【赤星優志のドラフト評価】評判?高校時代!日本大学!日大 学部!球速!

巨人赤星巨人
赤星優志
この記事は約10分で読めます。

赤星 優志(あかほし ゆうじ、1999年7月2日 – )は、東京都世田谷区[3]出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

巨人ドラフト3位の赤星優志を紹介します。打たせて取るのも三振を奪うのも両方とも平然とやってのけているます。高校3年から投手に専念し4年の大学時代でブレイクします。

名前:赤星 優志(あかほし ゆうじ)
生年月日:1999年7月2日
出身:東京都世田谷区
身長:175cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:世田谷区立三宿中学校→日大鶴ケ丘高校→日本大学

 

【赤星優志のドラフト評価】

【赤星優志のドラフト評価】

【巨人3位】赤星優志投手(日大=日大鶴ケ丘) 最速152キロ。動くボールを巧みに操り絶妙の投球術で打者を凡打に仕留める。1部復帰の立役者。今秋も2完封。175センチ、78キロ、右投げ右打ち。東京・品川区出身

身長176センチのオーソドックスな右腕を勝てる投手にスタイルをかえました。桑田真澄コーチとも身長がかわりませんし、楽しみですね。

「子供の頃から、テレビや球場でずっと見ていました。伝統のあるチームの一員になることができ、うれしく思います」

球種・球速

カットボール、ツーシームを両サイドの低めに決めて打者を打ち取るピッチングスタイルです。最速152km/hのストレートに加え、同じような腕の振りからカットボール、ツーシームを投げ、スライダー、カーブ、フォークボールなどの変化球も駆使する技巧派の投手

カーブやスライダーなどを投げる際に腕の振りが緩む癖があったが、ツーシームやカットボールではそれが解消されることにも気づいた。

「これは武器になる」と確信したそうです。

制球力がよい

4年間で四死球数がなんと1です。コントロールがよいピッチャーはほしいですね。152キロのストレートを投じる能力がありながら、打たせて取る投球に徹することができます。

成績は?

3年秋までの東都2部での成績は4勝4敗だったが、今春に大きく飛躍した。

4年春、東都大学リーグ2部で3勝1敗、防御率0・78の成績を残しました。

3校総当たりで実施された入れ替戦では東洋大を相手に1失点完投、翌日の立正大戦でも救援で勝利投手になり、1部昇格に導いてます。

巨人スカウトの評価は?

担当の脇谷亮太スカウト

球のキレと制球力で勝負する先発タイプ。力感のないフォームから凡打の山を築く。右打者内角へのキレ味鋭いシュートはプロでも十分通用する。高校から本格的に投手を始めまだまだ伸びしろもある」

DeNA・河原編成部スカウティングディレクターも「大学・社会人のなかで、これだけゲームメイクの能力がある投手は数少ない」とはなしています。

Tweet / Twitter

目標

憧れの投手に菅野の名を挙げています。

「プロの世界で当たり前のように三振を取っている姿がすごい」

「ストレートに磨きをかけて、先発として戦っていきたいです」

同学年のヤクルト村上には「負けたくない」と話しています。

「日本一を決めるレベルの高い試合の中で(ヤクルト)奥川選手だったり自分より年下の選手が投げていて、気持ちの部分も、技術の部分でもそういう選手が一軍で活躍できるんだなと思う。自分も少しでも早くその舞台に立てるように頑張りたい」と刺激を受けているといいます。

日大鶴ケ丘時代高校時代?日大学部

大鶴ケ丘高3年の春でした。中学時代は投手と遊撃を兼任していたが、高校に入り投手に専念します。

日本大学鶴ヶ丘高等学校では2年夏は西東京大会ベスト16。2年秋からエースとなる。3年春には球速が145km/hまでアップします。3年春には145キロを計測です。

好投手として注目されたが、3年夏の西東京大会は4回戦で敗退してしまいました。

プロ志望届!指名漏れ

日大鶴ケ丘の3年時もプロ志望届を提出しています。

3球団の入団テストを受験し、うち1球団は合格するも、ドラフトでは指名漏れとなった。ただ、志望届を提出したが、プロに行ける自信があったわけではなかったそうです。

「日大で人として成長でき、それが野球にもつながったと思います。周囲の方々に感謝しています」

「なんとなく厳しいかなとは感じでいました」

「悔しさよりも、『まあ、そうだろうな』といった納得の気持ちの方が大きかったですね」

 

日本大学時代は?学部は

赤星 優志(あかほし ゆうじ、1999年7月2日 – )は、東京都世田谷区[3]出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

巨人ドラフト3位の赤星優志を紹介します。打たせて取るのも三振を奪うのも両方とも平然とやってのけているます。高校3年から投手に専念し4年の大学時代でブレイクします。

名前:赤星 優志(あかほし ゆうじ)
生年月日:1999年7月2日
出身:東京都世田谷区
身長:175cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:世田谷区立三宿中学校→日大鶴ケ丘高校→日本大学

 

