髙橋光成の高校時代? faはいつ?実家が高橋りんご園!甲子園 成績は?

西武
この記事は約4分で読めます。

髙橋 光成(たかはし こうな、1997年2月3日 – )は、群馬県沼田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属です。

ヨシラバー
ヨシラバー

西武ライオンズには甲子園の優勝ピッチャーが多いですよね。昔なら松坂、今なら今井と高橋です。高校時代の活躍をおつたえしたいと思います。またりんご園についてもお伝えします。またFAはいつなのかも調べましたのでお伝えします。

前橋育英は初出場で初優勝となったエースピッチャーです。2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1巡目指名を受け、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1300万円(金額は推定)で合意し、入団しました。

生年月日 1997年2月3日(24歳)
出身地 群馬
経歴 前橋育英高(甲) – 西武15年
ドラフト 2014年1位西武
今季年俸 6700万円

髙橋光成の前橋育英高校時代?甲子園 成績

前橋育英高等学校に入学すると1年生の夏からベンチ入りし、秋にはチームのエースになりました。

高校二年で甲子園優勝投手

 2年生の時は第95回全国高等学校野球選手権大会初戦の岩国商業高校戦で連続奪三振数で歴代2位の9者連続奪三振を記録、完封します。

2回戦も完封します。3回戦で1失点(自責点0)完投、準々決勝ではリリーフで登板し、準決勝では1失点(自責点0)完投勝利で勝ち上がりました。延岡学園高校との決勝では3失点(自責点2)完投勝利を収めました。

 前橋育英は初出場で初優勝となりました。大会通算成績は6試合50回を投げ自責点2、防御率0.36でした。

 大会後は8月30日から9月8日まで国際野球連盟の主催で行われた第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選ばれた。

高校3年では健大高崎に県大会で敗れる

3年生の時は第96回全国高等学校野球選手権群馬大会3回戦の健大高崎高校戦で、脇本に逆転打を打たれるなど6失点を喫し、チームは敗退。

 大会後に9月1日から6日までアジア野球連盟の主催でタイのバンコクで行われた第10回18Uアジア野球選手権大会の日本代表に選ばれました。

 フィリピン戦では5回、チャイニーズタイペイ戦では4回2/3をそれぞれ投げ共に自責点0だった

髙橋光成のFAはいつ?

髙橋光成のFAはいつ?

25歳でプロ年数は8年です。髙橋光成のFAは国内FAは2年で海外FAは3年です。

西武ファンとしてきになるのはFAはするのかどうかですよね。西武ライオンズからFAで移籍している選手がおおくいます。ここでFAをされてしまうと困りますよね。

髙橋光成の実家が高橋りんご園!

高橋光成選手の実家はりんご園です。こちらのりんご園は地元沼田市でも「高橋りんご園」はかなり有名で高橋選手のお祖父さんの代から運営されていて

とてもあたたかい雰囲気でもてなして下さるそうです。

りんごの種類もたくさんあり蜜もいっぱい入っていてとてもおいしいそうです!

西武ライオンズも

西武ライオンスでは高橋りんご園ツアーをしています。

高橋光成投手の実家が営む「高橋りんご園」でのりんご収穫体験を楽しんだあとはメットライフドームで野球観戦をお楽しみいただけます。

幼少期はりんごで育つ

幼少期は祖父母のりんご園を手伝い、祖母の握るおにぎりを食べて育ってきました。

「(祖父母を)パパ、ママって呼んでる。ほんとたくさんお世話になって。(体が大きくなったのもおにぎりの)おかげです」と恩返しの白星を届けた。

「祖父母がりんご園をやっています。りんごを食べたいと言ったらいつでも出てくる状況でした。りんごは日持ちするので、シーズンだけでなく、いつでもありました」

「1日1個のりんごは医者いらず」と言われるくらい体にいい果物だとされていますね。

ペクチンという整腸作用を助ける成分だけでなく血糖値の上昇を抑え、更に加熱してもジュースにしても栄養を壊すことなく食すことが出来る素晴らしい食物です!ライオンズでも「野球観戦付きバスツアー」を今年も実施しています!

まとめ

高校時代の活躍やプロでの活躍はりんご園の力があったんですね。アップルパンチではないですが何かあだ名はないでしょうか。

 

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました