名選手 名監督にあらず!落合博満と高橋由伸の違い

こんにちは、ヨシラバーです。

名選手は名監督になれないとよく言います。これは結構当てはまっているような気がします。

近年で成功しているのは、采配面では落合くらいではないでしょうかね。

落合は別としてなぜ活躍できないのでしょうか。

また、これは高橋由伸にもあてはまるのではないでしょうか。

野村克也は長嶋茂雄や王貞治が全く怖くなかった

 現役時代にスター選手だった監督、特にスラッガーだった監督は、攻撃野球を好む傾向が強いです。

 ホームランが何本も飛び交うような、素人が見てもわかりやすい、派手な野球が好みです。

長嶋茂雄が極端な例で、松井秀喜や原辰徳、高橋由伸など生え抜きでとても人気のある選手がいるにも関わらず、FA制度つくり、ヤクルトからは広沢、広島からは江藤、中日からは落合、西武からは清原と数々の4番バッターを獲得したにも関わらず、優勝はあまりできませんでしたよね。

サッカーでもそうでしたが、ジーコジャパンもそうでした。

なぜ名選手は名監督になれないのか

 スター選手は自分ができたことは、皆もできると思い込んでしまっています。

 それを言葉に発してしまう。「なんでこんなこともできないんだ!」という言葉が、どれだけの選手を傷つけるのでしょうか。

 思ったことは何でもできてしまうから苦労を知らず、そのため並の選手の気持ちや痛みがわからない。自分のレベルで選手を見るためにうまく指導ができず、言葉より感覚を重視してしまいがちなのです。

天才・高橋由伸にも同じ傾向が!哲学がない

高橋由伸はタイトルをとったことがないですが、あの野球センスのかたまりの長嶋茂雄が教えることは由伸には何もないと話しています。

由伸は少年時代から野球があまり好きではなかったらしいのですが、センスの塊であったため野球をやめることができなかったと言います。

つまり、野球に対しての哲学があまりなく、なぜこんなことができないんだろうとおもってしまうところもあるのではないでしょうか。

落合は天才と言われながらもプロになるのが遅かった

落合は三冠王を3回とっており、プロ野球史上でも長嶋茂雄や王貞治でも達成できなかった記録です。それでも中日をFAに頼らず、優勝させ日本一にもなっており、名将といわれています。

ただ、落合は高橋由伸と違い、野球が好きだったけど人間関係がうまくいかず、高校や大学と野球にあまり専念できていませんでした。

それが、俺流といわれる野球哲学ができており、選手にも指導をすることができたのではないでしょうか。

まとめ

高橋由伸が続投するとうわさになってますが、チーム一丸となって、優勝できなかったら根本的原因を見つめなおしてほしいです。

惰性のまま、突き進んでしまうと来年はまた不甲斐ない成績となり、ファンから冷たい目でみられることになるでしょうね。