巨人軍がなぜ弱い理由や原因2021!ジャイアンツ!情けない!弱くなった!弱すぎ!ざまあみろ

この記事は約4分で読めます。

今年は広島が3連覇を達成しそうですよね。広島が強いとのイメージが強いですが、セリーグで3連覇以上を何度も達成しているのはジャイアンツは本来は強いチームなのです。

それが弱いチームはジャイアンツと思っている方々もおおいのではないでしょうか。

読売巨人軍がなぜ弱い理由2021!ジャイアンツ!つまらないとの声が!打線もピッチャーも!ざまあみろ

あと一本及ばない展開をまたも繰り広げ、「この数カ月、なかなか男になってくれる人が出てこないね」と原監督を嘆かせた。

 シーズン最終盤の失速劇は恒例となってしまった。

2019年は9月に9勝13敗。開幕が3カ月遅れた昨季は10、11月の35試合で13勝18敗4分けで、この右肩下がりのまま挑んだ日本シリーズで2年連続ソフトバンクにスイープ負け。  

そして今季は9、10月の35試合で8勝21敗6分けと、年々シーズン終盤の戦績を悪化させている。失速の秋は今季、3連覇の夢をも吹き消してしまった。  なぜ秋の巨人はこれほどまでに弱いのか。

他球団のスコアラーは「この時期に打線の勢いが失速している。イングの強さが消えているように感じる」と指摘する。

 球団関係者は「明らかにピーキングのミス」と断じる。「シーズンのどこかで主力に抜くところ、休ませるところを作ってもよかったのかもしれない。これはチームとしての課題。五輪選手や他競技のピークの合わせ方、作り方を研究するなどの方策を考えないと」とクライマックスシリーズに向けて危機感をあらわにする。

セリーグで3連覇以上を達成したのは読売ジャイアンツのみ

巨人以外では初のリーグ3連覇を達成したことがないのです。強いジャイアンツになれてしまっているかもしれませんね。ファンが。

ざまあみろといわれたりしますが、ここまで強い球団はないです。優勝争いをしてるだけでも。

打線は丸が不調です。ゲレーロや阿部慎之助や亀井の全盛期を迎えていました。あのころはけが人もいませんでした。

投手は菅野智之が不調です。サンチェスもいません。高橋が伸びたのは楽しみですが、戸郷にはもう少し頑張ってほしかったですね。

課題が多いジャイアンツ年末のストーブリーグは湧きそうですね。

年 球団 連覇数
1951-1953 読売ジャイアンツ 3連覇
1955-1959 読売ジャイアンツ 5連覇
1965-1973 読売ジャイアンツ 9連覇
2007-2009 読売ジャイアンツ 3連覇
2012-2014 読売ジャイアンツ 3連覇

昔:読売ジャイアンツはなぜ弱くなった!最弱巨人率いた堀内恒夫氏によると外国陣の入れ替え

2017年ですが、下記のようにコメントをしています。

「高橋監督の最大のミスは『外国人選手の入れ替え』です。7連敗となった6月1日の試合直後、監督は守護神のカミネロを二軍に落とし、貧打解消のために内野手のクルーズを一軍に上げた。そのせいで、チームを支えてきたカミネロ→マシソンとつなぐ“勝利の方程式”が崩れたのです」

「監督就任のタイミングが悪かったと思う。どんなチームでも長期的に見れば戦力には“過渡期”があり、いまの巨人はまさにその時期。」

原辰徳も堀内時代の暗黒期があったから、監督になれたとでもいいたいのでしょうか。監督としての素質は堀内にはありませんでしたね。

ブログなどをみてると、理論などはしっかりしていると思いますがね。

昔:広島に弱すぎるジャイアンツ

昨年8月12日から11連敗しています。マツダでの広島戦は、7試合で計52失点。

やはり巨人は(歴史上)同一球場2桁連敗ってないのです。

エースの菅野ですら打たれていました。

昔:高橋由伸監督の采配能力

個人的には由伸ファンなので、文句は書きたくないのですが、巨人ファンがお話をしていることは間違っていないと思います。

巨人横浜中日ファン「うちガチ暗黒やん…」←ただのファッション暗黒やろ? https://t.co/WSxn2mXFEA pic.twitter.com/CmOwC3uUL9

— 日刊やきう速報 (@nichiyakyu) August 29, 2018

巨人は勝って当たり前と昔から言われているそうです。 最近の巨人はまた強さが出てきました❗️ 阪神は打倒、巨人です。 巨人の優勝を期待しています。

まとめ

やっぱ弱いジャイアンツは見てて楽しくないです。チャンネルを変えてしまいます。でも巨人ファンはやめませんよ。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました