【巨人】吉川尚輝が遊撃手(ショート)を守るとセカンド問題勃発?

こんにちは、ヨシラバーです。

吉川のバッティング心配しされていましたが、7月にショートを守ることで打撃の調子よくなってきましたね。このまま経験をつむことにより、定着してもらいたいとも思います。

ただ、セカンド問題は勃発するのでしょうか。

吉川尚輝のプロフィール

名前     吉川 尚輝(よしかわ なおき)

出身地    岐阜県羽島市

体重     79キロ

身長     177cm

ポジション  内野手

投打     右投げ左打ち

中京学院大学時代はショート

 吉川は中京学院大時代から京田陽太とともに、世代ナンバーワンの遊撃手といわれた逸材である。

巨人では坂本がいるため、主に二塁を守っていたが、大学の先輩である広島東洋カープの菊池涼介を彷彿とさせる守備でチームに大きく貢献しているのです。

ただバッティングに課題がありスタメン落ちも経験

バッティングが悪く、一時期は打率1割になる可能性もあった吉川。

吉川尚に自身のプレーについて話を聞くと、出てくるのは守備と走塁の話が中心。ドラフト直後にインタビューをした際も、「僕の持ち味は守備範囲と捕っ...

ショートを守ることで完全にバッティング復活。

吉川尚輝のショートの評判がよく、バッティング向上

左脇腹を痛め、登録を抹消されている坂本勇人に代わり、遊撃に入ってから、打撃の状態も上がってきています。吉川尚は7月に入ってからの打率は3割6分9厘と好調です。

遊撃の守備はたまにポカがあり、2年連続ゴールデングラブ賞の坂本の安定感には及ばないものの、強肩と脚力を生かした守備範囲の広さが魅力的です。

チーム関係者の声は!吉川尚樹のショートに期待!

「高卒2年目の19歳から遊撃のレギュラーを張っている坂本も今年で30歳。今回の左脇腹だけでなく、下半身や腰にも不安を抱え、最近、急に故障が増えてきた。吉川尚の遊撃守備がさらに評価を上げれば、30歳を機に坂本を三塁へ回すことで体への負担を減らし、打撃に集中させよう、となっても不思議ではない。吉川尚の身体能力を評価する首脳陣の声は、それだけ大きくなっています」

吉川がショートを守るとまた勃発か!セカンド問題!

巨人のセカンド問題

巨人はセカンドが定着せず呪われているとまで言われていました。

こんにちは、管理人のよしです。 今年のセカンドはついに仁志敏久や篠塚 和典のような選手になれる選手が勢ぞろいです。特に、2016年のドラフ...

巨人のセカンドといえば篠塚和典

巨人のナンバー1セカンドといえば篠塚和典ですね。イチローも憧れた広角打法でファンを魅了

1980年代の巨人打線の中で、巧打者の名を欲しいままにし、守備では巨人の歴代No.1のセカンドとして、今でも名を残す篠塚和典 についてのお話...
こんにちは、yoshiloverです。 2018年のセカンドは吉川尚がセカンドを守っています。とても守備範囲が広く一年目から合格なのではな...

巨人のセカンドといえば仁志敏久

パンチ力があり、90年代後半~00年代初めまで不動のセカンドでした。

ジャイアンツの最大の課題であるセカンドについて述べてこうかと思います。代表的なセカンドであった仁志敏久選手を振り返ってみましょう。 プ...

セカンド不在を解消するにも

井端との練習のセカンドレギュラー定着に向けての練習も

こんにちは、ヨシラバーです。 吉川 尚輝が卒業した岐阜・中京学院大は、選手の自主性を重んじる育成法であり、「やるかやらないかは自分次第。自...

田中俊太などセカンド候補の若手は多い

田中俊太はセカンドが本職

巨人は新人内野手の田中俊の「中堅起用プラン」が本格的に浮上した。セカンドが本職なのにいかがなのでしょうか。どちらで使えばよいのでしょうか。 ...

山本 泰寛も2018年は見ないがパンチ力が魅力的

こんにちは、管理人のよしです。 巨人山本 泰寛はイケメン慶応ボーイであり、東京都出身(荒川区)であります。二軍では大活躍ですが、同じポジシ...

若林も守備位置はマルチですがセカンドも狙える

ドラフト6位ルーキーの若林ですが、プロテクト外ということをうっかり漏らしてしまいました。若林晃弘のプロフィールは?国籍日本出身地東京都中野区生年月日1993年8月26日身長体重180 cm77 kg投球・打席右投両打ポ...

まとめ

8月9月と残り少ないですが、新人王を吉川にはねらってほしいですね。