巨人・山田龍聖の評価・査定!甲子園!高岡商業高校時代!大阪桐蔭!ドラフトレポート!球速・球種!2位!2021

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約3分で読めます。

巨人・山田龍聖ドラフトレポートの評価・査定!甲子園2021!高校時代!球速・球種!大阪桐蔭!高岡商業!2位!

巨人ドラフト2位です。題材は 「巨人・山田龍聖ドラフトレポートの評価・査定!甲子園2021!高校時代!球速・球種!大阪桐蔭!高岡商業!2位! 」となります。

ドラフトレポート、評価、甲子園、高校時代、球速・球種、大阪桐蔭についてお話をします。

巨人・山田龍聖ドラフト2位の評価・査定!2021!高校時代!球速・球種!大阪桐蔭!高岡商業!甲子園

最速153キロ。高岡商で甲子園出場し大阪桐蔭相手に好投。高卒3年目で成長を続けまだまだ伸びる可能性。183センチ、82キロ、左投げ左打ち。富山・氷見市出身

基本情報

世代2000年度生まれ
利き腕左投左打
身長182cm
体重78kg
ポジション投手

ドラフト2位の評価!

「キレやコントロールもよく、ピンチになっても冷静に投げていた」と言えば、巨人・榑松アマスカウト統括も「変化球をうまく使った投球ができていた。上位候補の1人」

最速153キロ左腕は、ここ1カ月あまりで評価を急上昇させていました。

もともと評価が高かった直球に加え、「腕を振る」ことを意識した結果、変化球でもカウントが取れるようになりました。

成長を見せつけたのは、先発した9月24日の都市対抗予選、東京ガス戦だ。初回に3四死球などで1点を失ったが、2回からはスライダーを決め、0を並べた。

入社時の体重76キロ、最速148キロが、トレーニングの成果で、それぞれ82キロ、153キロまでアップした。まだまだ成長途上ですが、期待です。

高校時代!大阪桐蔭!高岡商業!甲子園

鋭い腕の振りから最速150キロの速球を投げ込む本格派左腕。高校時代はU-18日本代表を経験しています。

高校時代は2年春、夏、3年夏と甲子園に3度出場(2年春は登板なし)。3年夏には2勝をマークし、3回戦では、その大会の優勝チームで春夏連覇を達成した大阪桐蔭に敗れたものの、8回を投げて3失点、11奪三振と好投を見せている。

根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)を擁して甲子園春夏連覇を果たすタレント軍団・大阪桐蔭から11三振です。卒業後はJR東日本へ進み「まだまだ実力不足。まずは社会人で勝てる投手に成長したい」と将来のプロ入りを見据えた。

まとめ

期待ですね。これは。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました