ヤクルト・小川泰弘のfaは中日に移籍?巨人か?残留?中日ファン!楽天・ソフトバンクも

小川泰弘のFA移籍は中日?巨人?ヤクルト残留?中日ファン!楽天・ソフトバンクも!

ヤクルト通算8年目となります。8月15日のDeNA戦(横浜スタジアム)で史上82人目となるノーヒットノーランを達成しました。FAでの評価が高くなっています。移籍するのでしょうか。残留でしょうか。

ヤクルト・ライアン小川泰弘のFAは中日ファンで移籍?巨人?ヤクルト残留?中日ファン!楽天・ソフトバンクも

小川泰弘(おがわ やすひろ、1990年5月16日 – )は、愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)出身です。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。通称は「ライアン小川」

出身地 愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)
生年月日 1990年5月16日(30歳)
身長 171 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
初出場 2013年4月3日
年俸 9,000万円(2020年

ヤクルト通算8年目となります。8月15日のDeNA戦(横浜スタジアム)で史上82人目となるノーヒットノーランを達成しました。

 9回135球10奪三振の好投で、許した走者は四球3つと失策2つのみでした。またこの試合では同時に、プロ入り初となる二桁奪三振を記録している。








W
H
I
P
2013ヤクルト264164002.931.12
201417096003.661.30
2015271118003.111.19
201625489004.501.27
201718287012.831.15
201818085002.751.23
2019262512004.571.31
NPB:7年157136551013.511.22

タイトル

  • 最多勝利:1回(2013年)
  • 最高勝率:1回(2013年)

FA移籍をするのか?ヤクルト残留

今オフのFA市場での“ライアン株”を急騰させています。

 球団の低評価には不満を募らせており、移籍に傾く思いが今季5勝2敗という好成績の原動力になっているとの声もあります。200万円減の9000万円で契約更改。FAを見越して複数年契約も提示されたが、「単年で勝負したい」と固辞しました。

1年目の13年に16勝で最多勝と新人王を獲得し、一昨年まで6年連続で8勝以上。弱体投手陣のなかで、安定した成績を残してきたという自負とは、球団の提示はかけ離れたものでした。

8年目となる小川は今季開幕戦翌日の6月20日に国内FA権を取得しています。

 「まずシーズンをしっかり戦い抜き、チームを支えたい。(権利行使については)シーズンが終わったときに考えたい」と含みを持たせており、球団内では「出て行くつもりのようだ」との声もありま

確かに金銭的に余裕のあるチームではなく山田哲人、バレンティンなど高給取りがいるので懐事情が苦しいのかもしれませんが

エース投手にしては扱いがぞんざいな気がします。

その場合にどの球団になるのか?

中日ドラゴンズへ移籍

エースの大野雄大投手(31)にFA移籍の可能性がある中日にとって、地元愛知出身の小川は格好の後釜となる。

愛知でFA権行使となれば中日移籍が濃厚と囁かれています。

地元愛知に住んでいたなら中日ファンという事も大いに考えられますし、他にもFA権を行使しそうな要素はいくつかあります。

読売ジャイアンツへ移籍

原辰徳全権監督が「FAしたら参加するのがジャイアンツ」と公言する巨人です。山田哲人の獲得もありさすがにどうかとの声もありますが。

楽天やソフトバンク

今やマネーゲームでは巨人やソフトバンクの上を行き、フロントも現場もヤクルト色を強める楽天も黙っていないはずですね。

よろしければフォローをお願いします