カテゴリー

巨人・坂本勇人は天才?永久欠番には3000本が必要でなれる

こんにちは、ヨシラバーです。

坂本勇人は、キャプテンとして優勝したことがありません。下記のようなコメントをしています。

原辰徳監督のもとで必ず優勝・日本一になってもらいたいですね。

「久しぶりに原さんのお話を聞いたので、帰ってこられたんだなという感じになりました」

坂本勇人のプロフィールは?

出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日
身長 186 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手[1]
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日

坂本勇人って20歳前後の頃は守備が下手という評価

もともとデータでは坂本の守備はよかったのです。

実際、坂本選手は、データ分析に基づいた客観的な守備指標においては、非常に優れた数値を出していますが、守備指標のRF、RRF、UZRを見ても昔から坂本選手の守備能力が優れていることはわかっていました。

結局実際はどうだったのか

坂本の守備って「下手」じゃなく「粗かった」のではないでしょうか。経験と努力で研ぎ澄まされて今のスタイルになっているように思えます。

坂本勇人は原辰徳の二人だけの打撃指導

坂本勇人は若かった頃、原辰徳が誰もいない東京ドームへ坂本を呼び出し、マンツーマンの打撃指導を何度も行っています。

ともに打撃ゲージに入り、自らバットを持ち、坂本のスイング軌道を確認をしてます。

松井秀喜と長嶋茂雄みたいですね。坂本勇人は下記のようにコメントしています。

「本当にありがたいです。僕の調子が悪くなると、以前から監督は『お前のバッティングは今こんな状態だから、こう修正してみろ』と一緒に練習に取り組んでくれます。厳しいことも多く言われますが、落ち込んでなどいられません。そんな精神の弱い選手など監督も使いたくないでしょうから、強い気持ちでプレーしているんです。

努力の結果でしょうか。守備は球界一であり、通算成績も立派なものです。

坂本勇人の通算成績は?

2018年11月24日現在の坂本の記録は1711安打。

出場試合:1527
通算安打:1711
二塁打:322
本塁打:183
打点:706
通算打率:.291

坂本の取得タイトル

2016年には首位打者となっていました。

首位打者:1回 (2016年)
最多安打:1回 (2012年)
最高出塁率:1回 (2016年)

柴田勲さん「3000本を目指せ」

張本の12年目はキャリアハイとなる打率.383をたたき出し、4年連続5度目の首位打者を獲得するなど、打者として最も脂がのっていた時期でありました。

 だが、31歳シーズン以降も打率3割7回、首位打者を2回獲得し、18年目には安打数としてキャリアハイの182本をマーク

 38歳となる20年目までプロ入りからの連続100安打を継続し、40歳となる22年目で金字塔を打ち立てた。

ただ、坂本もこれからの選手です。張本の記録を抜くことは可能です。

ジャイアンツの赤い手袋である柴田勲さんも、2018年のベースボールフェスティバルで坂本・ウェルカムの姿勢を見せました。3000本というとNPBでは最高の記録です。

坂本勇人は永久欠番もありえるか?

国民栄誉賞に値する程の成績上げなければ、永久欠番には選ばれないかもしれません。

良い選手で有る事には間違い有りませんが、永久欠番に値する程の選手では無いと思います。
坂本選手が将来張本選手の最多安打記録破り、更なる記録伸ばせば可能性も出て来るかも知れませんね。

まとめ

坂本勇人選手は2019年の成績はより良くなっています。永久欠番になれるでしょうか。

シェアする