木澤尚文の彼女?イケメン?高校時代や慶應大学時代?シュートで覚醒

ヤクルト
この記事は約6分で読めます。

木澤 尚文(きざわ なおふみ、1998年4月25日 – )は、千葉県船橋市出身のプロ野球選手(投手)。

新人の昨季は一軍登板なしでした。同期の楽天・早川隆久らが活躍する姿を見て悔しさが募っていたようです。

ヨシラバー
ヨシラバー

木澤 尚文は慶応高校と慶応大学のエリートコースを歩みながらプロの世界までたどり着けたようにみえますが、高校時代に故障でくるしんでいました。その木澤 尚文のイケメンや彼女についてのお伝えします。

国籍 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 1998年4月25日(24歳)
身長 183 cm
体重 85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト1位
初出場 2022年3月29日
年俸 1200万円(2022年

ヤクルト・木澤尚文の彼女いるでしょ?なぜイケメンといわれる理由

木澤尚文は独身です。182センチと高身長でイケメンとくればきっとモテるに違いありません。みてください。このイケメンの高さはすごいですよね。

子のイケメンでは彼女の存在はいてもおかしくはないですよね。

ヨシラバー
ヨシラバー

慶応ボーイにイケメンで性格真面目で笑顔が可愛い。完全に高橋由伸ですね。慶応ボーイのイケメンっていったら。

慶應大学卒業

高身長

防御率0.00

お顔超男前

イケメン

性格真面目

笑顔が可愛い

ヤクルトは芸能人やアナウンサーと噂になる選手が多いです。今後の活躍ではこの芸能人やアイドルとつきあっているのとかおもうかもね。くじパンとかともちんの旦那もそうですし。

ヤクルトに行きたいプロ野球選手が多いのもわかります。

ヤクルト・木澤尚文の高校時代や慶應大学時代・小学時代・中学時代

木澤尚文の小学時代は?

小学校2年生の時に友達から誘われて野球を始めました。それまではサッカーが好きだった。体育のドッチボールで投げる木澤の姿を見て同級生から誘われたのがきっかけで野球、投手を始めたようですね。

入団して1ヶ月ほどで投手を始め、自分の学年ではエースを務めるほど。そして、小学校6年では千葉ロッテジュニアの試験に受験し、三次試験もある先行を勝ち抜き、見事に選ばれ、優勝にも貢献しました。小学校卒業時には身長は176cmだったようです。

千葉ロッテジュにはには楽天の藤平 尚真がいたようです。

木澤尚文の中学時代は?

中学では八千代中央シニアに入団するが、またも逸材選手とプレーすることに恵まれました。それは広島カープの坂倉です。ってすごいな。

木澤尚文は坂倉のことを中学時代に思い浮かべてた感想があります。

 「当時、中学生だった自分でも、『こいつはモノが違う』というのが分かるぐらい、すごい選手でした。打っても凄い、スローイングもすごい。高卒プロに行くだろうと思ったら、本当にいきましたからね」

ヨシラバー
ヨシラバー

高校時代に同じメンバーというのは有名かもしれませんが、中学時代に一緒というのは知らない人も多いと思います。木澤尚文と坂倉 将吾が一緒の中学だったと知っている人はすくないのではないでしょうか。

木澤尚文の高校時代は

東京六大学でプレーしたいと思っていた木澤にとってまずその道が近づくためには慶應義塾高等部に入学することを目標に定めたようです。

そして慶応大学高校を選んだ理由がイケメンらしいです。

坊主ではなかったところに憧れを持って、いざ受験する年が近づいてきたら受けて見たいと思ったのがきっかけです

ヨシラバー
ヨシラバー

確かに野球部=坊主っていうので避ける人はいるかもしれません。それで才能のある選手が野球をやめてしまうのであれば本当にもったいない。今はプロ野球選手もかっこいいですし。どうなんですかね坊主っていうのは。私も坊主が嫌でバスケをやりたくなりましたよ。スラムダンクがはやっていましたし。

中学生で身長180cmある早熟で、高校時代から140km/hを記録をだしていました。ただ高校校時代は故障の連続で、2年生になるまで肩の故障続きでした。

夏に登板したものの、120キロ台しか出なくなっていました。それで手術する選択肢もあったそうです。

ただ医者から「高校生のうちに肘にメスを入れるのは極力避けようといわれまして、治療とリハビリで治していこうということになりました」になったそうです。

ただ、慶応義塾高校では甲子園出場経験はなく、3年春の県大会で右肘靱帯を損傷し、同年の夏の神奈川県大会決勝では痛み止めを打ち登板していたためプロのドラフトにかかることはありませんでしたね。

木澤尚文の慶応大学時代は

慶應義塾大学時代は2年春に公式戦初登板を果たします。

通算成績は23試合登板、7勝2敗、防御率2.98。3年秋には明治神宮野球大会に出場しています。

 投球技術の勉強のため積極的にオンラインサロンに出席したり、全体練習が終わった後は都内のトレーニングジムにも通っていたようです。

ヤクルト・木澤尚文が覚醒したのはシュート

2022年は大ブレイクをしています。

プロで輝く道を模索したとき、習得に乗り出したのが右打者の内角に食い込むシュートを獲得しました。

オープン戦では最速156キロのシュートで凡打に仕留めるなど手ごたえをつかみ、開幕一軍入り。シュートと対になるカットボールも効果的に使えるようになり、投球の幅が広がった。ロングリリーフで起用されることが多いが、走者を出しても要所をきっちり締めています。

勝利の方程式も目の前ですね。

まとめ

華やかなエリートコースで2020年のドラフト1位とおもいきや、高校時代に怪我をして野球生命があぶなくなったこともありました。ただ、人間はピンチの時にこそチャンスありといいます。怪我をして得るものはおおかったのでしょう。六大学で野球をするのが目標だったのでいまは自分が描いていたコースを進んでいると思います。

華やかなエリートコースで2020年のドラフト1位とおもいきや、高校時代に怪我をして野球生命があぶなくなったこともありました。ただ、人間はピンチの時にこそチャンスありといいます。怪我をして得るものはおおかったのでしょう。六大学で野球をするのが目標だったのでいまは自分が描いていたコースを進んでいると思います。

ただ、同期である楽天・早川や巨人の山崎には投手としてまけたくないでしょうね。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました