MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

山本泰寛の現在?怪我?嫁は?結婚!子供?実家!父親?イケメン?阪神

阪神・

山本泰寛の嫁・奥さんは?結婚!年俸も!子供もいる?彼女!イケメンで金銭トレード!

吉川尚輝が怪我により、2軍に抹消となりました。巨人の調子の良さは吉川尚輝といってもよかったと思います。

怪我をしても田中俊太がセカンドを守ると思っていましたが、活躍しているのは山本でした。

山本は慶応大学卒業でイケメンであり、パンチ力もあるのですが、なかなかスポットライトを浴びることができませんでした。

原監督は「甘いボールではないボールをヒットにできている。そこに価値がある」と称賛しており、レギュラーも確約しています。

そんな山本ですが、山本ガールズといわれる存在や彼女などはいるのでしょうか。

山本は慶応高から慶大に進み、15年ドラフト5位で巨人に入団。

4年目の昨季に自己最多92試合に出場した。成績は打率・232、2本塁打、10打点ながら堅実な内野守備でもリーグ優勝に貢献。今年は開幕直前の故障もあり、ここまで2軍で調整している。

出身地東京都荒川区
生年月日1993年10月10日
身長

 

体重

176 cm

 

76 kg

投球・打席右投右打
ポジション遊撃手、二塁手
プロ入り2015年 ドラフト5位
初出場2016年5月1日
年俸1850万円(2019年)
目次

山本泰寛の現在?怪我?嫁は?結婚!子供?イケメン?阪神

山本 泰寛の現在は?怪我

2022年は移籍後最多となる86試合に出場しています。ただ、現在は2塁主争いでなかなか一軍にあがれず2軍にいるようです。

今年から中野がショートからセカンドともにコンバートとなり、糸原も試合の出場がへっていますからね。

ショートは若返りを図ろうとおもっていたのですが、キナミが活躍していますかね。

阪神山本泰寛内野手(28)が、出場選手登録を抹消された。球団によると、4日ヤクルト戦(甲子園)で右目付近へ自打球が直撃した際の症状が残っており、9日に兵庫県内の病院を受診して経過観察をすることになったという。

引用元:【阪神】山本泰寛が現在怪我?抹消 4日の自打球の症状残る(日刊スポーツ)

山本 泰寛の彼女・結婚は?イケメン

改めて見るとルックス的には巨人顔でイケメンの山本選手。1年目からグッズが売り切れるなど人気もなかなかなものです。

山本選手の彼女の情報については特に情報はありませんでした。

慶応ボーイで巨人の選手なのでモテるのは間違いないはずです。

まだ25歳と若い選手ではあるので、これからどんどん活躍をしていくうちに

いい女性と出会ってほしいですね。

山本選手の彼女の情報については情報が出たら追記しますね。

なんと結婚してた

山本泰寛内野手が、MBSの辻沙穂里アナウンサー(26)と結婚していたことがわかりました。ともに慶大出身で、山本が1年先輩になります。

知人の紹介で知り合って、交際がスタートします。

昨年婚約し、今年に入って婚姻届を提出した。お互いの仕事を優先して別居していました。

嫁・奥さんはどんな人?辻 沙穂里(つじ・さおり)

1994年5月17日、東京都生まれの26歳です。

東京学芸大附高から慶大商学部を経て2018年、MBSに入社します。

「ちちんぷいぷい」「ミント」などに出演。ラジオは「ばんぱく宣言 われら21世紀少年団」のパーソナリティーを務める。囲碁はアマ六段の腕前。特技は書道。

子ども生まれた

最近になって辻アナの懐妊が判明。アシスタントを務めていた「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)の番組を、10月12日放送分をもって休養に入るそうです。

慶応大学卒業で追っかけも多かったイケメン山本

甘いマスクの元慶応ボーイ。2軍時代はジャイアンツ球場で、追っかけファンが多く見られたそうです。山本がグラウンド内を移動すれば、カメラを構えた「山本ガールズ」もスタンドを移動しました。

山本泰寛の現在?実家!父親?阪神

山本泰寛の実家は東京都荒川区

実家は東京都荒川区です。鈴木誠也と一緒です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次