【巨人】ドラフト6位大江竜聖の成績は?一軍へはいつ昇格?杉内が師匠!

こんにちは、管理人のよしです。

巨人は左のエースといえば田口ですが、今年の成績はいまいちです。そんな中、杉内という強力な師匠をつれて、特訓し成長しているピッチャーが大江です。まだ、高卒2年目であり巨人はじっくり育てていますが、今年の夏には一軍へと考えているようです。

大江竜聖のプロフィール

 日本
出身地神奈川県座間市
生年月日1999年1月15日
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り2016年 ドラフト6位
年俸500万円 (2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • 二松學舍大学附属高等学校
  • 読売ジャイアンツ (2017 – )

二松學舎大学附属高等学校

1年時から控えとしてベンチ入りしており、同年主にリリーフとして登板します。同校の全国高等学校野球選手権大会初出場に貢献した。翌年の選抜高等学校野球大会にも出場し、松山東高等学校相手に16奪三振の力投を見せるも試合には敗れました

大江竜聖がプロ入りを決意したのは清宮を抑えたため

プロ入りを本格的に意識したのは、2年秋の東京大会での早実戦。「清宮を抑えられたのが一番(の理由)。あっちが打ち損じた感じでしたが、楽しさがあった。こういうのを求めていた」とより高いレベルに身を置くことを決意したという。

2016年のドラフト会議で読売ジャイアンツから6位で指名されました。

大江竜聖がプロ入りの決意は?

これから始まるなという気持ち。巨人は常勝軍団で常に高い意識があるイメージ。杉内さんを目標に、気迫で押していくピッチングがしたい

将来的には沢村賞を取りたい。早く一軍で活躍できるようになりたい」

大江竜聖の球種は?

最速149キロの直球と多彩な変化球を武器に、昨年のセンバツでは1試合16奪三振をマークするなど、高校球界屈指の左腕として注目されてきた。

大江竜聖の2軍での成績は?

1年目の昨季は2軍で先発として12登板4勝3敗、防御率2・30とまずまずの成績でした。

 4月26日のイースタン・ヤクルト戦(戸田)に先発し、3回85球、7安打5失点と苦戦した。「打たれるのが嫌で小さくコントロールしようとしすぎた。勝負どころという時にコースには投げられたが、威力はなかった」と反省したようです。

5月8日は、毎回走者を背負う苦しいピッチングとなりましたが、5回を1失点でしのぎ、今季初勝利でした。

大江竜聖の目標は左のエース田口を超えること

田口に対し、下記のようにライバル心をめらめらとしています。

 「田口さんを超えないと1軍で投げさせてもらえないと思いますし、そういう目標を持たないといけない。今年は1軍で勝たないと。2年目は大事な年」

杉内俊哉投手がコーチ

杉内は大江を「チームは田口を抜くぐらいの左腕が必要。直球も力があっていいものを持っている」「チームは田口を抜くぐらいの左腕が必要。大江は直球に力があっていいものを持っている。維持しつつ変化球の精度を上げてほしい」と話しています。そして、杉内が大江との合同自主トレも行っています。

一軍での実績は?

今年2月に巨人1軍紅白戦に登板しています。5回に3安打で2失点したものの、プロ初の1軍で予定の2イニングを全うしました。「セットポジションからの変化球がダメでした」と反省したが、躍動感、力強い投球が光っています。

高卒1年目とあり、じっくりと体力をつけていっています。鹿取GMは「夏にも一軍あるかも?」と発言しており、今後の期待が高いことが伺えます。