カテゴリー

DeNA・梶谷隆幸はトレード2019?怪我で抹消!復帰はいつ?

こんにちは、ヨシラバーです

バッティングの調子がとてもよい2018年ですが、どうしても怪我になやまされる選手ですね。

盗塁王を獲得するなど昨季まで4年連続20盗塁以上を稼ぎ、13年から 2ケタ本塁打をマークするDeNAの中心選手が、今年のキャンプは二軍スタートで、トレードの噂があります。、

今年の復活はあるのでしょうか。

梶谷隆幸のプロフィールは?

出身地 島根県松江市
生年月日 1988年8月28日(29歳)
身長 180 cm
体重 85 kg

投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手→外野手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト3巡目

“島根(中国地方)!ってことでも応援してます\(^o^)/頑張ってほしい! #梶谷隆幸”

梶谷隆幸の2018年の成績は!怪我が多かったこともあり不本意なシーズン

高卒新人ながら衝撃デビューを飾った細川成也の台頭や、神里和毅の入団などを背景に、ラミレスから正右翼手の座を確約されないままキャンプインしました。

オープン戦から一軍へ合流したものの、終盤に右の背筋を痛めたこと[や、神里が好調だったことから公式戦の開幕も二軍でスタートでした。

4月26日の対広島戦(横浜)から一軍に復帰したが、当初は右翼手として神里と併用されていました。

ソトを内野手を「2番・右翼手」と使い始めたため、5月中旬から「1番・中堅手」として再スタートソトとの12番コンビで3割近い打率(.290)と6本塁打を記録したが、腰痛を発症して、721日に復活したものの、今度は骨折と怪我が多い1でした。

結果、30試合を打率.290 本塁打6 打点14 盗塁4 OPS.906と好成績を残していました。

梶谷隆幸の2018年は復帰できず

81日の対巨人戦(横浜)2回裏の打席で吉川光夫から死球を受けた際に右手の尺骨を骨折します。

82日に登録を再び抹消されると、20日に右肩のクリーニング手術を受けたため、手術後は実戦へ復帰せずリハビリへ専念となりました。

一軍公式戦への出場はわずか41試合で、打率.2688本塁打、18打点、5盗塁。5年振りにセ・リーグの最終規定打席を下回ったほか、本塁打も6年振りに1桁にとどまりました。

梶谷隆幸の2019年は?

前年に右肩の手術を受けたことを踏まえて、春季キャンプでは二軍で調整しました。

キャンプ終盤の2月25日に組まれた中日との練習試合で、指名打者ながら、前年8月1日の対巨人戦以来の実戦復帰を果たします。

ラミレス監督は「彼の能力は分かっている」としつつ、「送球の際に右腕に不安がある」と説明しています。

オープン戦終盤に一軍に合流するも、背中の張りで開幕一軍メンバーから外れた。

「ただ、キャンプ時に不安視された右腕はプレーには支障のない程度だったようです。

むしろ一軍戦力として、あまり期待されていないのかもしれません」との噂があります。

ベイスターズは投手がほしい

梶谷は年俸1億2800万円と安くはないが、外野が手薄な球団はトレードで欲しいはずです。

一方、優勝を狙うDeNAとすれば、昨季は2ケタ勝利を挙げた今永、ウィーランド、浜口が不安を抱えているだけに、 できれば先発投手を補強したいところでしょう

自前の選手を育成するために、これと見込んだ若手に積極的に出場機会を与えたり、レギュラークラスの選手をトレードやFAで放出するなど、人事を仕掛けたとしても不思議ではありません。

まとめ

梶谷を見ないがトレードの対象なんて、ありえますね。、

シェアする