【巨人】吉川尚輝が怪我で骨折!復帰はいつになる?ショートは誰だ?

こんにちは、ヨシラバーです。

吉川尚はこの打席の安打で18試合連続安打を記録した。ただ、一塁コーチャーの井端コーチが両手でバツを作りベンチにサインを送り、左手をぶつけたようでした。ヘッドスライディングです。

吉川尚が怪我で骨折!

吉川尚は坂本勇人が抜けた穴を十分すぎるほど補っていたのですが、まさに痛恨の一撃です。

前半戦終盤にはドラフト5位ルーキー・田中俊太に先発の座を奪われたこともあった。広島戦(マツダ広島)では3号2ランを含む自己最多4安打を放ち、「しっかり振れるようになっているので、これを続けていきたい」と手応え。11個の盗塁もマークするなど、走塁面でも欠かせない力になりつつあった。

それが、なんと吉川尚輝は骨折をしたとのことでした。

こんにちは、ヨシラバーです。 吉川のバッティング心配しされていましたが、7月にショートを守ることで打撃の調子よくなってきましたね。このまま...

吉川尚輝の復帰はいつになるのか?

しっかりと状態を上げてから昇格するなら復帰時期は9月下旬ごろでしょうか。

絶好調で怪我をして、そのまま怪我との戦いになる選手が過去にも多かったので、ゆっくりと直して欲しいです。レギュラーはれる器である事が証明できた様に思います。

吉川尚と坂本のショートとの代役は?

 ショートのポジションを守っていた坂本勇人選手ですが、「左脇腹の肉離れ」の怪我です。

吉川尚輝選手はショートの代役をこなすだけでなく、8月1日まで18試合連続安打、7月の月間打率.371を残すなど、絶好調だっただけに非常に痛いです。

二遊間を守っていた二人がいなくなるなんて誰が想像できたでしょうか。

代りは山本、若林、田中俊太あたりになるのではないでしょうか。

山本 泰寛

 慶應高校時代からショートのレギュラーで、本格的にショートのレギュラーをつかんだのは慶應大学2年生の秋。レギュラーに定着すると、優れたフィールディング能力を発揮し、さらに持ち前の俊足と強肩を生かした守備で観客を魅了するようになりました。

一番のチャンスではないでしょうか。

こんにちは、管理人のよしです。 巨人山本 泰寛はイケメン慶応ボーイであり、東京都出身(荒川区)であります。二軍では大活躍ですが、同じポジシ...

若林晃弘

1年春からリーグ戦に出場し、3年秋にセカンドのレギュラーに定着。4年春にはリーグ2位の打率.390を記録し、秋には打率.279、3本塁打でセカンドのベストナインに輝いています。

ルーキーですし、守備はあらいかもしれませんが、チャンスではありますね。

ドラフト6位ルーキーの若林がここ最近一軍へ猛アピールしています。 ※2018年8月9日追記 15打席目でプロ初ヒット!おめでとう! 若...

田中俊太

田中俊太はセカンドで一度は吉川からレギュラーを奪った存在です。兄の広島田中 広輔の活躍を見ていると同じ遺伝子をもっており、期待をしてしまいますよね。ただ、今二軍で調整中です。

こんにちは、管理人のよしです。 昨日は巨人は負けてしまいましたが、新人の大城と田中がプロ初安打を放つという頼もしい結果もありましたね。 ...

まとめ

調子が良い時ほど怪我とかし易いんですよね。1塁のヘッドは無理しすぎました。
今は怪我が軽傷であることを祈るのみです。

20代後半から凄い活躍するタイプかなと思ってます
怪我は大丈夫と信じてます