滝澤夏央の兄や身長!ドラフトや高校時代!守備!彼女&結婚!中学時代!なつお

滝澤夏央の兄や身長!ドラフトや高校時代!守備!彼女&結婚!中学時代!なつお西武
滝澤夏央の兄や身長!ドラフトや高校時代!守備!彼女&結婚!中学時代!なつお
この記事は約4分で読めます。

滝澤 夏央(たきざわ なつお、2003年8月13日 – )は、新潟県上越市出身のプロ野球選手(内野手)。埼玉西武ライオンズ所属

6歳の時に地域の幼年野球三郷タイフーンで軟式野球を始め、上越市立城西中学校では軟式野球部で内野手と投手を務めた他、新潟県KWBクラブ選抜に選ばれました。

出身地 新潟県上越市
生年月日 2003年8月13日(18歳)
身長 164 cm
体重 65 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2021年 育成選手ドラフト2位
初出場 2022年5月13日
年俸 450万円(2022年

滝澤夏央のドラフト評価!関根学園高等学校!高校時代!甲子園は?

1年春に背番号4、1年夏には背番号6をつけ二塁手のレギュラーとなり、2年秋には県大会3位、北信越大会ベスト4入りを果たました。

 秋季北信越大会では、準決勝で敦賀気比と対戦し、1点リードの8回からマウンドに立ったが、9回2死1,2塁から同点打を許し、延長10回にエラーが絡んで逆転負けを喫しました。

 3年春の県大会では、準決勝の新潟明訓戦で3打数3安打3得点、1盗塁を記録し決勝進出に貢献。決勝では新潟産業大学附属に敗れたが、その試合でも初回に右前安打で出塁しました。

 以降は腰痛で戦列から離れ、夏の県大会直前までの練習試合にもその姿はなかったが、夏の新潟大会準々決勝の日本文理戦でいきなりマウンドに立って実戦復帰。しかし、延長10回に3点を失ってチームは敗れ、甲子園出場は叶いませんでした。

ドラフト評価は?

俊足好守型内野手です。打撃は巧打型です。
ミート力は普通ですが、パワーはないです。
小柄な巧打者であり、2,8,9番打者タイプでした。

プロ入りしたことを想定すると、俊足好守型の内野手という感じ。
守備走塁で貢献していくタイプの選手。

ドラフトでは現時点では育成指名または指名漏れあたりが予想される選手。
俊足に注目して指名する球団はあるかもしれない。
今後の活躍に期待。

埼玉西武ライオンズから育成ドラフト2位指名を受ける。機敏な動きの牛若丸遊撃手。
まずはじっくり育成し、次世代の守備のスペシャリストとしての活躍が期待される。

滝澤夏央の身長は?

身長164cmです。2022年現在の現役選手で最も身長が低いです。中学3年生男子の平均身長より低い。

「自分の体でしかできないプレーもある。それはスピードであったり、守備力は誰にも負けないという気持ちでやっている。身長で何度も悩まされたことあったこともあったのですが、これからは身長が関係ないというところを見せられるように。この身長でもできるというところ、夢や希望を与えられる選手になれるように頑張りたい」

滝澤夏央のポジションは守備がうまい!

ショート、セカンドが主なポジションだが、「将来的にはどこでも守れる選手になることが目標の1つ」と思い描く。「どんな形でもチームの勝利に貢献できるようにしたい」と強調する。

渡辺GMは「守備だけなら、1軍で守っても大丈夫。遅かれ、早かれ支配下があると思っていた。彼が1軍の試合でショートを守っている姿を想像するだけで楽しみ」

と話しています。

滝澤夏央は足が速い

50メートル5秒8の俊足が武器です。また、スピードを生かした守備やバッティングが持ち味です。

滝澤夏央の彼女や結婚は?

滝澤夏央の彼女がいる情報はありませんでした。

高卒ルーキーで彼女はいる情報は中々世に出ていないことが多く、指名を受けた選手たちはこれまで野球一筋で高校生活を送ってきた印象が強い。

滝澤夏央もこれまで野球一本に集中して取り組んできた選手ではあるが高校時代に彼女はいた可能性もあります。

まとめ:なつお

なつおとして西部ファンの心をつかんでいます。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました