【元巨人】宮本 和知の現役時代の成績はどうだったの!

巨人
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、管理人のよしです。

宮本和知さんは、「ズームイン!サタデー」では、元読売ジャイアンツのOBなので、練習中の現役選手を捕まえて、現役の巨人の選手の話題をしてくれますよね。

ただ、1990年代は左のエースとして巨人では大活躍をしていたのです。

[ad2]

宮本和知のプロフィールは?

出身地 山口県下関市
生年月日 1964年2月13日
身長
体重
178 cm
77 kg
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年6月15日
最終出場 1997年9月28日
  • 山口県立下関工業高等学校
  • 川崎製鉄水島
  • 読売ジャイアンツ (1985 – 1997)

中学生の時はサッカー少年で、野球を始めたのは高校生になってからです。

山口県立下関工業高等学校

2年の時、投手に転向します。甲子園には出場できませんでした。高校卒業後、社会人野球の川崎製鉄水島製鉄所野球部へ入団します。

川崎製鉄水島製鉄所野球部

1983年には、日本鋼管福山の補強選手として都市対抗に出場します。翌1984年も川崎製鉄水島のエースとして都市対抗予選で好投、チームを初出場に導きます。また、ロサンゼルスオリンピック日本代表に選出されます。

巨人にはドラフト3位として指名されます。

[ad2]

巨人入団後は?

1年目から主に中継ぎとして起用されましたが、数年間は伸び悩びました。

1989年

しかし、藤田元司監督が就任し、先発要員としてシーズン後半から一軍に定着します。先発としてプロ入り初完投・初完封を記録し、5勝をマークしました。

1990年

1990年には自身初の規定投球回数に到達し、自身初の2桁勝利となる自己最多の14勝、10完投を記録し、2年連続リーグ優勝時の胴上げ投手となった。

1991年

10勝をあげ、2年連続2桁勝利をあげたが、11敗と負け越した。

長嶋茂雄監督のもとで、同年から翌1994年にかけては先発登板することもあったが、リリーフ起用も多くなりました。しかし、1995年は先発5・6番手として、ローテの谷間を担い、7連勝を記録するなど復調を果たした。

1997年

開幕2日目に追突事故で頚椎を痛めた後遺症の影響もあり同年限りで現役引退を表明しました。

宮本 和知の成績は?

通算13年 登板287 先発167 完投37 66勝62敗4セーブ 投球回1,198回 967奪三振 防御率3.60でした。

1990年代の巨人の先発投手では貴重な左腕投手でしたね。





1985 38 0 2 2 0 .500 2.74
1986 22 0 1 3 0 .250 4.87
1987 7 0 0 1 0 .000 5.65
1988 4 0 0 0 0 —- 13.50
1989 18 5 5 7 0 .417 2.73
1990 28 10 14 6 1 .700 3.69
1991 30 10 10 11 2 .476 3.37
1992 28 4 9 9 1 .500 3.21
1993 26 2 5 8 0 .385 3.40
1994 25 1 4 7 0 .364 5.88
1995 18 2 7 1 0 .875 3.65
1996 23 2 5 3 0 .625 3.05
1997 20 1 4 4 0 .500 3.92
通算:13年 287 37 66 62 4 .516 3.60

宮本 和知の性格は?

巨人OBの中で、宮本ほど天然に明るい人を知りませんし、今なお巨人選手と普段着で話せる人です。マスコミとしても、巨人選手のコメントを引き出すリポーター役としての起用としては調度良いのではないでしょうか。また、宮本さんは、レビの解説で偉そうに選手・戦術を批判もしません。

原監督も本当にズームインであたらいている宮本を心配していましたよね。コーチとして呼ばなかったのは、仲が悪かったのではなく、性格を随分と知っていたからだと思います。

[ad2]

まとめ

引退後のタレント活動が軌道に乗っているのも当然のこととはいえ、これまた強運。多忙な日々を送っている宮本和知は、情報番組への出演機会も多く、分からないことは調べる毎日だといいます。

宮本さんの明るいキャラクターを見ているとこちらも元気になります、今後も明るいキャラクターでお茶の間を明るくして下さい!!

ヨシラバー
ヨシラバー

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

ヨシラバーをフォローする
巨人

コメント

タイトルとURLをコピーしました