カテゴリー

【巨人】吉川尚輝が怪我で腰痛!復帰はレフト外野手で3軍へ!

こんにちは、ヨシラバーです。

吉川尚はが登録抹消となりました。井端が発言していたとおり、一年持てる動きでなかったのは確かですね。

守備にバッティングに一生懸命でした。

コーチ陣やOBなども尚輝への期待はデカかったので、本人も頑張り過ぎたのでしょうね。

いまの吉川は目一杯に動き回っている。あれじゃあシーズンは持たないですよ。
おそらく1週間もしたら動けなくなる。もっと余裕を持ってプレーできないとレギュラー選手として1年間は働けないですからね

吉川尚輝のプロフィール

出身地 岐阜県羽島市
生年月日 1995年2月8日(24歳)
身長 体重 177 cm 79 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手、遊撃手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年5月14日
年俸 2,800万円(2019年)
経歴 中京高等学校→中京学院大学→読売ジャイアンツ (2017 – )

吉川尚輝は腰痛でシーズン序盤で2軍落ち

2019年は、全試合「1番二塁」で先発していた吉川尚輝内野手が、腰痛のためスタメンから外れたと発表しています。

吉川尚は11試合に出場し、打率3割9分とリードオフマンとして活躍しています。

2018年も骨折

吉川尚は坂本勇人が抜けた穴を十分すぎるほど補っていたのですが、まさに痛恨の一撃です。

前半戦終盤にはドラフト5位ルーキー・田中俊太に先発の座を奪われたこともあった。広島戦(マツダ広島)では3号2ランを含む自己最多4安打を放ち、「しっかり振れるようになっているので、これを続けていきたい」と手応え。11個の盗塁もマークするなど、走塁面でも欠かせない力になりつつあった。

それが、なんと吉川尚輝は骨折をしたとのことでした。

吉川は世代ナンバーワンの遊撃手といわれた逸材である。 巨人では坂本がいるため、主に二塁を守っていたが、大学の先輩である広島東洋カープの菊池涼介を彷彿とさせる守備でチームに大きく貢献しているのです。

吉川尚輝の復帰はいつになるのか?

吉川尚輝は3軍戦で試合に復帰することが決まりました。

本職の二塁手ではなく「9番・左翼」での出場。段階を踏んでプレーの強度を上げていくなかで、動きの負担の多い内野手よりも、まずは外野手として復帰するプランが浮上した。

 開幕直後に腰痛で出場選手登録を抹消となって以来、懸命のリハビリで少しずつ前に進んできた。最近はフリー打撃や外野の守備練習を行うなどペースアップ。本職は内野手だが、外野守備の練習は体を動かす目的や気分転換などではなく、本格的に外野手として出場、復帰する構想があるためだった。

出典元:報知新聞

まとめ

CSから復帰するかもしれませんね。

調子が良い時ほど怪我とかし易いんですよね。
今は怪我が軽傷であることを祈るのみです。

20代後半から凄い活躍するタイプかなと思ってます
怪我は大丈夫と信じてます

シェアする