佐々木朗希の父や母!両親!家族の構成!兄弟!祖父!幼少期!死因や発見で見つかった?

佐々木朗希の父や母!両親!家族の構成!兄弟!祖父!幼少期!死因や発見で見つかった?佐々木朗希
佐々木朗希の父や母!両親!家族の構成!兄弟!祖父!幼少期!死因や発見で見つかった?
この記事は約7分で読めます。

佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 – )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。

ドラフト会議においては、千葉ロッテを含め、4球団が競合しましたからね。佐々木朗希選手の両親はどのような方なのでしょうか?!父親や母親についてお伝えします。

小学校3年時に岩手県陸前高田市で東日本大震災に被災したロッテ・佐々木朗希投手は10日、少年時代の記憶を振り返っています。

国籍日本
出身地岩手県陸前高田市
生年月日2001年11月3日(19歳)
身長
体重
190 cm
85 kg
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2019年 ドラフト1位
初出場2021年5月16日
年俸1,600万円(2021年)
ロッテ・佐々木朗希(ろうき)の彼女は?父親は母親!

家族構成!両親!祖父母!父親と母親!発見!死因で見つかった?

親が野球をしていて、子供も野球好きになるってよく聞く話です。佐々木朗希選手も両親が野球好きのため、昔から野球をやっていたのかなと思います。

佐々木朗希選手の父親である佐々木功太さんの職業をご紹介します。

佐々木朗希投手の家族構成はお母さん、お兄さんと弟さんの4人家族です。なんと佐々木は、9歳のときに東日本大震災で被災した。実父と祖父母を亡くしている。

噂通り母子家庭ですね。

佐々木朗希選手の父親は、佐々木功太さん。

佐々木朗希選手の母親は、佐々木陽子さん。(2021年現在48歳)

家族構成!母は?
家族構成!母は?

父は?震災で死因は見つかった

佐々木朗希選手の父親の職業は、葬儀屋さんだったということが分かりました。だった・・・?どうして過去形なの?と思われる方もいるかもしれません。 

父・功太さん(享年37)ら家族を津波で失ないました。大好きな野球をやることで勇気と希望をもらったという。

「家では、お父さんが毎日のようにキャッチャーをやっていたようです。震災後の大変な時期でも野球を続けたのは、お父さんとの思い出もあるんじゃないかな」

悲しいお話になってしまうのですが、佐々木朗希選手の出身である岩手県陸前高田市は8年前の東日本大震災の時に、被害が最も酷かった地域だったのです。

小学校3年時に岩手県陸前高田市で東日本大震災に被災したロッテ・佐々木朗希投手は10日、少年時代の記憶を振り返っています。

そのため佐々木朗希選手の父親と祖父母は、残念ながら東日本大震災の犠牲者になってしまいました。当時佐々木朗希選手は9歳、功太さんは37歳でした。計り知れない悲しみ、苦しみだったでしょう。

小学校3年時に岩手県陸前高田市で東日本大震災に被災したロッテ・佐々木朗希投手は10日、少年時代の記憶を振り返っています。

悲しいことではあったんですけれど、すごく今に生きているなと。当たり前が当たり前じゃないとか、今あるものがいつまでもあるわけじゃないとか、そういうのを思い知らされました。

そう思えるまで、どれほどの時間がかかったことだろう。大津波は、朗希少年から多くを奪った。父、祖父母、仲良く過ごした家や街。大人であっても、簡単に気持ちを切り替えられる出来事ではない。それでも「今あるものがいつまでもあるわけじゃない」と後悔しないよう、一生懸命生きてきた。

学生時代は、毎朝のように遺影に向き合ってきた。大人の社会の仲間入りをしたからこそ、感じる偉大さに深みが出る。亡き父について、初めて口を開いた。今度は「なんか、僕が言うのもあれですけど」と気恥ずかしそうに前置きしてから、少し胸を張った。

 父・功太さん(享年37)ら家族を津波で失ったが、大好きな野球をやることで勇気と希望をもらったという。

シャイで物静かな青年に育った。悲しみに耐えてきたからこそ、優しさも知る。今年11月で20歳。大人となった佐々木朗ならば、父・功太さんを亡くした9歳の朗希少年に、どんな言葉を掛けるのだろうか。

 「あんまり、くさいことを言うのが好きじゃないので…。まあ、楽しいときは楽しんで、悲しむときは悲しんで…。好きなようにやっていいのかなって思いますね」

シャイで物静かな青年に育った。悲しみに耐えてきたからこそ、優しさも知る。今年11月で20歳。大人となった佐々木朗ならば、父・功太さんを亡くした9歳の朗希少年に、どんな言葉を掛けるのだろうか。

 「あんまり、くさいことを言うのが好きじゃないので…。まあ、楽しいときは楽しんで、悲しむときは悲しんで…。好きなようにやっていいのかなって思いますね」

 一瞬だけほほ笑んで、昔の自分に語り掛けた。

 やり切れないむなしさ。寂しさと悲しみを一人で抱え込むことも多かった。「ネガティブな性格なので、そういうときもあった」と打ち明けます。

それでも、全てを忘れさせてくれるものがあった。

 「そのときは田中選手に憧れていたので、凄く勇気をもらったし、感動した」。偶然にも、この日が朗希少年にとって12歳の誕生日だった。

そんな佐々木選手が初勝利。天国の父も今後を楽しみにしていることだろう。

母は?美人と話題

佐々木朗希(ろうき)の母
佐々木朗希(ろうき)の母

佐々木朗希選手の母親である佐々木陽子さんの職業をご紹介します。

佐々木朗希選手が9歳の頃、震災当時のお仕事は会社員であるということが分かりました。OLさんや事務などで働いていたのでしょう!

津波から逃れようと、みんなで高台へと逃げた。避難所で兄弟3人で一夜を明かし、翌朝には母・陽子さんと再会できたが、自宅は流された。

ですが、現在は何をされているのか情報を見つけることができませんでした。

ただ、ロッテとの入団交渉では、母親の陽子さんが同席していました。

2019年のドラフト会議で、佐々木朗希さんが千葉ロッテマリーンズから1位指名された時の陽子さんの年齢は46歳だったので、2022年現在49歳のようです。

ウワサ通りとてもおキレイな美人さんですね!!

次の章でも詳しくお伝えしますが、女手一つで育ててきてくれた母親に感謝していると佐々木朗希投手さんもインタビューで回答されていました。

球団広報を通じて「こうやってプロ野球で野球ができているのは母のおかげだと思っている。本当に感謝している」とコメントした。

シャイで物静かな青年に育った。悲しみに耐えてきたからこそ、優しさも知る。今年11月で20歳。大人となった佐々木朗ならば、父・功太さんを亡くした9歳の朗希少年に、どんな言葉を掛けるのだろうか。

 「あんまり、くさいことを言うのが好きじゃないので…。まあ、楽しいときは楽しんで、悲しむときは悲しんで…。好きなようにやっていいのかなって思いますね」

 一瞬だけほほ笑んで、昔の自分に語り掛けた。

岩手県陸前高田市で生まれ育った。高田小3年のとき、小学校で被災した。

兄と弟は?琉希さん

佐々木朗希投手は男三人兄弟の真ん中。

長男の琉希(るき)さん、次男である朗希さん、三男の怜希(れいき)さんの全員男の子です

佐々木朗希投手の、琉希さんの岩手日報の取材に応じた 父に感謝、母に感謝 が正直な身内の思いかと思います いまは、いろいろな騒ぎとなっています そっとしておくのが良いかと思いますが、この記事を読んでいると涙が出てくるね 優しいお兄さん……

兄や弟!兄弟は?
兄や弟!兄弟は?

兄は?

佐々木朗希投手の兄は年齢が3つ上で、現在はおそらく就職して、社会人1年目を迎える年齢になります(2021年現在)。

佐々木朗希投手の兄は年齢が3つ上で、現在はおそらく就職して、社会人1年目を迎える年齢になります(2021年現在)。

大学は東北学院大学に通われていたそうで、もともと高校までは野球を続けられており、4番レフトを打つような選手で、活躍していたようです。

大学は東北学院大学に通われていたそうで、もともと高校までは野球を続けられており、4番レフトを打つような選手で、活躍していたようです。

お父様が亡くなられてからは、すでに紹介した通り、弟に熱心に野球や生活の指導をされ、いまの佐々木朗希投手が成長する手助けをしたことは間違いないと言えるでしょう☆

素晴らしいお兄様ですね

佐々木朗希投手は3人兄弟の真ん中で、弟さんもいらっしゃいます。

弟さんは希さんと言い、佐々木朗希投手の年齢です。

まとめ

今後の期待が気になりますね。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました