からくりドームとは?ドームランの真相!東京ドームは打球が飛ぶ!空調設備!会社!気圧の風!

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約2分で読めます。

こんにちはよしラバーです。よくTwitterなどで「今日は聖地からくりで観戦」「からくりのビール高すぎ」など書かれていますね。からくりとはなんなのでしょうか?

からくりドームとは?東京ドーム ホームランは出やすい

からくりとは東京ドーム(ナゴヤドームも?)のことです。巨人の選手が東京ドームで打つホームランが他の球場より飛距離があるのではないか?空調を操作しているのではないか?と疑惑になっていることからからくりドームと言われるようになりました。

東京ドームの広さ

気圧で風はある!空調設備!会社!

東京ドームから回転扉で退場する際はすごい風ですよね。この事から風が吹いているのは本当かなと考えますが、結論からいうと本当に風はあるそうです。

空調設備や会社はないです。空調設備や会社はないです。

東京ドームは、空気の圧力差で屋根膜を支えるエアー・サポーテッド・ドームです。加圧送風ファンによって絶えずドーム内に空気を送り込み、東京ドーム内の気圧を外よりも0.3%高くして屋根膜を支えています。この気圧差は、ちょうどビルの1階と9階ぐらいに相当します。人体にはほとんど感じられません。また、東京ドーム内からできるだけ空気を逃がさないように、出入口には回転ドアが用いられています。(東京ドーム公式より)

ドームランの真相

東京ドームで放つホームランは「ドームラン」と言います。これはネット民だけで言われていましたが、OBの桑田真澄氏が解説中に「東京ドームでの打ち方をよくわかっていますね。ホームランというかドームランというんですけどね。」

巨人ファンは怒っているの?

怒っているファンはそれほどいないような気がします。「からくり」という蔑称を積極的に使っている印象ですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました