スポーツ報知の「片岡神」「矢口神」とは?小林ギャルから絶大な支持

スポーツ報知の「片岡神」はご存知ですか??小林ギャル(東スポ命名)から絶大な信頼を得ている担当者さんです。

片岡神とは?

スポーツ報知の巨人担当の片岡優帆さんのことを指すようです。小林ファンの中では矢口亨カメラマン「矢口神(小林のフォトブック担当)」とともに2大神と言われていてもおかしくありません。

一般の方なので人となりや経歴などはわかりません。由伸の高校の後輩という噂もあるようですが、同一人物かはわかりません?

片岡神のコラム

個人的には最後の1文がいいと思います。

スガコバネタをはさむ

菅野の記事なのに小林が登場。

菅野が常々「誠司が捕手で走られたら投手の責任」と話しているように投手陣からも絶大な信頼を得ているが、本人が満足することはない。

 改めて強肩のすごみを実感した。10日の西武戦(東京D)。小林誠司捕手(29)は、同点の7回2死一塁で盗塁を狙った秋山を矢のような低い送球でアウトにした。もちろん、マウンド上での内海の速いクイック投法、目で走者をけん制す【巨人】

小林誠司「古田の領域」

小林に対するコメントが優しさに溢れています。

盗塁阻止率でレジェンド・古田の領域に名を刻み、打撃でも進歩する。扇の要は譲らない。

 巨人の小林誠司捕手(29)が3日、「フルタの領域」に挑む決意を示した。東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、600万円増の6000万円でサイン。今季は盗塁阻止率3割4分1厘をマークし、球団では森昌彦に並ぶ3年連【巨人】

小林誠司「12球団屈指の捕手陣」

一時期リードを批判されていた小林ですが、このコラムには勇気付けられたのでは?

打たれた時、負けた時に“外野”が捕手のリードを指摘するのは簡単だが、それは結果論の部分が強い。(中略)12球団屈指の巨人捕手陣がチームを引っ張っていく。

 巨人は、先発の菅野が2位・ヤクルトを5安打に抑え、今季6度目の完封で13勝目を挙げた。負ければ4位後退の危機を迎える中、95年の斎藤雅樹以来となるシーズン6度のシャットアウトでエースの貫禄。東京Dで完封5度は球団最多と【巨人】

坂本勇人「新たな黄金期を」

不動の遊撃手と表現。

これからも不動の遊撃手に君臨し続け、巨人の新たな黄金期を作る覚悟だ

 巨人の坂本勇人内野手(29)が11日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億5000万円アップの5億円でサインした。15年オフに年俸変動制の3年以上にわたる複数年契約を交わしたが、来季、球団野手史上3位の高【巨人】

内海と亀井

同じ年の内海亀井コンビのプライベート情報も挟む。

4児のパパ内海が、マウンド上で最高にカッコいい姿を見せた。

 内海は先日、母校・敦賀気比の甲子園出場が決まり、「感動しました」と自分のことのように喜んだ。 18年前の高3夏は福井大会決勝で敗退。当時の仲間とは今でも親交がある。毎年オフ、同学年で上宮太子出身の亀井とOB戦を企画。同【巨人】

ホウセイリュウセイ

高田と大江の2人を「ホウセイリュウセイ」と表現。

 巨人の高田萌生投手(20)が19日、ジャイアンツ寮で契約更改し160万円増の680万円でサイン。同学年でこの日、60万円増の560万円で更改した大江竜聖投手(19)との「ホウセイ・リュウセイ」コンビで刺激し合い、3年目【巨人】

まとめ

皆さんもスポーツ報知のコラムの担当者の名前をチェックしてみてはいかがでしょうか?

シェアする