菊地大稀のドラフト評価!高校時代?イップス?球種・最速!彼女?出身は佐渡

ゲームができるようになりました。
巨人・菊地大稀のドラフト評価・評判!高校時代・大学時代!背番号!球種・球速・最速!彼女結婚?巨人
巨人・菊地大稀のドラフト評価・評判!高校時代・大学時代!背番号!球種・球速・最速!彼女結婚?
この記事は約4分で読めます。

菊地 大稀(きくち たいき、1999年6月2日 – )は、新潟県佐渡市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

 巨人の育成ドラフト6位・菊地大稀投手が支配下選手登録されることになりました。

2021年10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツから育成ドラフト6巡目で指名を受けた。佐渡島出身者としては初のドラフト指名となりました。

 11月22日に支度金290万円、年俸400万円(金額は推定)で仮契約を結びました。背番号は019でした。

出身地 新潟県佐渡市
生年月日 1999年6月2日(22歳)
身長
体重 186[1] cm
91[1] kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 育成選手ドラフト6位
初出場 2022年4月29日
年俸 400万円(2022年)

菊地大稀がイップス?

イップスとは、スポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことです。 実際にイップスという疾患はなく、職業性ジストニアに分類されることもあります

・プロ、アマチュアプロなど長期間その競技をやっている人

・試合や大会、選考会、発表会などある程度、プレッシャーがかかる機会でやっている人

・外向的な性格

・積極性がある

・自信や意欲がある

・神経質傾向

・不安気質

上記に該当する人はイップスになりやすいといわれています。地大稀がイップスといわれる動画です。

菊地大稀の出身は佐渡!高校時代も

菊地大稀の出身は佐渡!

佐渡市立真野小学校1年時に真野ファイターズで野球を始めました。佐渡市立真野中学校3年時には佐渡市選抜のメンバーとして離島甲子園に出場した

佐渡市立真野小学校1年時に真野ファイターズで野球を始め、佐渡市立真野中学校3年時には佐渡市選抜のメンバーとして離島甲子園に出場しました。

佐渡高等学校

新潟県立佐渡高等学校では1年夏からベンチ入りしました。

新潟県立佐渡高等学校では1年夏からベンチ入りしました。佐渡市立真野中学校3年時には佐渡市選抜のメンバーとして離島甲子園に出場した

 3年春の県大会は4回戦に進出したが、3年夏の県大会は初戦敗退し、甲子園に出場することはできなかったです。

最速145km/hの剛腕として注目を集め、プロ志望届を提出し9球団から調査書が届いたものの、ドラフトでは指名漏れとなりました。

 3年春の県大会は4回戦に進出したが、3年夏の県大会は初戦敗退し、甲子園に出場することはできませんでした。

巨人・菊地大稀の高校時代や大学時代は?ドラフトの評価は?

最速145km/hの剛腕として注目を集め、プロ志望届を提出し9球団から調査書が届いたものの、ドラフトでは指名漏れとなりました。

大学時代

進学した桐蔭横浜大学では1年秋の右肘のクリーニング手術、3年春のコロナ禍の影響によるリーグ戦中止などもあり、4年春までの勝ち星は4勝にとどまったが、最終シーズンとなる4年秋は神奈川大学を14奪三振で完封するなど4勝を挙げ、最優秀投手とベストナインに選ばれた

 最速145km/hの剛腕として注目を集め、プロ志望届を提出し9球団から調査書が届いたものの、ドラフトでは指名漏れとなった

巨人・菊地大稀の球種や球速・最速は?身長

身長186cmの恵まれた体格から最速154km/hの直球を投げる大型右腕です。選手としての特徴・人物 身長186cmの恵まれた体格から最速154km/hの直球を投げる大型右腕。変化球はブレーキのあるカーブ、横滑りするスライダーは確認できたが、他にもチェンジアップがあるらしい。

巨人・菊地大稀の彼女や結婚は?

彼女や結婚の情報はまだありません。支配下されたばかりなので野球に専念でしょうね

まとめ

育成からはいあがってがんばってほしいです。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました