【巨人】2012年ドラフト3位辻 東倫が引退!坂本勇人との関係は?

辻もひっそり引退ですか…

辻東倫さんが戦力外となりました。内野手のレギュラー争いが熾烈な競争となっていたのでまさかとは思いましたが・・

2012年のドラフト3位で菰野高校から読売ジャイアンツに入団した辻東倫選手のトピックです。入団当初から大きな期待を寄せられていましたが、いまいち成績をのこせていません。

辻 東倫のプロフィール

出身地三重県三重郡菰野町
生年月日1994年8月11日
身長

体重

181 cm

83 kg

投球・打席右投左打
ポジション内野手
プロ入り2012年 ドラフト3位
初出場2015年6月12日
年俸960万円(2018年)

辻東倫が野球を始めたのは小学4年でした。地元の中時に進学した辻東倫は軟式野球しまs。

菰野高

地元の菰野高校に進学します。三重県でも有名な野球強豪高校です。

初めての硬式球に戸惑っていましたが、持ち前の負けん気から毎日自主練習をするようになり、硬式球に対応しました。1年時の秋から遊撃手のレギュラーに定着、2年生の春の県大会で優勝を果たしました。ただ、甲子園出場経験はありません。高校通算なんど打率が45236本塁打です。

2012年、高校通算記録に目を付けたため、ドラフト会議で読売ジャイアンツから3位指名を受けました。

辻 東倫のプロ試合初出場前

新人合同で行われた自主トレで、動体視力を鍛えるビジョントレーニング(眼球だけでなく脳やからだに新しく理想的な習慣をつけ、正しく「見て」柔軟に「思考する」土台作りを行うもの)、3000メートル走で辻東倫はトップを獲得しました。

ただ、ルーキーイヤーである2013年、2014年と辻東倫は1軍でのチャンスをもらうことはできませんでした。辻東倫の2軍での成績も2013年に72試合0本塁打19打点、打率2132014年に108試合3本塁打30打点、打率222と、辻東倫は特に好成績を挙げられたというものでもありませんでした。

辻 東倫の巨人での成績は?

辻東倫の一軍の成績としては毎年向上してきておりますね。

O

P

S

2015240000.000.250
201615406080.176.535
201718368081.250.583
NPB:3年3580140161.203.544

辻 東倫の特徴は?

ミート力と長打力を兼ね揃えた打撃を評価されています。遠投120メートルの強肩が武器だが、守備には課題があるようですね。

辻 東倫が一軍登録!今年の目標は100安打

辻は23試合で打率3割2分5厘と好調を維持しています。昨年は、自身最多の18試合に出場し、32打数8安打、打率2割5分、1打点の成績を残した。今年は、「100安打を打ちます」と話しています。

辻 東倫は坂本を尊敬!

辻は、2年連続となる“坂本塾”に参加し、弟子入りしている。

辻は坂本を尊敬し、目指している存在のようだ。坂本に対し、下記のように言及する。

「けがもありましたけど、1年間を通して打てていなかったのは事実。勇人さんは2年目に1年間打ち続けてレギュラーを取った。安定した打撃のコツを教えてもらいたい」

「けがもありましたけど、1年間を通して打てていなかったのは事実。勇人さんは2年目に1年間打ち続けてレギュラーを取った。安定した打撃のコツを教えてもらいたい」

「難しい打球も簡単そうに捕る。ずっと出ているからというのもあるんでしょうけど、相手打者の特徴とかも全部頭に入っている。そのあたりも聞きたい」。

辻 東倫の守備は?上手いとはいえない

内野であれば、1塁2塁3塁ショートの全てを守れます。

打撃の評判は評判はよいのですが、守備はそれほどではありません。打球に対する反応、判断力、捕球からスローイングまでのスピードは可も不可もなくといった形ですが、あまりにもエラーが多いのです。

2軍での遊撃手としての成績は、プロ1年目の2013年は、71試合に出場し失策13個、2年目の2014年は97試合に出場し失策16個、3年目の2015年シーズンは104試合に出場し失策17個です。

まとめ

ファンに対する接し方が素晴らしいという評判ですが、本職はショートには坂本、セカンドには吉川がいますので、なかなかレギュラーに定着するのは難しいのかもしれません。

ただ、長距離砲としての潜在的な期待が持てる選手なので期待をしたいと思っています。他の球団で活躍している姿が見たいです。