【赤星優志のドラフト評価】

【赤星優志のドラフト評価】

【巨人3位】赤星優志投手(日大=日大鶴ケ丘) 最速152キロ。動くボールを巧みに操り絶妙の投球術で打者を凡打に仕留める。1部復帰の立役者。今秋も2完封。175センチ、78キロ、右投げ右打ち。東京・品川区出身

身長176センチのオーソドックスな右腕を勝てる投手にスタイルをかえました。桑田真澄コーチとも身長がかわりませんし、楽しみですね。

「子供の頃から、テレビや球場でずっと見ていました。伝統のあるチームの一員になることができ、うれしく思います」

球種・球速

カットボール、ツーシームを両サイドの低めに決めて打者を打ち取るピッチングスタイルです。最速152km/hのストレートに加え、同じような腕の振りからカットボール、ツーシームを投げ、スライダー、カーブ、フォークボールなどの変化球も駆使する技巧派の投手

カーブやスライダーなどを投げる際に腕の振りが緩む癖があったが、ツーシームやカットボールではそれが解消されることにも気づいた。

「これは武器になる」と確信したそうです。

制球力がよい

4年間で四死球数がなんと1です。コントロールがよいピッチャーはほしいですね。152キロのストレートを投じる能力がありながら、打たせて取る投球に徹することができます。

成績は?

3年秋までの東都2部での成績は4勝4敗だったが、今春に大きく飛躍した。

4年春、東都大学リーグ2部で3勝1敗、防御率0・78の成績を残しました。

3校総当たりで実施された入れ替戦では東洋大を相手に1失点完投、翌日の立正大戦でも救援で勝利投手になり、1部昇格に導いてます。

巨人スカウトの評価は?

担当の脇谷亮太スカウト

球のキレと制球力で勝負する先発タイプ。力感のないフォームから凡打の山を築く。右打者内角へのキレ味鋭いシュートはプロでも十分通用する。高校から本格的に投手を始めまだまだ伸びしろもある」

DeNA・河原編成部スカウティングディレクターも「大学・社会人のなかで、これだけゲームメイクの能力がある投手は数少ない」とはなしています。

Tweet / Twitter

目標

憧れの投手に菅野の名を挙げています。

「プロの世界で当たり前のように三振を取っている姿がすごい」

「ストレートに磨きをかけて、先発として戦っていきたいです」

同学年のヤクルト村上には「負けたくない」と話しています。

「日本一を決めるレベルの高い試合の中で(ヤクルト)奥川選手だったり自分より年下の選手が投げていて、気持ちの部分も、技術の部分でもそういう選手が一軍で活躍できるんだなと思う。自分も少しでも早くその舞台に立てるように頑張りたい」と刺激を受けているといいます。

日大鶴ケ丘時代高校時代?日大学部

大鶴ケ丘高3年の春でした。中学時代は投手と遊撃を兼任していたが、高校に入り投手に専念します。

日本大学鶴ヶ丘高等学校では2年夏は西東京大会ベスト16。2年秋からエースとなる。3年春には球速が145km/hまでアップします。3年春には145キロを計測です。

好投手として注目されたが、3年夏の西東京大会は4回戦で敗退してしまいました。

プロ志望届!指名漏れ

日大鶴ケ丘の3年時もプロ志望届を提出しています。

3球団の入団テストを受験し、うち1球団は合格するも、ドラフトでは指名漏れとなった。ただ、志望届を提出したが、プロに行ける自信があったわけではなかったそうです。

「日大で人として成長でき、それが野球にもつながったと思います。周囲の方々に感謝しています」

「なんとなく厳しいかなとは感じでいました」

「悔しさよりも、『まあ、そうだろうな』といった納得の気持ちの方が大きかったですね」

 

日本大学時代は?学部は

1年からベンチ入りを果たし、冬には球速が150km/hに到達しました。学部は日本大学生産工学部のようです。

2年春の二部リーグ戦から先発投手となり、3年秋には3勝を挙げます。

4年春は、9試合に登板して3勝1敗、防御率0.78の好成績でチームの二部優勝に貢献し、最高殊勲選手、最優秀投手、最優秀防御率の三冠に輝いています。

また立正大学との入れ替え戦でも連投で1失点完投を含む2勝を挙げ、2017年秋以来8季ぶりとなる一部昇格の原動力となりました。

4年秋は、初戦の國學院大學戦で一部リーグ戦初登板を4安打完封で勝利した

野球に専念

「アルバイトとかもしたことがなかったので、初めて収入を得る。プロ野球選手なのですごく大きいお金。集中して聞いた」。さらに今後のお金の管理については「気をつけたいとは思っているが、そんなにお金を使う方ではないので、たぶん大丈夫だと思います」

引用:報知新聞

まとめ:【赤星優志のドラフト評価】評判?高校時代!日本大学!日大 学部!球速!

いかがでしょうか。

【赤星優志のドラフト評価】評判?高校時代!日本大学!日大 学部!球速!についておつたえしました。

プロの目から見るとすでに完成系にちかいそうですね。2022年は頑張ってほしいです。

 

コメント

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました