【阿部慎之助の高校時代と中央大学?】若い頃!安田学園?出身校?出身高校!巨人

阿部慎之助
この記事は約6分で読めます。

阿部慎之助の若い頃は、安田学園高校時代から中央大学時代まで、彼の幼少期から始まりました。

  若きルーキーとして頭角を現し、その才能には多くの期待と希望が寄せられました。

 そしてとうとう監督を迎えることとなりました。心からおめでとうございます。

 この節目に立ち止まり、時代の流れを感じることができます。

阿部の明るさと逞しさには、多くの人々が励まされ、導かれてきました。慎之助よ、永遠にこのままの姿勢で輝き続けてください。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は【阿部慎之助の高校時代と中央大学?】若い頃!安田学園?出身校?出身高校!巨人についてお伝えします。

項目内容
名前阿部慎之助
生年月日1979年3月20日
国籍日本
出身地千葉県浦安市
身長180cm
体重86kg
投球・打席右投左打
ポジション捕手、一塁手
プロ入り2000年 ドラフト1位(逆指名)
初出場2001年3月30日
最終出場2019年10月23日
経歴(プロチーム在籍年度)読売ジャイアンツ (2001 – 2019)
監督・コーチ歴読売ジャイアンツ (2020 – )

【阿部慎之助の高校時代中央大学?】安田学園?学歴?若い頃!出身高校!

打って守れるチームの

幼少期は?

阿部慎之助の名前の由来は「池畑慎之介☆」さんのファンだったお母さんが名づけました。

幼少期の写真も今の阿部慎之助そのまま。

またお父さんの元チームメイトという縁もあり掛布雅之に憧れていました。今年のキャンプではエールも送る。

掛布「敵のチームを応援するのは失礼な話なんだけど、子供の頃から知っているので、最後まで頑張ってもらいたい」

安田学園高校時代

第一志望に不合格

高校は東京(野球場は鎌ヶ谷)にある安田学園の野球部に所属。第一志望の高校に不合格となり「高校時代は良い思い出がない」と語る。

ただその頃から野球センスと意識の高さは健在で「阿部のためにネットの位置を2m上げる」エピソードや「プロ野球選手に俺はなる」と発言をしていました。

高校受験の失敗がなければ、野球人生は大きく違うものになっていたかもしれない。第1志望だった高校にまさかの不合格でした。

安田学園(東京)入学

2次募集をしていた安田学園(東京)に、何とか滑り込んだのです。

同校の中根康高監督(当時)は、中学時代の阿部のことをほとんど知らなかったそうです。

もともと阿部が志望していた学校の野球部の監督と知り合いで、その人からどんな選手か聞いていた程度ででした。

阿部のプレーは入学直前に初めて見たという。「体つきはちょっとポチャッとして、柔らかいキャッチボールしているなという感じ。バッティングはミートのうまい選手だなという印象」。

捕手はそこまでうまくなかった

他の選手と比べてずば抜けてうまい、というほどではなかった。

「ミートは柔らかくうまかったんですが、飛距離は大したことがありませんでしたね。ただ、意識が他の選手とは全然違いました。阿部の同級生から聞いたんですが、入ったときからプロになりたいと言っていたようです」(中根康高)

部当初はレギュラーではなかったが、阿部のプレーは堂々たるものだった。控えメンバー中心に組んだ練習試合で、捕手として試合に出場。上級生の野手に向かって「レフトこっち」「ライトこっち」と守備位置を指示していた。中根監督は「普通だったら上級生に交じったら気後れしてできない。ちょっとモノが違うなと思った」と振り返る。

96年7月6日、東京学館との練習試合で、阿部は攻守において素晴らしいプレーを連発します

「肩の強さ、コントロールは高校生では頭抜けている。大学、社会人を入れても5本の指に入るのでは。足は遅いが、フィールディングも優れている。送球の形、地肩の強さも屈指。打は馬力で押すプルヒッター。パワーは感じるが、バットをムチのように使うしなやかなに欠ける(上体で打ちに行くため)」
評価欄には最高評価の「☆」印がつけられていた。しかし、入学当初の印象は3年生の頃とはいささか違ったようだ。

 安田学園は野球練習場は遠く離れた千葉県鎌ケ谷市

 安田学園はJR両国駅に近い墨田区にあるが、野球練習場は遠く離れた千葉県鎌ケ谷市にある。

野球部の全体練習は午後4時ごろとちょっと遅めのスタートで、午後9時ごろまで。その後に行う個人練習で、全体練習で足りない部分を補っていた。

精神的に強かった

 中根監督は「1年生なんかは体力的にも精神的にも大変なので、早く帰っちゃうが、慎之助は最後まで残ってやっていた」と思い返す。

 その努力の成果は徐々に実を結び、1年生の夏の段階ですでにレギュラーを奪取。上級生にうまい捕手がいたため、ポジションは三塁手だった。甲子園予選の東東京大会で敗れ、3年生が引退してから正捕手に座についた。

個人の能力はみるみる上昇する一方、甲子園とは縁のない高校生活だった。3年生の夏もチームは東東京大会でコールド負けでした。

【阿部慎之助の中央大学?】学歴?若い頃!出身高校!

中央大学時代

強豪の中央大学に進学する。1年の時から日本代表に選出されるなど注目選手に。才能が世間に見つかりました。

ジャイアンツを引っ張る兄貴分の才能はこのころに培われたのか。後輩にも慕われていたみたいです。

「すごく物静かでしたね。人見知りで、グラウンドにいる時はあまりしゃべらなかったという印象です。アマチュアの選手同士で固まっている時はワイワイやってましたが、プロの中に1人で入ってしまうと喋らなかった

打撃センスに光っていた

ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、プロ入り前からそのとてつもない打撃センスに驚かされたという。

「阿部が大学生だった当時、アマチュアの有力選手をプロのキャンプに派遣するという制度があったんです。確か大学3年生だったと思いますが、阿部は当時、私が所属していた日本ハムのキャンプに来て、シート打撃で岩本(勉)からバックスクリーンへ特大のホームランを打ちました。これはすごいなと驚きましたね。2週間くらい一緒に練習をして、守備はまだまだだなと思いましたが、バッティングは凄いものがあるなと。大学生が、その当時エースだった岩本から、まだ調整段階とはいえ特大のホームランを打った。その一打があまりにも鮮烈で、プロに入ったらとんでもない打者になるなと思いました」

「例えば、3連戦の頭にミーティングをすると、その中で『今回状態がいい選手』として必ず名前が出てくるのが阿部でした。『状態が悪い時はあるのか。いつもいいじゃないか』と。そういう選手でした。ストライクゾーンの中だけで勝負しようと思ったら絶対に抑えられないバッターでしたね。ボールゾーンを使ったり、足を動かすようにして、時にはひっくり返したこともありましたが、どうにかしてボールを球を振らせかった。でも、ボール球をヒットにされたこともありました。ローボールヒッターとかハイボールヒッターとか、インコースがうまいとかアウトコースがうまいとか、そういうくくりの中には入らないバッターでした。ストライクゾーンの中は大体ヒットにしてしまうバッターでしたね」

まとめ:【阿部慎之助の高校時代と中央大学?】若い頃!安田学園?出身校?出身高校!巨人

いかがでしょうか?【阿部慎之助の高校時代と中央大学?】若い頃!安田学園?出身校?出身高校!巨人についてお伝えしました。

40歳おめでとうございます。400本塁打もあと数本です。「最高でーす」を聞かせてくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました