MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

巨人・メルセデスの年俸や年収が安い理由!ロッテ?背番号?愛車

CC・メルセデスの年俸が安い・低すぎる理由!年俸推移は?2021契約は出来高?

メルセデスが来季も巨人でプレーすることになりました。喜ばしいことですが、年俸に驚愕です。

メルセデスの年俸では、ベンツ買えませんね。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では巨人・メルセデスの年俸や年収が安い理由!ロッテ?背番号?愛車についてお伝えします。

生年月日 1994年3月8日(24歳)
身長 188 cm
体重 82 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 2017年
初出場 2018年7月10日
年俸 550万円 (2018年)

目次

巨人・CCメルセデスの年俸や年収が安い・低すぎる理由!ロッテでは?収入!

メルセデスは2018年に支配下登録

2012年から15年まで米レイズ傘下でプレーします。先発と中継ぎとしてマイナー通算53試合に登板し、6勝10敗でした。

2017年1月に年俸230万円で背番号「026」で巨人と育成選手契約をしました

契約金、年俸は共に5万ドル(日本円で約550万円)で、背番号は「95」に決まったようです。

メルセデスは「非常にうれしく思っております。ようやく支配下という次のステップにたどり着けたと思ってる。これからも一生懸命練習していくと共にこの決断を決めて頂いたチーム、GMに感謝の気持ちを伝えたい。ありがとうございます」と話しています。

ロッテでは期待されている

ヨシラバー
ヨシラバー

メルセデスは「千葉は素晴らしい場所です。この街にチャンピオンシップをもたらすために一生懸命働きます」とコメントしています。澤村と一緒ですね(笑)

吉井監督は下記のようにコメントしています。ただ、ロッテでの年俸や背番号は発表されていません。

「先発もリリーフもできると思います。直球も速いですし、チェンジアップ、スライダー、ツーシームも精度が高く楽しみです。制球もいいので日本向きだと思います」

現時点でFAやトレードなどで目立った補強が見られないが、グレゴリー・ポランコとC.C.メルセデスの「元G戦士」2人を獲得した。スポーツ紙デスクは、両助っ人の活躍に期待を込める。

引用元:メルセデスはロッテ

巨人メルセデスの年俸推移は?愛車もかえない?

2019年

メルセデスは年俸75000ドル(約855万円)での契約です。随分と安いですね。

3000万円くらいの働きは十分してくれるはずです。

来季は家族をドミニカから呼びたいはずなのですが、ろくに働かないFA選手に大金払ってこれはないと思います。

2021年は?

メルセデスの年俸が850万から250万アップの1100万円でした。

これではまたベンツが勝てません。メルセデスはちゃんとした交渉ができているのでしょうか。そんな年俸で不満がないのか心配です。あんながんばってたのに。。。

シーズン後半から出てきた選手だから 研究された来年勝ってこそ真の評価が出来ますね。

年俸に出来高がある

そりゃ出来高があるからです。

こういう時に言う年俸というのはあくまで基本給です。 出来高は含まれません。

そして、メルセデスはこの契約にサインしなければフリーです。

支配下になった時点で複数年なんて結ぶわけありませんし、結んでればそもそも昇給しないでしょう。

昨年オフの成績で複数年ならもっと高額のオファーになってます。

要するに単年契約です。 この場合、契約更改しなければどこの球団にでもいけます。 普通に3000万とか4000万のオファーは来るでしょう。

まとめ:巨人・メルセデスの年俸や年収が安い理由!ロッテ?背番号?愛車

いかがでしたでしょうか。

巨人・メルセデスの年俸や年収が安い理由!ロッテ?背番号?愛車についておつたえしました。

来年こそは、ジャパニーズドリームでボーナスをあげてほしいです。

たた、他球団の弱点探しも入るだろな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次