【阪神】秋山拓巳の手術は?春季キャンプは?怪我はどうなった!

こんにちは、ヨシラバーです。

2017年に初の2桁勝利となる12勝をマークした右腕です。

メッセンジャーに続く先発ローテ右腕として頭角を表したが、昨季は右膝の故障もあって17試合で5勝10敗に終わりました。

原因は、オフに右膝のクリーニング手術であり、リハビリ中のため、1軍キャンプメンバーから外れてしまいました。

阪神秋山拓巳のプロフィール

阪神秋山拓巳です。

出身地

 香川県丸亀市
生年月日1991年4月26日
身長188 cm
体重97 kg
高校愛媛県立西条高等学校

西条高校時代

西条高校へ進学すると、1年の時から4番を任され、2年からはチームのエースとして高校通算48本塁打を記録し、春のセンバツ、夏の選手権と2度の甲子園に出場し、実力を遺憾なく発揮していた。

シーズン終了後に手術

 10月18日、大阪府内の病院で「右膝のクリーニング術」を終え、同日、退院したと発表しました。

 本人は広報を通じて「野球人生のターニングポイントだと思っています。来季は開幕から矢野監督の力として投げられるようにリハビリに励みます」とコメントしていました。

2018年の成績は?

5月に自身初の2試合連続完投をマークしたが、6月7日のオリックス戦(甲子園)で5勝目を挙げて以来、勝ち星から見放された。

 9月1日に登録を抹消されてから1軍登板はなく、17試合で5勝10敗、同3・86でした。

2019年の春季キャンプは2軍スタート

 シーズン中から右膝に痛みを抱えており、早めに不安材料を取り除くべく、シーズン終了と同時に手術となったのです。

年明けから複数回、ブルペン入りして感触を確かめているものの、本人は「無理せずやりたいと思います」と慎重。「暖かい所でやりたい気持ちはあるけど、僕に選ぶ権利はないので」

と話していました。

まとめ

昨年は阪神のエースになるかと思われた秋山です。シーズン中にホームランも打ち、大活躍をすると思われたりもしましたが、やはりけがをしてしまったようですね。

阪神の場合2年連続で二桁勝利を挙げるのは大変難しいのですが、今年はどうなんでしょうか。

ファンは期待していると思います。

阪神の先発陣はガルシアや西を獲得し、昨年と違いれレギュラーを確約されているわけでない秋山にとっては正念場になるでしょう。

ただ、ここを乗り切れば阪神のエースになれるのは間違いないと思います。