【巨人】原辰徳の高校時代は?親子鷹の原貢監督、定岡の試合など伝説多数

原辰徳の才能と生まれながらのスター性で、甲子園でもファンを沸かせていました。

神奈川大会では川崎球場を満員にし、当時同球場を本拠地とし、閑古鳥を鳴かせていた大洋ホエールズの関係者がたいそう羨んだという伝説まであります。

若大将が、まだ甲子園のヒーローだった時代の輝かしい記録を集めてみました。

高校時代の原辰徳は??

1974年、東海大相模高校に入学し、1年生から三塁手のレギュラーとして活躍しました。

 夏の甲子園に3年連続で出場し、1975年の春の甲子園にも出場している。この大会では決勝戦まで勝ち進み、延長の末に高知高校に敗れたものの、準優勝という成績を収めています。

高校通算本塁打は43本でした。

その他にも伝説があります。

何よりハンサムで人気があった原辰徳

甲子園でもフィーバーとなりました。

「親子鷹」原貢氏と3年連続甲子園

東海大相模での父のいる高校で野球をしたいと話すと二つの条件を出さそうです。

一つは、他の部員と実力が五分五分なら補欠、七三なら(レギュラーに)考えるということ。

もう一つは、昔は多少の愛のムチがあって、「人が1回でもお前は3回。それでも周りは厳しい目で見る。それが耐えられるか」ということでした。「耐えられます」と答えました。

原辰徳は、とにかく迫力があり、いくら我が子への”愛のムチ”だとはいえ、ボコボコにしていたそうです。

3年夏の甲子園を終わった原貢氏は、「ご苦労さん、よくがんばった。お前に厳しくすることが、チームの和を保たせるために必要だった。ただ、俺もきつかったぞ」

との言葉があったそうです。

定岡との試合

1974年は定岡の2年夏に続き、2度目の甲子園であったが、定岡の存在は全国的に、ほぼ無名でした。

ただ、東海大相模との試合で人生は変わったらしい。1年生「五番・サード」の原辰徳

しあ展開は、定岡は原に2点タイムリーを打たれ、先制を許すも、続く2回表には、定岡自身の二塁打(2打点)もあって3点を奪い、逆転します。

 しかし9回裏、定岡はまたもや原辰のヒットから1点を失い、同点とされ、延長戦に突入します。
 14回までつづき、互いに1点ずつを奪い、4対4。そして15回表、鹿児島実が再び1点を奪い、リード。

その裏、定岡は振り絞り、先頭打者を三振、続く、ここまで3安打、13回には敬遠もした原辰を二ゴロ、最後は山口宏を三振に打ち取り、ゲームセット。213球の熱投でした。

テレビ視聴率は、34パーセントであり、第4試合ということで最後はナイタであり、NHKのテレビ中継がなくなったが、この試合の中継打ち切り後、抗議が殺到。翌年から延長でも中継が行われるようになりました。

原辰徳の甲子園への驚きの発言

「甲子園には幼いころからずっと憧れていました。すごいところなんだ、と。そう思い続けたせいでしょうか、実際に甲子園で練習したときに『小さな球場だな。これならなんとかなる。自分でもホームランが打てる』と思いました

まとめ

甲子園のスーパースターから、巨人の4番バッター、巨人の監督と常に王道を走ってきた原辰徳、現在はしばしの休憩中ですが将来にむけてまた何をやってくれそうですね。