【巨人】岡本和真の師匠は誰?元木大介、村田修一、二岡智宏、松井秀喜?

元木大介の岡本へのノック量がすごいですね!賛否両論ありますが雰囲気が良くていいのではないでしょうか。

岡本和真と元木大介に師弟関係ができた?となんJでスレが立っています。岡本の師匠多すぎですが、みなさんは誰を思い浮かべますか?

岡本和真の師匠といえば?

View Results

Loading ...
Loading ...
 Loading ...

岡本和真とは

ジャイアンツの右の大砲。

出身地 奈良県五條市
生年月日1996年6月30日(22歳
身長体重185 cm96 kg
投球・打席右投右打
ポジション一塁手、三塁手、左翼手
プロ入り2014年 ドラフト1位
初出場2015年8月28日
年俸8,000万円(2019年)
経歴 智弁学園高→巨人

元木大介「鬼ノック」

先日は元木大介コーチの熱血指導を受けていました。

おお!こんなYouTubeチャンネルが!!

「坂本勇人を跳ね除けるチームリーダーになって欲しい」
「ソフトバンクの松田のような声で引っ張る存在に」

二岡智宏「フォームが無駄」

2018年5月14日放送のGET SPORTS 岡本和真 ~覚醒の理由~ではつきっきりで指導する姿が放送されていました。

二岡コーチは岡本の打撃フォームを見て「無駄な動きが多く、1軍では通用しない」と見ていました。そこで二岡コーチの元で岡本の打撃フォーム改造にかかりましたね。

松井秀喜「下半身だけ考えろ」

毎年松井秀喜は宮崎キャンプで臨時コーチを受けており、岡本和真をマンツーマン指導し「下半身だけ考えろ!」と指摘。下半身を意識して打つようにしたところ、ホームランを量産するようになりました。

村田修一「憧れ」

岡本はもともと村田修一に憧れていました。

「憧れの選手だったので、いろいろ教えてもらって本当にうれしかったし、ありがたかった。自分は(村田を)ライバルと思ったことはないです。実力も経験も、天と地ほど差がありました」

中村剛也「自主トレ」

2017年オフは、タイプが似ているバッターの中村剛也には自ら自主トレを志願。「品のある打球」「脇を締めて打つ」「厚く打つ」など独特の表現を交えつつマンツーマン指導。

「40発打法」を習得する。巨人岡本和真内野手(22)が通算385本塁打の西武中村剛也内野手(35)と都内で昨年に続き2度目の合同自主トレを行った。今季は、6度… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
岡本和真が大活躍ですね。岡本和真の躍進に一役買っているといわれているのが西武のおかわりくんこと中村剛也。他球団で年齢も一回り以上違いますが2...

まとめ

すごい選手ばかり。元々の素質もありますが、名選手の教えを素直に取り入れる性格が良いですね!

シェアする