髙橋光成の年俸!結婚!嫁!実家がリンゴ園!前橋育英高校時代!甲子園!子供!父と母!

この記事は約5分で読めます。

髙橋光成の年俸!結婚!嫁!実家がリンゴ園!前橋育英高校時代!甲子園!子供!父と母!

前半の連勝で良い投手だという錯覚を周りにさせていただけでシーズン通しての投球内容は今井より酷かったというオチでしたね。

そんな、 髙橋 光成の『年俸!結婚!嫁!実家がリンゴ園!前橋育英高校時代!甲子園!子供!父と母! 』についてお伝えします。

西武・髙橋光成の年俸!結婚!嫁!実家がリンゴ園!前橋育英高校時代!甲子園!子供!父と母!

生年月日1997年2月3日(24歳)
出身地群馬
経歴前橋育英高(甲) – 西武15年
ドラフト2014年1位西武
今季年俸6700万円

年俸は?

2700万円アップの年俸6700万円でサインしています。20試合に登板し、8勝8敗、防御率3・74の数字をマーク。120回1/3を投げ、自身初の規定投球回に到達しました。

年俸(推定)チーム背番号
2021年6700万円埼玉西武ライオンズ13
2020年4000万円埼玉西武ライオンズ13
2019年1850万円埼玉西武ライオンズ13
2018年2150万円埼玉西武ライオンズ17
2017年2300万円埼玉西武ライオンズ17
2016年1800万円埼玉西武ライオンズ17
2015年1300万円埼玉西武ライオンズ17

結婚!嫁

高橋光成選手のプライベートでは2019年に結婚しています。1月1日に群馬県沼田市役所に婚姻届をだしています。

気になる高橋光成選手の結婚のお相手ですが、群馬県出身の1歳年上の一般人女性です。

また、高橋光成選手は21歳で結婚と、一般的に言えば言えばかなり早い結婚になります

【西武】高橋光成が結婚発表 22歳一般女性と元日に

西武・高橋光成投手(21)が29日、球団を通して結婚したことを発表。相手は群馬県出身の22歳の一般女性で、1月1日に群馬県沼田市役所に婚姻届を提出した。

 高橋は「守るべき人ができたので、より一層野球に集中できます。食事面や体のケアなど、サポートしてもらいながら二人三脚で頑張ります」とコメントした。

 昨季は右肩痛もあり、1軍では3試合に先発して2勝1敗、防御率4・50にとどまった。けがをしない体づくりのために、今オフはマリナーズへ移籍した菊池の下で自主トレを行い肉体改造。ウェートで自己最高の105キロまで増量した。「手足が長い分、筋力を補わないとブレてしまう。感覚は良くなってきています」と、自信を見せた。

 辻監督は「責任も出てくるし、頑張れる。励みにしてくれたら」とエールを送った。

 5年目を迎える今季。背番号を「13」に変更した右腕が、ブレイクを狙う勝負の年に、一家と投手陣の柱として飛躍を誓う。

高橋光成は

「守るべき人ができたので、より一層野球に集中できます。食事面や体のケアなど、サポートしてもらいながら二人三脚で頑張ります」

と、結婚をキッカケに大きく飛躍していくことを決意していましたね。 高橋光成選手をしっかり支えてくれる女性であることは間違い無いでしょう

高橋光成選手の結婚相手の方の情報ですが、残念ながらこれ以上の情報は出てきませんでした。

辻監督は「責任も出てくるし、頑張れる。励みにしてくれたら」とエールを送っていました。

実家がりんご園!父が運営

高橋光成選手の実家はりんご園です。こちらのりんご園は地元沼田市でも「高橋りんご園」はかなり有名で高橋選手のお祖父さんの代から運営されていて

とてもあたたかい雰囲気でもてなして下さるそうです。

りんごの種類もたくさんあり蜜もいっぱい入っていてとてもおいしいそうです!

幼少期は祖父母のりんご園を手伝い、祖母の握るおにぎりを食べて育ってきました。

「(祖父母を)パパ、ママって呼んでる。ほんとたくさんお世話になって。(体が大きくなったのもおにぎりの)おかげです」と恩返しの白星を届けた。

「祖父母がりんご園をやっています。りんごを食べたいと言ったらいつでも出てくる状況でした。りんごは日持ちするので、シーズンだけでなく、いつでもありました」

「1日1個のりんごは医者いらず」と言われるくらい体にいい果物だとされていますね。

ペクチンという整腸作用を助ける成分だけでなく血糖値の上昇を抑え、更に加熱してもジュースにしても栄養を壊すことなく食すことが出来る素晴らしい食物です!ライオンズでも「野球観戦付きバスツアー」を今年も実施しています!

前橋育英高校時代

2年生エースとして群馬の前橋育英を牽引し、同校の夏の選手権初出場初優勝の立役者となった髙橋 光成です。

やはり”甲子園優勝投手”というイメージがあります。

中学は軟式野球部に所属。中学の先輩の影響で前橋育英に入学すると、1年夏からベンチ入りを果たし、2年夏にはチームのエースとして、夏の甲子園に出場します。

1回戦の岩国商戦で9者連続含む13奪三振、完封という見事な成績で一躍脚光を浴びた。

とても高校生とは思えない投球術、変化球の切れ味に来年の上位候補と期待させるものがあったが、物足りなさを感じたのがストレートの力強さであった。140キロ前半だった速球が、力のある145キロ前後の速球にまでレベルアップすれば、間違いなくドラフト1位候補として取り上げられる逸材と見ていたました。

 ストレートだけではなく、変化球のキレも良い。小さく横にすべるスライダー。縦に鋭く大きく落ちるスライダーの切れは健在で、簡単にはミートが出来ない代物だ。横スラ、ストレートでカウントを稼ぎながら、追い込んでからは落差あるフォークで、三振を狙う配球を見せている。またカーブの使う頻度は少ないが、打者の狙いを外す意味では、大きな効力となっており、使いどころがうまいのです。

髙橋 光成は2013年の甲子園の1番のヒーローとなりました。

まとめ

西武ライオンズのエースです。プライベートは順調ですが、成績で期待をしている人がいます。甲子園のスターが伸びるのを証明してほしいですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました