MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【安田尚憲彼女は?】韓国とは?結婚?兄や父や嫁?兄弟?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり 

【安田尚憲彼女は?】韓国とは?結婚?兄や父や嫁?兄弟?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり 

ロッテ・安田尚憲の彼女は!家族は韓国?兄は安田亮太!父は安田功!母は安田多香子

日本ハムの清宮やヤクルトの村上が活躍しているなかで、安田の期待してしまいますね。

藤原がドラフト1位で入ったことで影が薄くなったような気もしますが、今年はどうなんでしょうか。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は【安田尚憲彼女は?】韓国とは?結婚?兄や父や嫁?兄弟?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり についてお伝えします。

項目内容
名前安田 尚憲
ニックネームヤス
所属千葉ロッテマリーンズ
背番号5
ポジション内野手 (三塁手、一塁手)
生年月日1999年4月15日
出身地大阪府吹田市
血液型A型
投打右投げ左打ち
身長/体重188cm/95kg
プロ入り2017年ドラフト1位
プロデビュー2018年8月10日
最高年俸4200万円 (2023年)
打撃成績打率.226、本塁打15、打点117 (2022年終了時)
守備成績守備率.987 (三塁手、2022年)
その他U-18日本代表、U-23日本代表
目次

【安田尚憲の彼女は?】結婚?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり 

安田尚憲の彼女は?

日本球界を代表するスラッガーへと成長するでしょうから、サポートしてくれる女性の存在というのがほしいですね。

履正社高校では野球漬けの毎日で遊んでいる時間はほとんどないとは思いますが高校生ならやはり彼女が欲しい時期でもあります。

人気急上昇と共にファンからは安田選手に彼女がいたのでしょうか。

好きなタイプ

彼女の情報があるのか早速調べて見ましたが今のところ彼女に繋がる情報は一切ありませんでした。好きな女性のタイプは女優・長澤まさみさんだそうです。

【安田尚憲の韓国とは?兄や父や嫁?兄弟?ロッテやすだひさのり 

韓国とは?

安田選手に「韓国」というキーワードがちらついているので、

調べてみましたが、嘘の情報であることが分かりました。

安田という名前に在日韓国人が多いという、ただそれだけのようですね。

父は安田功(やすだいさお)

元々学生時代は陸上部に所属していましたが長距離ではなく短距離を専門にしていました。

選手として大きな結果を出すことはできませんでしたがその後は指導者として大活躍。

中学校で23年もの間指導した後、2007年から大阪薫英女学院で指導。

2014年、2016年の全国高校女子駅伝で2度優勝に導いています。

母は?安田多香子

安田尚憲選手の母親の名前は、安田多香子さん。

母・多香子さんもアスリートで、槍投げで近畿大会を制し、国体出場経験もあるなど有名な選手でした。

父も母も一流のアスリートだったので、安田尚憲選手にもそのDNAが引き継がれた形ですね。

兄は?安田亮太

安田尚憲の兄は、三菱重工名古屋でキャプテンとして活躍している安田亮太(やすだ りょうた)です。

高校はPL学園の出身であり、このときから現在に至るまで捕手として活躍しています。
甲子園の出場経験は2回。3年である2005年を除いて全国に出場している高校で野球をやってきました。

進学先は明治大学。ここでも野球を続けており、学生野球の祭典ともいえる「明治神宮野球大会」ではベスト4入りを果たすほどに実力を上げていました。

あんまり知られて無いような気もしますけど、弟の尚憲選手がドラフト会議で話題になったら、真っ先に注目される親族だと断言できます。

まとめ:【安田尚憲彼女は?】韓国とは?結婚?兄や父や嫁?兄弟?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり 

いかがでしょうか。

【安田尚憲彼女は?】韓国とは?結婚?兄や父や嫁?兄弟?好きなタイプ?ロッテやすだひさのり についてお伝えしました。

村上や清宮が活躍をしていますので、今年は安田も刺激をうけているでしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次