落合信子は落合博満の嫁!ソープがすごい?若い頃に浮気と再婚!現在・今?実家!

中日ドラゴンズ
この記事は約4分で読めます。

落落合信子は落合博満の嫁!ソープがすごい?若い頃に浮気と再婚!現在・今?実家!

高校を卒業後に上京。貴金属の販売員を経て、ホステスをしていた1980年頃に当時ロッテオリオンズに在籍していた博満と知り合い、1984年12月に結婚(博満は再婚)[1]、1987年に長男・福嗣が誕生。

元中日監督の落合博満さんの本はビジネスにも流用できる事が書かれているのでつい手に取るのですがなかなか実践するのは難しいものです。

落合博満の落合信子!現在・今!ホステス!嫁は?若い頃に再婚?伝説名言が凄い!

落合博満は再婚?落合信子

高校を卒業後に上京。貴金属の販売員を経て、ホステスをしていた1980年頃に当時ロッテオリオンズに在籍していた博満と知り合います。1984年12月に結婚(博満は再婚)でした。

時間を経るとともに、博満の夫人ということ以外にも特異なキャラクターを買われ、メディアにも一人でゲストとして出演することが増えていきました。

 一番出演が増えたのが、一連のミッチー・サッチー騒動時である。この騒動が長引くにつれ、当時の関連主要人物の一人としてテレビ番組に引っ張りだことなり、アクの強いキャラクターで、主に正論を発する役割を担った。

博満のロッテオリオンズ在籍時から東京に現在の居を構えた都合、中日での現役時代(1987年〜1993年)と、2004年からの監督就任時には博満に単身赴任をしてもらっていたが、頻繁に名古屋へ訪れ(川崎球場→ナゴヤ球場→東京ドーム→ナゴヤドーム)、2005年からは福嗣の勧めもあり、名古屋に住み込んで夫を陰から支えていた。

博満の監督時代は共々、ナゴヤドームに足を運び、一般のファン同様にレプリカユニフォーム(夫のもの)に身を包み、頭にはファングッズの「ドアラの耳」を付け、自軍ベンチの真上から観戦していたこともあった。

嫁・落合信子の名言も!ソープの伝説

夫のことを「落合」と呼んでいます。

博満はロッテ時代でまだ一軍半であった時期、当時、信子が経営するスナックバーの常連客でした。

名言1

球界初の1億です。

 信子は博満に対して「才能のあるアンタが何で年俸360万円なの? 私よりも稼ぎが少ないじゃない!」と揶揄しながらも、「アンタはプロ野球選手として一体何がしたいの?」と問い質すと、博満は「三冠王になりたい」と答える。

すると信子は、「じゃあアンタ、歯を治しなさい」と、数百万円を提供して歯の治療・矯正をさせたそうです。

名言2

三冠王3回ですからね。さすが嫁です。

1982年に博満が最初の三冠王を獲った時、本塁打数が32本だった。前年の本塁打王の門田博光、トニー・ソレイタの44本よりも10本以上少なく、また打率、打点ともに突出した数字ではなかったため、「落合の三冠王はラッキー」という評する向きも少なくなかったそうです。

 信子は博満に、「門田、ソレイタ、ブーマー、本塁打をたくさん打っている人はみんな太っているじゃない。あなたも、もっと太りなさいよ」と言い、以来、落合家の食卓に数え切られないほどのメニューが並ぶようになり、落合の体重はあっという間に10㎏近く増え、打球の飛距離が格段に伸びたといいます。

名言3

こんな話がばれるかわかりませんが凄い逸話です。

ロッテ時代に既婚でありながら時折、ソープランド通いをしていた博満に、「私が浮気したらどうする?君は遠征先とかでソープランドへ行ったりしているんでしょう?ねぇ、どうなの?」と訊いた。

 すると博満は、「ソープランドが浮気かよ!性処理ならいいじゃねえか!」と開き直った。

 信子はこの発言に、「この男は、ひょっとすると私の想像をはるかに超えた大物かもしれない‥」と脱帽したという。そして博満が買ってきた男性週刊誌を「教材」に勉強し、夫婦生活についていかに研究不足かを思い知らされ、ソープを我が家でやってみようと思い立ち、耳学問ながらソープの技術をマスターした。その後、博満に「あとで、ソープランドごっこしてあげるからお客さんになりな」と言って準備の様子を見せたところ、それを機に博満のソープ通いは収まったといいます。

まとめ

ふくしくんの成長ぶりには驚きました。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました