【巨人】亀井善行の年俸は安い?背番号「24」?高橋由伸との関係

丸佳浩がつける背番号ですが、巨人は原辰徳の「8」、高橋由伸の「24」を提示していますが、「24」はまずいのでは?と議論になっています。

FAで巨人入りを決めた丸には、原監督が現役時に背負っていた背番号「8」に加え、高橋前監督が今季まで背負っていた「24」も提示された。丸にとって、同じ左打ちの高… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ファンにとっての背番号「24」「8」

「24」は20年間で由伸1人だけ

背番号「24」は、1998年〜2018年まで高橋由伸が20年間も大切にして来た番号でした。由伸がもし監督として復帰した時のために「24」は残しておいてほしい気もしますね。

背番号「8」は仁志ら3人着用

原辰徳ファンの私としては、番号「8」は「24」より重くないという風潮にはちょっと腹が立ちますが、実際「8」は3人着用しているので免疫ができているのかもしれませんね。

若いファンは現役時代の原さんを見ていませんし。

原辰徳(’81〜’95)
仁志敏久(’96〜’06)
谷佳知(’07〜’13)
片岡治大(’14〜’17)

ファン「亀井さんなら24を着用OK」

亀井と高橋由伸の関係が深いことから、亀井善行であれば背番号24を継承してもええんちゃうか?という声が上がっており、同意の声も多数。

なるほど、丸も広島の背番号「9」をそのまま使えます。

亀井善行と高橋由伸は師弟関係

イケオジ亀井は原辰徳の愛人と昔言われていましたが、由伸との関係も深いんですよね〜。

自主トレ仲間

亀井は「由伸チルドレン」と言われ、2008〜5年間は沖縄自主トレでともに汗を流していました。

2009年自主トレ

 巨人高橋由伸外野手(33)脇谷亮太内野手(27)亀井義行外野手(26)隠善智也外野手(24)中井大介外野手(19)の5選手が9日、自主トレ先の沖縄に到着した。...

2018年は脇谷とともに

 脇谷と亀井は、由伸監督の現役時、門下生として沖縄自主トレに帯同していた。近年はそれぞれ後輩を従えて別々にトレーニングしてきたが、8年ぶりにサイパンで由伸チルドレンが合流する形になる。 脇谷が「去年は(亀井は)代打で成績【巨人】

由伸ルーティンを真似

代打で登場前には由伸のルーティンを真似していました。

亀井「由伸監督の現役時代の動きを見ていたの で、それをマネしている」

 巨人・亀井がお立ち台で「それが一番うれしいです」と言ったのが、高橋監督の笑顔。昨季は「喜怒哀楽」をあえて抑えた指揮官の、ベンチで両手を叩き、右腕を上げて喜ぶ姿だった。

亀井を抱きしめる由伸

2人の関係を知っているファンはこの抱擁に熱視線。

亀井さんの背番号は25番だった

由伸との師弟関係を象徴するのが背番号。同じ左打ちの外野手の由伸の「24」に少しでも近づきたいという思いで、一番近い数字を選んだんですよ。

美容院も一緒?

なんと2人は美容院も一緒(笑)

亀井義行が2019年も契約も年俸は安い

1800万円増の7000万円でサイン(金額は推定)。

外野手のライバルに対し「毎年毎年、補強はある。でも、自分の立場は変わらないし、うまくサポートして原監督を胴上げしたい」と言い切っています。

まとめ

巨人は背番号のシャッフル中。亀井さんの背番号「24」は一度見て見たい気もしますが、「9」のままでいいと思いますけどね。

丸の背番号問題は「丸く」収まればいいですね。