【巨人】豊田清コーチの現在は?有能で魔改造で知られる指導者の現役時代!

2012年から巨人のコーチとして活躍中の豊田清さんですが、現役時代はレジェンドとして知られ、なんJ板でよく使われる「残当」の生みの親として知られてきました。

巨人にも在籍していましたが、西武で入団、引退は広島でその後コーチとして巨人入りしました。

豊田清コーチのプロフィール

プロフィール

名前 豊田清(とよだきよし)

出身地 三重県

生年月日1971年2月2日

ポジション 投手

投打右投 右打

身長180 cm

体重84 kg

経歴 鈴鹿高→同朋大→西武→巨人→広島

西武時代

西武は12年間在籍していました。入団後2年間は登板がなかったものの、東尾監督が就任した3年目より初登板し、その後先発投手として名をはせるも2001年に抑え投手に転向。2002年、2003年に最優秀救援投手として選ばれる。2005年に中継ぎが不足していた巨人にFA移籍。なぜ長年在籍した西武を出て行ったのかは不明ですが、年俸が魅力だった・西武ドームが嫌だった?・小野寺との確執?と言われています。

巨人時代

5年間在籍しました。1年目は3戦目で初セーブをあげるものの、その後救援失敗を繰り返します。3年目はクルーンにつなぐ中継ぎに転向し50試合に登板。4年目には10試合連続無失点という記録を作りますが、5年目の2010年オフに戦力外通告されます。

広島時代

1年間在籍していました。32試合中継ぎとして登板しましたが、二軍生活になることもありました。翌シーズンの契約の打診をされたものの、自身で現役生活を終えることを決意。

エピソード

原監督との関係

FA移籍の際に原監督から生電話攻撃を受け「来季、一緒に戦っているというのを、もう頭の中で描いているよ」と言われたそうです。こんなことを言われたら移籍を断れませんね。

またこちらのエピソードでも有名。

「正直、もうマウンドにあがるのも怖かったです。チームメイトもファンのみなさんも、きっと自分が9回に上がるとヒヤヒヤしてるって、そう思ってしまって中継ぎへの転向を言い渡されたとき、正直「ああ、もうすぐ切られるのかな」って思いましたそういう人をたくさん見てきましたし、実際、自分もそうされて当然の成績だったわけですから。そのとき原監督は「ストッパーとしてダメだから中継ぎに降ろすわけじゃない。中継ぎはストッパー以上に難しい仕事。上原に抑えの経験を積ませるために今、このジャイアンツで中継ぎを安心して任せられるのはお前しかいないんだ。お前はパリーグですごい成績を残してきたピッチャーじゃないか。自信を持って投げてくれ。」そう言ってくれたんです。正直、感動しました。この人の下で野球ができる。こんな幸せはないてだから僕は今、チームメイトや監督、そしてファンから信頼されて任されたマウンドを守り抜く、そういう気持ちで投げています」

長嶋茂雄との関係

先発から抑えに転向した2001年、月間3本のサヨナラアーチを浴びた際、グラブをたたきつけ、目の前にあった灰皿を蹴り飛ばしたり、2003年のロッテ戦ではクーラーボックスを殴打し、その時は右手甲に3針縫う裂傷を負ってしまったそうです。日本代表の守護神候補だったため、日本代表監督の長嶋さんから「豊田君。どんなことがあっても、いけない。右手はダメだ、絶対に」と注意を受けたそうです。

澤村拓一との関係

豊田が2014年オフに一軍コーチへ昇格しますが、沢村の教育係になります。

一岡との関係

大竹寛とのトレードで広島に移籍した一岡竜司投手ですが、移籍するときに「巨人が捨てたのではなく広島が必要としていたんだ」と声をかけたり、消極的な性格のため「積極的にいかないと、請われていく意味がないだろ」と豊田が声を掛けた。また一岡が広島に移籍する前のウィンターリーグで付きっ切りで指導。広島での覚醒は豊田のおかげではいかと個人的に思っています。

マシソンを魔改造?

今や安定感があるリリーフでおなじみのマシソンさんですが、豊田コーチの指導で覚醒したと言われています。

谷岡を魔改造?

谷岡竜平も2018年に投球の内容がよくなったと言われていますが、影には豊田コーチの指導があったとか。

残当

「残念だが当然」の略語として知られる残当という言葉も豊田コーチの現役時代から来ています。救援に失敗する豊田選手(当時)に対する原監督の言葉とされていますが、実はガセネタで言葉だけ残っているみたいです。

まとめ

「豊田コーチ」と検索すると有能、魔改造というワードがでてくるあたり、育成術はすごいようですね。