高井雄平の現在!なぜ東北高校時代からダルビッシュとの仲!結婚!嫁・篠田奈王子!子供!下の名前!

東京ヤクルトスワローズ
この記事は約4分で読めます。

高井雄平の現在!東北高校時代からダルビッシュとの仲!結婚!嫁・篠田奈王子!子供!なぜ下の名前!

雄平といえばヤクルトのクリンナップに名前を並べる選手としてのイメージが大きいかもしれませんが、実は高校時代は東北高校でダルビッシュの先輩であり、左腕NO1ピッチャーといわれたほです。

しかしながら、なぜバッターに転向したのでしょうか。

高井雄平の現在!東北高校時代からダルビッシュとの仲!結婚!嫁・篠田奈王子!子供!なぜ下の名前!

出身地 神奈川県川崎市宮前区
生年月日 1984年6月25日
身長 174 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手→外野手
プロ入り 2002年 ドラフト1巡目
初出場 2003年4月22日

結婚してる!嫁・奥さん

結婚した嫁は料理も得意だそうです。

食事面で気を遣ってくれて、精神的な支えにもなっている」と語っています。

2008年頃は、投手から野手への転向に差し掛かっているときで、精神面でも肉体面でも大変だったと想像されますが、見事野手への転向を成功できたのは嫁の支えがあったからこそでしょうね。

子供については、娘が2人います。2010年と2012年にそれぞれ誕生しており、子供の写真などは公開されていませんが、きっとイケメンの雄平選手や嫁の奈王子さんに似た美人さんに成長されることでしょう!

子供の成長が凄く楽しみですね!

東北高校時代

東北高校時代は、エースとして2年生の春に甲子園に出場。MAX151kmのストレートと高速スライダーを武器に、高校№1左腕としてプロの注目でした。

近鉄、ヤクルトの2球団競合で1位指名でとなり、抽選の末にヤクルトが交渉権を獲得し入団に至っています。

近鉄は高井選手を抽選で外した後に外れ1位で指名したのが、坂口智隆選手でした。

その後、坂口選手と高井選手は2016年シーズンから、ヤクルトでチームメートとなっている。

雄平とダルビッシュの仲は?高井君

高井選手が3年の時に入学してきたのが、ダルビッシュ有選手でした。

寮で二人は同部屋でもあり、厳しい子弟関係もなかったため、ダルビッシュ選手は「高井くん」と呼んでいたほどだそうです。

ただ、雄平がプロ入り後に「ダルビッシュが挨拶に来たとき『高井さん』って呼んでくれたので成長したなって思ったそうでした。

古田は投手として活躍できるか疑問視をしていた

古田は雄平とバッテリーを組んでいたころを思い出す。

「バッテリーを組んでいた時、アイツのとんでもないワンバウンドを必死で止めていたことが懐かしい(笑)。ストライクが入らず、投手としてやっていけるか悩んでいた時期をよく知っているだけに、いまの雄平の姿を見ると本当に感慨深いよ」

なぜ下の名前

高校時代はピッチャーでありながらスラッガー顔負けの長距離砲として活躍していました。大谷選手が活躍するずっと前、そもそも二刀流という言葉自体球界では実現していなかった時代です。

投手としての自分も諦めきれませんでしたが、打者への転向も了承し、久々にバッターボックスに立ちました。ど真ん中のストレートなのに、全く手が出なかったそうです。

サイドスローへのフォーム転向をして、なんとか投手として継続もしたいと直訴をしたものの結果は残せず。2009年秋季キャンプ、ついに打者転向をする決意をします。

その日からはボールをバットに持ち替え、ひたすら素振りをする日々となりました。

「投手の時は高井だったので心機一転、気持ちを新たにしたい」と語り、この時から『投手・高井雄平』はいなくなり、『打者・雄平』が生まれました。

4番バッターにまで成長

2014年、4月下旬から5番打者を務めました。

5月は打率.364、8本塁打、19打点の活躍で、月間MVPを獲得します。

その後クリーンナップに固定され、オールスターゲームにも出場。141試合の出場で打率.316、23本塁打、90打点と充実したシーズンを送った。

2015年は前年と同じ141試合に出場し、8本塁打、60打点と前年より数字を落としたが、10月2日の阪神タイガース戦で14年ぶりの優勝を決定付けるサヨナラタイムリーを放った。

2016年は108試合に減少したが、打率は.296をマークしました。

2017年は右有鈎骨の負傷の影響で71試合の出場に留まりました。

現在・今

雄平が今季限りで現役を引退することがわかりました。15年にリーグ優勝を決めた試合では決勝打を放ちました。

通算で18勝、881安打を記録した背番号41が19年間です。

「お世話になった監督やコーチ、一緒に戦ったチームメート、そして、ヤクルト球団の皆さん。たくさんの人のおかげでここまでプロ野球人生を続けることができたので、感謝の気持ちが一番です」

まとめ

青木・バレンティン・山田がめだっているスワローズですが、雄平も活躍していることが昨年最下位から2位に押し上げた原動力となっているはずです。。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました