能見篤史の現在2023?引退理由?今後?全盛期やタイトル!阪神

能見篤史のなぜ引退理由?全盛期の成績?阪神はオリックス
能見篤史のなぜ引退理由?全盛期の成績?阪神は
この記事は約5分で読めます。

能見 篤史は、兵庫県出石郡出石町(現:豊岡市)出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。オリックス・バファローズ所属。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では能見篤史の現在2023?引退理由?今後?全盛期やタイトル!阪神はについてお伝えします。

能見は04年に自由獲得枠で大阪ガスから阪神に入団しました。

 20年までの16年間を阪神で過ごし、21年に投手兼任コーチとしてオリックスに移籍しました。

移籍1年目の21年は、26試合に登板するなどコーチと選手の二刀流で、チームを25年ぶり悲願Vへと導きました。

1979年(昭54)5月28日生まれ、兵庫県出身です。

 鳥取城北から大阪ガスに進み、04年ドラフト自由獲得枠で阪神入団しました。

 09年は先発に定着して13勝。12年に172奪三振で初タイトル。13年WBC日本代表。20年オフにオリックスへ移籍し投手コーチを兼任。22年限りで現役引退をしています。

通算成績は474試合104勝93敗4セーブ、防御率3.35。1メートル80、74キロ。左投げ左打ち

出身地 兵庫県出石郡出石町(現:豊岡市)
生年月日 1979年5月28日(43歳)
身長
体重 180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2005年4月3日
年俸 4500万円(2022年)

関連記事:能見篤史の嫁は能見千江子と結婚!子供?実家?性格?イケメン?白髪?自宅?家族・息子?

能見篤史の現在2023?今後?引退理由

能見篤史の現在は野球解説者

2023年1月から、朝日放送テレビ・朝日放送ラジオ・サンテレビジョンの野球解説者、スポーツニッポンの野球評論家として活動している

ヨシラバー
ヨシラバー

現役を引退して、既にスポーツニッポンの野球評論かとして活動をしています。今後は解説の仕事も増えていくと思いますが、どのような解説者になるのか楽しみですね。やっぱりイケメンのトークで鳥谷敬とにてくるのでしょうか(笑)

2020年まで16年間は阪神でプレーし、昨季までの2年間はオリックスで投手兼任コーチとして活躍した能見篤史氏(43)が、1日付でスポニチ専属評論家に就任した。1日付でスポニチ専属評論家に就任した。初仕事としてオリックス・宮城大弥投手(21)と新春対談。その前編では、後輩左腕をリーグ3連覇、そして2年連続日本一のキーマンの一人に指名するとともに、今季ノルマとして「15勝」を設定。

引用元:能見篤史氏 本紙評論家就任初仕事(スポニチ)

引退理由

オリックス移籍2年目の今季は4試合に救援登板し、0勝0敗、防御率は2・70。8月3日西武戦(ベルーナ)のマウンドを最後に、登板機会がなかったです。

引退を決断した理由

ヨシラバー
ヨシラバー

コーチ兼という立場で選手を見ていて、やはり若手の成長をみていて自分は現役を引退すべきかなとかんじたんでしょうね。選手の気持ちがうすれてしまったようです。

「コーチ兼任という立場で、自分が投げるよりも選手たちが試合の中で成長していく姿が非常にうれしくて、その時点で選手としての気持ちはだいぶ薄れてしまっていた」

プロ野球オリックス・バファローズの能見篤史投手(43)が今季限りで現役を引退すると15日、球団が発表した。引退記者会見を16日に京セラドーム大阪で行う。2020年オフに16年間在籍した阪神から移籍し、21年は選手兼任コーチとしてオリックスの25年ぶり優勝に貢献した。同学年の東京ヤクルトスワローズ・石川雅規投手とともに、現役最年長投手だった。引退セレモニーも行われる予定だという

引用元:43歳、オリックス能見篤史が引退 兼任コーチで現役最年長投手

現在、今は阪神を退団した能見篤史は、兼任コーチとしてオリックスと来季契約を交わしています。全盛期は2010年といわれています。

阪神で引退はなぜしなかった理由は?

 これまで虎一筋16年です。

 長くエースとして歩んだ軌跡は、勝てなかった球団史と重なります。「かなわぬ夢になった」。入団初年度のリーグ優勝以降、幾度となくあと一歩が届かなかった。

 11月10日の巨人戦。藤川の引退試合を眺めながら、自身の近未来を重ねていたそうです。

 「俺は違う道を選んだわけやから。決断は人それぞれなんだと思う」。10月21日、球団から来季の構想外を伝えられた。引退後のポストと、花道も用意された打診。「実は…」と秘めていた思いを今明かす。

 「来年くらいかなとは思っていた。それくらいの気持ちはあったけど、今年でというのはなかなか難しかった。なんせ、どこも痛くない。最初から引退の選択はなかったかな」

ただ、16年を振り返れば「感謝しかない」と言います。

 25歳の時に自由獲得枠で入団。即戦力として期待されながら、4年目まで1、2軍を行き来した。球団は辛抱強く待った。

能見篤史の全盛期の成績?タイトル

能見篤史の現在2023?引退理由?今後?全盛期やタイトル!阪神

能見篤史は井川と同い年だけど全盛は遅かった

そうか、能見って井川と同じ年だったか。遅咲きだから活躍した時期が全然ちがうけど。 井川はまだ現役引退してねーんじゃなかった。独立リーグはクビになったが。

09年 13勝9敗 防御率2.62 165回 154奪三振
10年 8勝0敗 防御率2.60 62.1回 57奪三振
11年 12勝9敗 防御率2.50 200.1回 186奪三振
12年 10勝10敗 防御率2.42 182回 172奪三振
13年 11勝7敗 防御率2.69 180.2回 127奪三振

タイトルは?

阪神投手時代の2019年にNPBの一軍公式戦における40代の投手としてのシーズン最多登板数記録を達成しています。

また、オリックス移籍後の2021年に通算1,500奪三振を歴代最年長(小宮山悟と並ぶ41歳11か月)で達成しました。

ヨシラバー
ヨシラバー

タイトルは最多奪三振:1回(2012年)を獲得しています。

まとめ:能見篤史の現在2023?引退理由?今後?全盛期やタイトル!阪神

いかがでしょうか。

能見篤史の現在2023?引退理由?今後?全盛期やタイトル!阪神についてお伝えしました。

能見篤史のなぜ引退理由?全盛期の成績?阪神はについてお伝えしました。

引退は残念ですね。

コメント

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました