新庄剛志の両親は?実家は?英敏と文子が父と母!姉は難病!家族と生い立ち?双子

新庄剛志(ビックボス)
この記事は約6分で読めます。

新庄 剛志は、日本の野球監督、元選手。長崎県下県郡美津島町生まれ、福岡県福岡市南区育ち。

ヨシラバー
ヨシラバー

新庄剛志がビックボスとして活躍をしていますよね。選手にも優しいようにみうけられます。それは育った環境である両親や姉への言動をみているとわかります。新庄剛志はとてもやさしい男ですね。

新庄剛志のプロフィール

国籍日本
出身地福岡県福岡市南区
生年月日1972年1月28日(50歳)
身長体重181 cm 76 kg

新庄剛志の両親は?実家は金持ちでない?生い立ち!双子!巨人ファン!家族と生い立ち

新庄剛志さんの実家は福岡県福岡市南区です。

新庄剛志の実家は金持ちでない?生い立ち!双子でない

新庄剛志さんはお母さんの新庄文子さんの実家・長崎県下県郡美津島町(現・対馬市)で産まれたようです。新庄剛志さんの実家は新庄造園を営んでいましたが、小さい頃は本当に貧乏だったと語られています。

ヨシラバー
ヨシラバー

噂にもなっているようですが新庄剛志は双子ではありません。

噂にもなっているようですが新庄剛志は双子ではありません。

父:新庄英敏:1941年生まれ(2011年・70歳で亡くなる)

母:新庄文子:1944年前後生まれ(年齢・77歳前後)実家は長崎県対馬

姉:新庄真由美:年齢・51歳前後(2歳差)

新庄剛志さんが小さい頃の貧乏生活の思い出をこのように語られていました。

晩飯はゆで卵2つ

1人前のラーメンをお姉ちゃんと2人で分け合う

お父さんの乗っていた車は窓はなく冬場はビニールのゴミ袋で凌ぎ26万㎞も走っていた

ボットン便所で水洗ではなかった。

シャワーはなくて五右衛門風呂で水は1週間使いっぱなし

朝ごはんがなかった

晩御飯のおかずはゆで卵1個、父は2個

家の窓ガラスが割れても修理せず、ビニールを張っていた

車の窓もビニール

野球の靴はスパイクではなく学校の上履き

運動会では裸足で駆けっこ

小学校の時に運動靴を買ってもらったのは1回きり

新庄剛志さんはこのZETTの7500円のグローブを初任給で購入し、以後17年間何度も修理しながら使い続けたということですね。

我々素人の野球ファンからすると

「7500円のグローブでプロとしてやっていけるの?」

とついつい思ってしまいます。

プロ野球選手はかなり高価なグローブをスポンサー契約して使用しているというイメージがあったので、はじめてこの話を聞いたときにはにわかには信じられませんでした。

新庄剛志は幼少期は巨人ファンだったが両親がとめた

新庄剛志は巨人ファンでありメジャーから帰ってきたときに日ハムではなく巨人ファンだったので巨人に行こうとしたそうです。両親が息子の新庄が巨人でプレイするのがゆめだったようですね。

日本ハムを選んでくれてよかった。剛志は日本に帰ってきて、巨人を選ぶつもりだった。というのも、私が巨人ファンで、プロ野球選手として巨人でプレーするのが夢だった。それを知っていたので、最後の親孝行のつもりだったんでしょうね。

 でも、私は“巨人と阪神だけはダメだぞ”と言ってやったんです。剛志は驚いていましたが、“巨人や阪神のような人気球団に入れば、また阪神時代のようにダラッとしてしまう。」

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20211119_1708161.html?DETAIL

新庄剛志の父は新庄英敏

新庄剛志の父は新庄英敏

新庄剛志さんは父親の英敏さんの影響で野球をはじめました。阪神時代もキャンプや公式戦にたびたび顔を見せ「名物パパ」としてファンの間でも親しまれていましたがなくなっています。

英敏さんは2011年8月に食道がんで亡くなったが、新庄氏のことを常に気にかけていたました

新庄剛志がグローブを大切にした理由は父は新庄英敏のおかげ

新庄剛志さんが7500円のグローブを使い続けた理由とはなんだったのでしょうか?

それは父親の英敏さんが新庄剛志さんに伝えた「商売道具を大事にしろ」という言葉があったからです。

新庄剛志さんはそんな尊敬する父である英敏さんの「商売道具を大事にしろ」という言葉を胸にプロ野球生活17年間を一つのグローブで戦い抜いたのです。

新庄剛志の父は新庄英敏の性格

破天荒であけっぴろげな性格合気道の心得がある喧嘩っ早いお酒大好き高校時代毎日野球の練習を見に来ていたそうです。

父親の英敏さんはお酒好きで朝まで飲むこともあったというですが、どんなに遅くなっても次の日はちゃんと仕事にいっていたのを新庄剛志さんは子供のころから見ていたと言います。

新庄剛志さんと父は新庄英敏のエピソード

新庄剛志さんと父は新庄英敏の高校時代のエピソードがあります。

新庄剛志さんが冬の野球の練習の時、素手で行っていたもののついに我慢の限界が来て父親にこれまで何か買ってほしいと言ったことがなかったが、革手袋がほしいとお願いしました。

すると父の 英敏さんは息子のために自分は仕事でする手袋を新調しないで我慢し、素手で仕事をして革の手袋を買ってくれたということです。

「疲れた」とか「今日は休み」なんて絶対に言わないところは尊敬していた

11年に執り行われた父・英敏さんの葬儀のときには現役引退後から移住したバリから緊急帰国している。

新庄剛志さんはこの大切な7500円のZETTのグローブを、英敏さんの葬儀の際にお棺の中に一緒にいれたそうです。

合計4回大きな修理を行うことで何とか17年間プロ生活を耐えてきた愛用のグローブもいよいよ限界がきていたようです。

新庄剛志の母は新庄文子

新庄剛志の母は新庄文子

朝ごはんがなかったのか新庄の少年時代だったとお伝えしました。ただ、朝ごはんがなかった理由を新庄剛志さんはかたっています。そして晩御飯のゆで卵1個のおかずだけということは、新庄剛志さんの子供の頃の栄養確保は学校給食に頼っていたようです。

お金がないせいもあるんだけど、母ちゃんが低血圧だったせいもある。

新庄剛志の姉は?難病

監督就任の話が持ち上がる以前に、プロ野球のトライアウト(入団テスト)に挑戦する真意を語るとき、そのきっかけが、難病と闘う2つ年上の姉の存在だったと打ち明けていました。

新庄剛志の姉は?難病

新庄剛志さんの姉・真由美さんの顔画像や高校時代、姉弟のエピソードなどをご紹介してきます。

新庄剛志さんの姉の名前は「真由美」さんです。2021現在51歳なので、新庄剛志さんとは2歳差の姉弟です。

目鼻立ちがはっきりしていてとてもお綺麗な方ですよね!新庄剛志さんともやはりどことなく似ているのではないでしょうか

新庄剛志の姉は難病?

新庄剛志の姉は難病?

新庄剛志の姉は難病だそうです。週刊誌や『直撃!シンソウ坂上SP』で語っています。

「姉ちゃん、います。難病なんですよ。歩くと筋肉がグーッと萎縮しちゃう。で、真っ黒に肌がなる体になってしまって……このプロ野球を目指すというのは、姉ちゃんにも見せたいっていうのもあるんですよ」 

「姉ちゃん、います。難病なんですよ。歩くと筋肉がグーッと萎縮しちゃう。で、真っ黒に肌がなる体になってしまって……このプロ野球を目指すというのは、姉ちゃんにも見せたいっていうのもあるんですよ」

引用元:新庄 球界に戻る背景に難病の姉

まとめ

日ハムになっても新庄剛志がかっこいい理由がわかりますよね。本当に優しい人間です。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました