自己最多の10SPを挙げた。その後も勝ち試合など重要な場面での起用が増えました。

1986年

サンチェが加入すると角三男と翌年まで3人で競争しながらお互いを信頼し、強力なリリーフ陣を形成しました。

1987年

シーズン序盤のサンチェに代わる抑えの切り札としてリーグ最多の63試合に登板して防御率1.90を記録した。

1989年

長年の疲労や、藤田監督による先発完投のチーム方針の下で登板間隔が開きがちになる調整の難しさから調子を落とした。同年は2勝3セーブに終わり、シーズン終盤に構想外となりました。

鹿取 義隆のフォームと球速・球種は?

右サイドスローからの140km/h台のキレの良いストレートと多彩な変化球が持ち味で、キレの良いスライダーとシンカーに加え、1989年頃からはチェンジアップも持ち球に加えていた。

まとめ

とにかく王貞治のお気に入りでした。現役時代の成績は申し分がありませんのでGMとしての手腕も気にしたいですね。