張本勲の家族?嫌い!国籍!両親!嫁・奥さん!韓国人!朝鮮人?在日!原爆の右手・指!韓国語!

巨人(ジャイアンツ)
この記事は約4分で読めます。

張本勲は老害といわれますがすごいの?古い考えとか国籍が韓国人!在日!

右手・指!韓国語!家族!人生!現在・今!に追ってみます。

張本勲の家族?嫌い!国籍!両親!嫁!韓国人!在日!原爆の右手・指!韓国語!人生!

張本勲といえば、TBS「サンデーモーニング」のスポーツコーナー「週刊御意見番」での辛口コメントでお馴染みの野球評論家です。

スポーツニュースに対して「あっぱれ」「喝!」の二者択一でジャッジを下し、コメントを加えるこのコーナーは、TBS瞬間最高視聴率の常連。しかし、時にくりだすコメントが辛口をこえて暴言・失言のああに達することがおおいです。

実際にはプロ野球選手としても大きな記録を残しています。

出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
生年月日 1940年6月19日(78歳)
身長 181 cm
体重 181 cm85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月10日
最終出場 1981年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
広島県松本商業高等学校
浪華商業高等学校
東映フライヤーズ
日拓ホームフライヤーズ
日本ハムファイターズ (1959 – 1975)
読売ジャイアンツ (1976 – 1979)
ロッテオリオンズ (1980 – 1981)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000037-dal-base

張本は古い?精神論!老害?

張本氏の野球解説については、しばしば「精神論」「古い」などと揶揄される。一方で、中高年層からは理解の声も聞こえてくる。そこで今回は賛否両論の張本氏が語る「野球理論」を検証する。

張本勲の人生!国籍!韓国人!在日!韓国語!家族と日本へ逃げる

韓国語

2020ヒバクシャ:張本勲さん 守ってきた暗黙の約束 今「お袋、語るよ あの日を」

張本勲さんは在日韓国人2世であり本名は「張 勲 (チャン・フン)」となります。

張本勲さんの両親が韓国の慶尚南道昌寧郡大合面の出身であり、戦前に日本海を渡って日本へ入り、その後帰化していないことから国籍は韓国のままとなっているようです。

母親は張本勲を身ごもったまま日本海を渡った

張本勲さんの両親は1939年に韓国の南東部にある慶尚南道昌寧郡大合面から日本に渡りましたが、母親は当時張本勲さんをお腹の中に身ごもっていた状態で、1940年6月19日に身を寄せた広島で生まれました。

張本勲さんは韓国を生みの親、日本を育ての親だと語っています。

張本勲さんには兄と2人の姉がいましたが、家族6人は6畳ひと間のトタン屋根で出来た長屋に住んでいました。

右手・指!

4歳の頃に張本勲さんは土手で藁を積み上げたとんどでサツマイモを焼いていたところ、急にバックしてきたトラックに驚いてバランスを崩して火の中に右半身から飛び込んでしまい、大やけどから右手の親指、ひとさし指、中指以外の自由が奪われる障害を負ってしまいました。

張本勲は、小学5年のときに、町内の社会人野球チームに誘われたことから、野球の道に進みます。しかし、右手の負傷の後遺症で、右手がボールを満足に握れず、サウスポーに転向、このとき左利きに矯正します。右手の負傷は、4歳のころに負った大やけど。右手の親指、ひとさし指、中指以外の自由を失うほどの重傷でした。

当時、川上さんは巨人の大監督。公式戦で大変な最中だというのに、その気持ちがうれしく、ただただ感謝するしかなかった。  こんなこともあった。私が23年にも及ぶ現役生活を退いてまもなくのころだった。NHKで野球解説をされていた川上さんと食事をする機会があった。私は小さいときに火傷によって右手に大きなハンディを背負って生きてきた。薬指と小指は癒着して離れなくなり、親指と人さし指も内側に曲がったまま戻らなくなった――少年時代はともかく、物心がついてから右手を誰にも見せたことはない。泣き言を言いたくなかったからだ。  その川上さんとの食事の際、右手の事実を知ったNHKの方から「撮影させてもらえないだろうか」とお願いされたが、頑として受け付けなかった。人に見せるものではない。妻や自分の子どもにも見せたことはないのだ。しかし、その場にいた川上さんには右手を出して見てもらった。私の尊敬する“打撃の神様”だけには、すべてをさらけ出してもいいだろうと思ったのだ。 「こんな右手で頑張りました」  その瞬間だった。 「お前、よくぞこんな右手で……」  川上さんは私の右手を見るなり、涙ぐんでしまったのだ。私はもうそれだけで十分だった。川上さんの気持ちが伝わってきたからだ。2000安打のときの電報もそうだが、このときに川上さんが私のために流してくれた涙もまた、私の大切な宝物として心に残っている。忘れようにも忘れられない出来事だった。


まとめ

老害にみえて大変な人生ですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました