【元巨人】堀内恒夫の監督時代の評価・評判!なぜ嫌われるのか?内海や清原とは?

毎日堀内恒夫さんのブログを見ることが楽しみになっているヨシラバーです。読者の質問に高確率でなんでも答えてくれたり、若手有望選手への暖かいエールがなんかいいですよね。今では好意的にみる方が多そうですが、監督時代はすごい叩かれぶりでしたね。

堀内恒夫のプロフィールは?

山梨県出身で巨人一筋の経歴です。1965年のドラフトはえもやんこと江本孟紀、藤田平や鈴木啓二と超豪華ですね。現役時代はV9のエースとして活躍。通算200勝で名球会入りもしています。現役時代のあだ名は「悪太郎」でした。

名前 堀内恒夫(ほりうちつねお)
出身地 山梨県甲府市
生年月日 1948年1月16日(70歳)
身長 体重 178 cm 73 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
経歴 甲府商業高等学校→読売ジャイアンツ (1966 – 1983)
監督・コーチ歴 読売ジャイアンツ (1982 – 1985, 1993 – 1998, 2004 – 2005)

何故こんなに嫌われていたのか?

現役時代はエース的存在の堀内さんですが世間ではとても叩かれていました。

前任が原辰徳だったから?

1年目に優勝をしたにも関わらずリーグ3位で辞任してしまった原監督にはファンも好印象だったのでこれはあると思います。就任会見で「青天の霹靂!」と語っていましたがこれも嫌味に聞こえたのかもしれません。

「悪太郎」と言われるほどやんちゃだった現役時代

現役時代は大物ぶりで記者を困らせるほどで、ジャイアンツ選手寮で門限破りの常習犯だったそうです。高卒入団なので若気の至りというのもあるかもしれませんね。

 現在参議院議員として活躍する堀内恒夫氏は、読売巨人軍が1965年から1973年まで9年連続してプロ野球日本シリーズを制覇した時代を支えたエース投手だった。堀内氏は輝かしい成績の大エースでありながら、…

清原和博選手との衝突?

2年目の2005年に攻めのチームから守りのチームへと大きく変えようとしました。ただ主力選手のポジション・打順の変更で反発を招いてしまいました。中でも清原和博との確執は有名で、一塁手のポジションを一時期清水隆行に奪われかけますが、清原はこれに激怒しフロントに直談判。結局開幕戦で清原和博を4番ファーストで起用することになりました。またローズとの確執も有名で、本来と違う守備位置のセンターにローズが守ることになりこれに激怒。

清原和博とハイタッチ拒否事件?

2005年8月4日に広島市民球場で行われた広島戦で、試合前に山本ヘッドから清原に「打順は7番」と伝えられます。清原は激怒し携帯電話をかけながら「今日な、7番やで! 7番! 阿部(慎之助捕手)より下や!」と聞こえるように話していたそうです。
この試合で本塁打を放ち、ベンチ前で迎えた堀内監督や選手、コーチの出迎えを完全スルー。清原は球団広報を通じて「怒りの一発や!」とコメントしていました。清原の味方が多かったのでファンが同情したのかもしれません。
その後も確執は続き、清原さんのトークショーで「巨人もまとめれんかったヤツが、何が国会議員じゃ!!」と冗談交じりに話していたそうです・・。

半面、こんなエピソードも

「好きとか嫌いとか~」

清原さんとの確執も噂されていましたが、好き嫌いではなく根拠があったそうです。ただ伝わり辛かったかもしれませんね。

好きとか嫌いとか、そういう感情で選手を使えればどんなに楽だろうなあ。感情で選手起用をしてたら勝てるものも勝てなくなるだろ。そういうことを言う人たちは、この世界の厳しさを分かっていないってことだ。()

研究熱心

現役・コーチ時代から論理的だったそうです。新聞記事を切り抜いて研究していたそうです。

気になる記事は切り抜いてスクラップこれ現役時代からの習慣なんだよ。俺が現役の頃は新聞から相手チームの情報を得たりしてた。調子がどうのとかは数字を追っていけば自然と見えてくるしその他にも怪我をしてるとかさ。(ご本人アメブロより)

野菜を配る?

言うことを聞いてくれない選手らに対して野菜を配ったらしいのですが、ロッカーの中で腐らせてしまう事が多発。切ない。。小久保裕紀は「もっと会話して欲しい」と助言したとか。(アサヒ芸能ソース)https://www.asagei.com/excerpt/8773

亀井善行にもエール

2005年に入団した亀井にも思い入れがあるようです。

昨日の巨人戦は凄い試合だったね!交流戦、最高の締めくくり方。一夜明けても興奮さめやらずって感じだよ。  なんたって昨日のヒーローは亀井だよ!  亀井はね、俺が…

内海哲也とのエピソード

2004年に入団した内海哲也。今では信じられませんが2年目までは二軍生活が長く成績も悪かったそうです。そんな中堀内監督は内海の才能を見抜き、先発ローテーションの一角として登板させました。堀内が去った2006年からは二桁勝利を挙げる活躍を見せ、以後はチームのエースピッチャーへと成長し。内海自身も「今の自分があるのは勝てなくても堀内さんが使ってくれたおかげです」と堀内に感謝しているそうです。

今日は質問でいただいていた内海哲也のことをお話しするね。  内海はね敦賀気比高校卒業後他球団からドラフト1位で指名されるもそれを蹴って東京ガスへ  社会人野球…
今日はコメントのお返事からいくよ。 o-houtaroさんコメントありがとう!内海のことだけど君みたいなファンの声でどれだけ本人が助けられているかと俺は思うよ…

まとめ

少し誤解されやすいのかもしれませんね。今後もアメブロに期待!