髙山俊の結婚?なぜロッテへトレードの危機?現在彼女も?

髙山俊の結婚?なぜロッテへトレードの危機?現在彼女も?阪神
髙山俊の結婚?なぜロッテへトレードの危機?現在彼女も?
この記事は約5分で読めます。

髙山 俊(たかやま しゅん、1993年4月18日 – )は、千葉県船橋市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。阪神タイガース所属。

長野県で出生した後に、船橋市出身で大手証券会社に勤務する実父の転勤に伴って、和歌山県・東京都など複数の都県に居住しました。

 小学1年生の時に、実父が船橋市内に自宅を新築したため、和歌山県から同市へ転入しました。

国籍 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 1993年4月18日(29歳)
身長 181 cm
体重 87 kg

髙山俊の結婚は?彼女募集中?本田真凛

高山俊選手の彼女や結婚に関する調査をしました。結婚も彼女がいるような情報は現時点ではありません。

ただテレビで彼女を募集しているとお話をしていたので今は彼女がいないのでしょう。野球で一軍になるためがんばっていると思います。

ただ、大学時代から人気は高く高山俊選手を見にくる女子大生の姿もあります。またツイッターでは絶対テレビ向けであり彼女はいるだろうという声もありました。

髙山俊と本田真凛の関係?

髙山俊と本田真凛の関係?
引用元:Twitter

 2017年のころですが高山俊が大阪市内のホテルで行われた関西運動記者クラブが選出する「第60回関西スポーツ賞」の表彰式に出席しました。そこで関西スポーツ大賞として本田真凛とともに選ばれています。

髙山俊と本田真凛の関係?

髙山俊の現在はなぜトレードの危機?ロッテ

髙山俊はなぜトレード危機

髙山俊はなぜトレードの危機なのでしょうか。

 高山は2015年ドラフト1位として阪神入りし、翌2016年は球団新人記録を更新する136安打を放つ活躍でセ・リーグ新人王を獲得。ただ、翌2017年から昨季までは5年間で計184安打とくすぶり続けており、昨季はプロ入り後初の一軍未出場に終わっている。

高山は高木豊のトレードをしたほうがよいと話す

2021年は春季キャンプで実戦11試合、打率.429を記録して活躍していました。そして2年連続でMVPに選ばれたが、オープン戦で結果を残せず、プロ初めて開幕一軍ではありませんでした。

高木豊は公式Youtubeで下記のようにコメントしています。

「彼はアベレージヒッターで大学の時からずっときてるわけ。でもフリー打撃とか(で)球が飛んだりすると欲をかくんだよね。で、打撃のスタイルを変えようとしたことが、アベレージヒッターから中距離に行こうとしてちょっと失敗したという(印象)」 

「もうね、今の外野に割り込むっていったら無理。近本(光司)が外せるか、佐藤(輝明)外していいか(とはならない)。で、長打が欲しい左翼のポジションに高山が入れるかっていったらなかなか厳しいよ」

 シーズン通して一軍出場がなく、二軍でも打率.226と苦しんだ。推定年俸は減額制限に迫る700万減の2300万円となっています。

それでトレードをだしてもらったほうが良いと言われているようです。それはファンも同じようにおもっているようですね。

髙山俊はなぜトレードでネットの声

「確かにこのまま阪神にいても外野レギュラーに返り咲くのは予想しづらい」、「トレードは高山のチャンスが広がるだけじゃなく、球団も新戦力を補強できるから妙案だと思う」

なぜロッテ

移籍後に活躍されては阪神にとって脅威になる、そして鳥谷や今岡がいるからロッテらしいんですが。鳥谷や今岡は井口さんとの特別なコネがあったからロッテにいけたわけであり、高山にあるかは不明です。

ヨシラバー
ヨシラバー

高山は明治大学で井口は青山学院ですからね。そういう意味では鳥谷も阪神だからなんともいえませんが、同じ所属事務所に高山はいないとおもいます。

「矢野耀大監督の任期最終年で、フロントは今季こそ優勝を期待していますからね。ドラフト1位選手といえども、チームが低迷すれば大胆な入れ替えの対象になるかもしれません。環境を変えるのは、不振にあえぐ高山にとっても良いことでしょう。

移籍後に活躍されては阪神にとって脅威になるので、同じセ・リーグのチームとのトレードはないと思います。考えられるのはパ・リーグ。大先輩の鳥谷敬が現役を続け、過去には今岡誠を受け入れたロッテが最有力候補ではないでしょうか」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b1076b79a0c18022483531cd02257d676df9be81

まとめ

少年時代には、「父親代わり」を自任する実母に厳しく躾けられたそうです。その影響で、周囲からは、硬派でクールなイメージを持たれているといいいます。とにかく阪神ファンは文句をいいながらも高山の動向は気にしている人がおおいのではないでしょうか。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました