秋山拓巳の年俸!韓国人?球速は落ちた!遅いのになぜ打てない?球種は?国籍は?2021!

阪神タイガース
この記事は約4分で読めます。

秋山拓巳の年俸!韓国人?球速は落ちた!球種は?なぜ打秋山拓巳の年俸!韓国人?球速は落ちた!球種は?球遅いのになぜ打てない?コントロール

秋山の投球フォームを見てみると、左足を踏み出した時に上半身が打者に対して前傾するよりも、ボールを持つ手と腕がかなり遅れて出てくるように見えます。

エースともいわれる活躍をしていますが、なぜうてないのでしょうか

阪神・秋山拓巳の年俸!韓国人?球速は落ちた!球種は?なぜ打てない?コントロール

高校通算48本塁打を記録したほどの強打者で、「伊予ゴジラ」とも呼ばれており、近日中に西条と対戦する予定がある高校では練習において「秋山対策」をしていた程だった。 2009年のプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目で指名。 契約金4,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団しました。

年俸の推移2021

活躍が遅かったため年俸はそれほど高くないですね。

年俸(推定)チーム背番号
2021年5100万円阪神タイガース46
2020年3200万円阪神タイガース46
2019年4000万円阪神タイガース46
2018年4100万円阪神タイガース46
2017年1100万円阪神タイガース46
2016年1000万円阪神タイガース27
2015年1000万円阪神タイガース27
2014年1200万円阪神タイガース27
2013年1000万円阪神タイガース27
2012年1200万円阪神タイガース27
2011年1200万円阪神タイガース27
2010年600万円阪神タイガース27

韓国人?

見た目の印象からなのか秋山選手の国籍は韓国人なのではと思われる人が結構いるようです。

公表していないので(別にする必要もないですし)意外と知られていないですが昔も含めれば当たり前のようにいると言われています。

秋山選手も角度によっては韓国の英雄、李承燁(イスンヨプ)選手に少し似ている時があるので韓国人っぽいなと思う気持ちは凄く分かります。

ただ本当に国籍が韓国なのかは調べても一切情報がなかったので詳しい事は分かりませんでしたが、恐らく日本人の可能性が高いかもしれません。

球速・球種は?落ちた!なぜ打てない!コントロール

阪神タイガース 秋山拓巳 投球フォーム

近年、日本プロ野球では150km/hが当たり前で、160km/hのボールを目にすることが多くなりました。

そんな日本プロ野球界の今の流れに、いい意味で逆行する投球スタイルを持つのが秋山投手だと思っています。

高い制球力を備え、最速150km/h(プロ入り後の最速は148km/h)のストレートとカットボールを軸に、シュート、縦のカーブ、フォークボールも混ぜる投球スタイル。不調時はカットボールに頼っていたが、シュートとストレートを主体に組み立てる投球も見せています。

秋山投手の平均球速はなんと136km/h。

NPB(日本プロ野球)平均を大きく下回っています。

ピッチャーという生き物は、どうしても球速を追い求めがちで近年のプロ野球はその傾向が非常に強いです。

カーブは落差が大きく、鋭くタテに曲がってからさらに加速するので、まさに空振りを奪える必殺兵器。ストレートも両サイドにきっちり投げ分け、構えたミットをほとんど外さない。

なぜ打てない?


 30球ほど投げてもらい、仕上げにどこに投げてもらおうかと思い秋山に聞いたら、「アウトローのストレートをお願いします。自分の生命線なんで」と間髪いれずに返してきた。  

その”アウトロー”のストレートが素晴らしかった。右腕の軌道が頭に近く、リリースポイントも顔の前に見えたます。

モーションを起こすと、その刺激で全身の連動が自然に始まり、体が勝手に反応して腕の振りへとつながっていく。自らの意思で力を入れようとしていないから、全身の関節が自由に、そして存分に回転して、見ていても「楽そうだなぁ……」と思うフォームができあがった。

 体幹の強さを存分に生かした腕の振りから、145キロ前後のストレートがホームベース上でも勢いを失うことなく打者のスイングを圧倒する。

まとめ

球速だけ求めるのは良くないとわかる投手ですよね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました