MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【國保陽平の現在?】大船渡高校の野球部の監督の批判?無能クビ?正しかった?こくぼようへい

國保陽平監督(元大船渡高校野球部監督)の現在?退任?批判クビ・無能が完全試合で英断の声

國保 陽平(こくぼ ようへい、1987年3月14日 – )は、岩手県盛岡市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。現・岩手県立大船渡高校野球部副部長岩手県立盛岡第一高校、筑波大学体育専門学群を卒業。大学時代の同級生に坪井俊樹がいます。

社会人クラブチーム「Tsukuba Club」を経て、2010年にアリゾナサマーリーグに参加します。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では國保陽平監督(大船渡高校野球部監督)の現在?退任?クビ・無能が絶賛の声をまとめています。現在何をしているのでしょうか。辞任したのでしょうか。

 同年、アメリカ独立リーグのゴールデンベースボールリーグに所属するティフアナ・シマロンズ(英語版)と契約。25試合に出場し、打率.254(59打数15安打)、2本塁打、7打点の成績を残すも、同年限りで退団。

帰国後に体育教師として岩手県立花巻農業高校に赴任。野球部監督となりました。

項目内容
名前國保陽平
生年月日1987年3月14日
出身地岩手県盛岡市
身長183cm
体重90kg
ポジション外野手
投球・打席右投右打
所属グループ岩手県立盛岡第一高等学校野球部副部長
目次

國保陽平の現在?大船渡高校の野球部の監督批判・無能!正しかった?

2017年4月より岩手県立大船渡高校に異動し、野球部監督に就任しました。

2019年7月、大船渡高校が全国高校野球選手権岩手大会決勝戦まで駒を進めるが、花巻東高校に敗れ準優勝しました。

 この試合でエースの佐々木朗希の登板を見送ったことが賛否両論を巻き起こし、社会問題となりました。

クビ・退任・無能といわれたが國保陽平監督の英断の声

完全試合を達成したことで、佐々木朗希の高校時代の監督が地方予選の決勝で登板回避させたことが今になって絶賛されてる

この佐々木の出来事は、その後も高校野球の投手の起用法やトーナメントでの戦術に関する議論において引き合いに出されるなど問題に一石を投じることとなりました。

関連記事:佐々木朗希の高校時代の野球どこ?甲子園出場せず?球種・球速・成績は?

國保陽平監督の現在

 なお、佐々木は試合後メディアの取材に対して「監督の判断なので、しようがないです。高校野球をやっていたら、試合に出たい。投げたい気持ちはありました」と答えている

2019年7月、大船渡高校が全国高校野球選手権岩手大会決勝戦まで駒を進めるが、花巻東高校に敗れ準優勝。 この試合でエースの佐々木朗希の登板を見送ったことが賛否両論を巻き起こし、社会的に大きな関心を集めました。

2021年の夏の大会を以って監督を退任。 現在は岩手県立盛岡第一高等学校野球の副部長を務めています。

決勝登板回避問題で批判!

2019年7月30日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会決勝戦において、佐々木は登板することなくチームも花巻東高校に2-12で敗れ、大船渡高校はあと一歩のところで35年ぶりの甲子園出場を逃しました。

大船渡高校野球部監督國保陽平とは

國保 陽平(こくぼ ようへい、1987年3月14日 – )は、岩手県盛岡市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。現・岩手県立大船渡高校野球部監督です。

2017年4月より岩手県立大船渡高校に異動し、野球部監督に就任

出身地 岩手県盛岡市
生年月日 1987年3月14日(35歳)
身長 

出身地 岩手県盛岡市
生年月日 1987年3月14日(35歳)
身長 183 cm 
体重 90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手


体重 183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手

國保陽平監督は?大船渡高校野球部監督批判も

 試合後、大船渡高校の國保陽平監督は「3年間で(佐々木が)一番壊れる可能性があると思った。故障を防ぐためですから。私が判断しました」と登板回避の理由を説明したが、これに対して大船渡高校には2日間で250件の苦情が殺到しました。

一方で、甲子園の名将とも言われる高校野球の監督・元監督らからは「一番大事な決勝。理解に苦しむ」(横浜高校・渡辺元智前監督)、「回避にびっくり」(大阪桐蔭高校・西谷浩一監督)、「佐々木君が出ていたら勝っていたかもしれない」(履正社高校・岡田龍生監督)等、批判かやや批判寄りのコメントがなされました。

 智弁学園和歌山高校・智弁学園高校の高嶋仁元監督は、「苦渋の決断をした勇気は認めなくては」としつつ「自分なら決勝から逆算して投げられるように県大会全体でやりくりをする。無理はさせない前提だが、その上で何とか甲子園に連れて行ってやろうとした。甲子園は聖地で、成長の大きな機会でもあるから」とコメントしました。

佐々木朗希の大船渡高校野球部監督批判?決勝登板回避問題で野球OBの声は?

佐々木のその起用法を巡っては野球関係者や評論家の間でも賛否両論が巻き起こり、メディアでも多数取り上げられることとなりました。

張本は?

https://twitter.com/lanser_evo3478/status/1157802544376061952?s=20&t=WSE9HUtNuunnwsYq9_kGcg

特に注目された発言として野球評論家の張本勲が、自身の出演するテレビ番組である「サンデーモーニング」において「絶対に投げさせるべきだった。監督と佐々木のチームじゃないですよ。チームの選手は1年生から3年生まで必死に練習して、甲子園が夢なんですよ」とコメントした。

金田正一

 その張本はプロ通算400勝投手の金田正一から電話を貰い、佐々木の登板回避問題について「投げさせなきゃだめだ。賛否両論じゃない。99%だ」と、金田が電話口で力説していました。

ダルビッシュ

https://twitter.com/scaoooo/status/1155358785713647617?s=20&t=WSE9HUtNuunnwsYq9_kGcg

 これに対して当時シカゴ・カブスのダルビッシュ有は自らのツイッターで、張本の発言をめぐる記事を引用したうえで漫画『ドラゴンボール』のキャラクター“シェンロン(神龍)”を持ち出し、「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナー(張本の出演するテレビ番組)を消してくださいと言う」と投稿。

https://twitter.com/Today_deep_Moon/status/1155775637296074754?s=20&t=WSE9HUtNuunnwsYq9_kGcg

また、野球評論家の桑田真澄も報知新聞において「大船渡の國保監督と佐々木投手の勇気に、賛辞を贈りたいと思います」とコメントしています。

 ほか、サッカー界でも日本代表の長友佑都やサッカー解説者の前園真聖が、選手の将来を考えた監督の決断を支持するコメントを残しました。

【國保陽平の現在?】よくある質問

プロ野球OBの意見は?

佐々木朗希は甲子園に出場していないのですか?

Q
佐々木朗希は甲子園に出場していないのですか?
A

佐々木選手は甲子園出場はしていません。甲子園の予選大会では花巻東高校に2−12で敗れ出場とはなりませんでした。

関連記事は下記です。

【佐々木朗希はなぜ甲子園出てない】甲子園出場?高校時代? 球速落ちたや成績!ろうき

大谷翔平は甲子園に行きましたか?

Q
大谷翔平は甲子園に行きましたか?
A

大谷翔平選手は甲子園に出場したことがあります。

 花巻東高校の野球部に所属しており、2年生の時の夏の甲子園大会(第93回大会)と、3年生(直前)の選抜大会(第84回選抜大会)の合計2度の出場がありました

関連記事は下記です。

【大谷翔平の高校時代成績】勉強や学力?学歴

佐々木朗希は何人兄弟ですか?

Q
佐々木朗希は何人兄弟ですか?
A

佐々木朗希選手は、本人を含めて3人兄弟です。兄が佐々木琉希さんで、弟が佐々木怜希さんです

関連記事は下記です。

【佐々木朗希の兄が広告代理店の電通?】怜希?琉希?兄弟や名前や身長!ろうき

佐々木 労基は震災で誰をなくしたの?

Q
佐々木 労基は震災で誰をなくしたの?
A

佐々木朗希選手は東日本大震災で父と祖父母を亡くしました。9歳の時に岩手県陸前高田市で被災し、最愛の父と祖父母を失いました

関連記事は下記です。

【佐々木朗希の父親】死因?両親?!家族?見つかった?家族構成!職業!身長!震災!ろうき!労基

 まとめ:國保陽平の現在?大船渡高校の野球部の監督批判・無能!英断・退任

当時は大きな問題となりました。甲子園は人生で一回しかいけません。國保陽平監督は大きく批判されたのでしょう。ただ、その結果大きなけがを招いたのかもしれません。

決勝で勝つのはわかっていても國保陽平の英断だったのかもしれません。プロでは完全試合までとることができました。目先の勝利を考えず、國保陽平は高校生の体を考えた。

退任?批判クビ・無能が完全試合で英断の声にかわったのは当然でしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次