【ヤクルト】比屋根渉が退団・戦力外・移籍へ2018!守備でやらかし

こんにちは、ヨシラバーです。

ヤクルトの比屋根渉が契約を結ばないことがわかりました。

守備固め、代打、代走、どれもまだ十分こなせるやろ控え外野手や代打陣の中が薄すぎるチームにとっては獲得するかもしれませんね。

比屋根 渉のプロフィールは?

出身地 沖縄県島尻郡東風平町(現:八重瀬町)
生年月日 1987年6月20日(31歳)
身長 180 cm
体重 70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2011年 ドラフト3位
初出場 2012年4月1日

比屋根 渉のヤクルトでの成績は?

2012年は、主に代走として出場42試合ながら11盗塁を記録した。

2014年は開幕2軍スタートとなるも5月5日に一軍に登録されると、2番レフトで即スタメン起用されました。

 その後は上田剛史との併用で主に2番センターで起用され5月は打率.273を残し上田、飯原、荒木らとレギュラー争いを繰り広げた。

 しかし7月以降は打撃成績が急降下してしまい、8月8日に登録抹消。同21日に再登録されるもやはり打てない期間が続き9月10日に再度抹消されたました。

2015年は、真中満監督が川端慎吾を2番、山田哲人を3番に置く構想の下で後半戦から1番での出場が増えました。ただ、定着にはいたらなかったです。

守備でいろいろとやらかすので「HIYANE」

守備はうまいといわれますが、以前からやらかす頻度の高かった比屋根が前述から2ヶ月も経たないうちにミスを繰り返した事で、なんJでは暴投を繰り返したARAKAKIや併殺打を量産したISOBEなどから連想させた「HIYANE」という固有表現が確立してしまったのである

ヤクルト比屋根渉と契約を結ばず

比屋根は下記のようにコメントを残しています。

「まだできると思っているので、後悔はしたくない。足が動くので、そこでやめたくない気持ちがあります。トライアウトを受けて、ダメなら見切りをつけて違う道にいこうかなという考えです」

まとめ

2015優勝を決めた日に、2015優勝の功労者達(成瀬、久古、比屋根)が戦力外とは何とも悲しいものですね。

他球団に移籍ができることを信じましょう。